トップ > オセアニア > オーストラリア > ブリスベン特派員 > 映画・本『メリーポピンズ』の作者はオーストラリア出身!

オーストラリアオーストラリア/ブリスベン特派員ブログ

映画・本『メリーポピンズ』の作者はオーストラリア出身!

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年7月 4日

地球の歩き方トラベラーの皆さん、こんにちは。ブリズベンのちえです。車でふらりとドライブに出かけ、メリバラ(Maryborough)という町へ。初めて訪れた町で偶然知ってびっくりだったこと。そこはなんと、メリーポピンズの作者が生まれ、幼少期を過ごした場所だったんです。


1.jpg
メリバラの町の様子。


12.jpg
メリバラの町。小さいながら趣きある可愛らしい町です。


7.jpg
メリーポピンズの像。像のある町周辺はメリーポピンズ一色。


6.jpg
メリーポピンズのストーリーを物語るストリート・アートやサインなどが、町の至るところに配されています。


3.jpg
メリーポピンズ像周辺の信号機では、止まれ・進めサインまで、メリーポピンズ!


8.jpg
そして、ここがメリーポピンズの作者パメラ・リンドン・トラバーズ(Pamela Lyndon Travers)が生まれた場所。彼女の父親はこの場所にあった元銀行の支店長でした。そして、彼女はこの銀行の2階にある部屋で1899年8月9日に生まれました。そして8歳になるまで、このメリバラで暮らします。


4.jpg
2019年に、パメラ・トラバーズが生まれた元銀行に、メリーポピンズの記念館ができました。作家パメラの生い立ちを始め、メリーポピンズ・シリーズが生まれるまでの秘話、映画のポスターや衣装なども展示されています。


5.jpg
メリーポピンズの映画で使われた衣装の展示も。この記念館では、作家パメラの創作活動を学びつつ、訪れた私たちも、私たち自身の"物語"を思い出し、生み出し、語り、伝えるということを学び体験できるようになっています。


とてもコンパクトな町で、歩いて十分に散策できます。郵便局、市役所など、19世紀から残された建築物も残されていて、見て回るのも楽しいですよ。


2.jpg
メリバラの市役所。


9.jpg
11.jpg
緑が美しく、広々としたクイーンズ・パーク(Queen's Park)の一部。


10.jpg
町の顔とも言える、メリー川(Mary River)。ヨットハーバーとしても利用されています。


【メリバラへの行き方】
メリバラへは、レンタカーで行くのがスムーズです。運転はほぼひたすら直進のみ、です。ブリズベンからM1(ハイウェイ)を経由して北上、A1へ入り、メリバラの町に入ります。車でおよそ3時間程度です。


せっかくメリバラまで行ったのなら、そこから車で30分ほど走ったところにある、Hervey Bay(ハービーベイ)という有名なベイサイド・エリアに行くこともおすすめします。フレーザー島を望める1kmもある長い桟橋や、ホエール・ウォッチングでもとても有名な場所です。海が見える宿泊所もたくさんありますよ。


メリバラの町の案内はこちら:
https://www.visitfrasercoast.com/destinations/maryborough


メリーポピンズ像の住所。記念館はその側の建物です。:
https://www.visitfrasercoast.com/Detail/ID/Birthplace-of-PL-Travers


時期が合えば、町を挙げてのイベント"メリーポピンズ・フェスティバル"を楽しむこともできますよ!:
https://www.marypoppinsfestival.com.au/


Cheers!

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ダームスちえ

オーストラリア・ブリスベン特派員のダームスちえが現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/ブリスベン特派員
名前:ダームスちえ

ダームスちえ

2010年より結婚を機にブリズベンへ移住。写真を撮ったり書いたりしています。大のコーヒー&ワイン好き。趣味はヨガ、ウォーキング、読書、そしてブリズベンとその近郊の穴場探し。 DISQUS ID @disqus_5dq4pmAQzd

ブリスベン特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

ブリスベンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブリスベン特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > ブリスベン特派員 > 映画・本『メリーポピンズ』の作者はオーストラリア出身!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について