トップ > オセアニア > オーストラリア > ブリスベン特派員 > ブリズベンの紫外線は強い!毎日の日焼け防止対策、必須です。

オーストラリアオーストラリア/ブリスベン特派員ブログ

ブリズベンの紫外線は強い!毎日の日焼け防止対策、必須です。

カテゴリー:美容・健康・病院 投稿日:2019年1月17日

地球の歩き方トラベラーの皆さん、こんにちは。ブリズベンのちえです!

オーストラリアの紫外線、日本より何倍も強い!とよく噂されます。
オーストラリアの中でも、シドニーやメルボルンに比べて、ブリズベンははるかに紫外線が高い地域だというの、ご存知ですか?

sunscreen-1.jpg

UVインデックスを調べてみると、シドニーと東京では平均的な紫外線量は実はそんなに変わりません。ところが、ブリズベンはちょっと様子が違うのです。シドニーと東京の平均年間UVインデックスは5.9と中程度。ですが、ブリズベンは7~8と「強い」の領域になります。特に夏場(オーストラリアでは12月から3月が夏)には、ブリズベンの平均UVインデックスはなんと"13"と「極端に強い」という数値が出ています。


sunscreen-6.jpg


お日様サンサン、本当に冬でも暖かくて天気のよい日が多く、年間ほとんどがビーチ日和なブリズベンですが、日焼け止めを塗らず、外に出たりビーチに立っていると、ものの数分であっという間に肌が焼けるのを感じます。日焼け予防ケアを怠れば、数ヶ月後や翌年、いつの間にかたくさん肌にシミやダメージが増え、鏡をみて「いつの間に?」と、びっくりすることもあります。ブリズベンの紫外線には要注意です!


こちらでは皮膚ガンの発症率は非常に高く、残念ながら身近に起こりうる可能性の高いガンとされています。私の夫の父親、そして義兄も皮膚ガン手術を経験しています。「ちょっと通勤するくらいだから、いいや」と普段あまり日焼け止めを塗らなかったことの積み重ねが主な原因。


どうか、サングラス、帽子、長袖など肌をカバーするものを、外出する際にはお忘れなく!日焼け止めクリームは肌に合うものを使うのがベストなので、日本から多めに持ってきていると安心です。でも、長期の旅では、現地で購入しなければいけない時も出てきます。


そんな時にオススメなのは、「NATIO(ナティオ)」から出ている日焼け止めクリームのシリーズ。NATIOはメルボルン発のスキンケア&化粧品のブランドです。商品はすべて植物性で、アロマセラピーのコンセプトを基に開発されているので、100%自然のアロマオイルも使用されています。私は敏感肌な方ですが、問題なく、むしろ心地よく使えています。女性用、男性用と商品展開も豊富な上に、何よりお値段がとてもお手頃。肌に塗った時、白くなったりせず、使い心地もなめらかでいいですよ。


sunscreen-2.jpg
▲NATIOの日焼け止めクリーム。左のグレーはメンズ用。


sunscreen-3.jpg
▲とあるお店でのNATIO商品陳列の様子。日焼け止めクリーム以外にもたくさんのラインナップ。


もうひとつ、ビーチによく出かけサーフィンなどを度々する、バイクでラウンドするなど、アクティブ派な人におすすめなのが、「Invisible Zinc(インビジブル ジンク)」。酸化亜鉛を使用し作られていて、肌の表面から細胞レベルまでに至る強烈な紫外線のダメージからしっかりと肌を保護してくれます。水に濡れても落ちにくいしっかりしたタイプのものです。


sunscreen-4.jpg
▲Invisible Zinc。NATIOに比べると濃くて密度が高く、しっかりした肌つき感があります。


sunscreen-5.jpg
▲Invisible Zinc、お店での陳列の様子。


NATIOは日常的に使いやすい一品。そしてZincは、炎天下で長時間のアクティビティには絶対欲しい日焼け止めクリームです。


NATIOとZinc、ともにWoolworthやColes, ほとんどのpharmacy(日本でいうドラッグストア)で売っています。 またNATIOは、David JonesやMyer Centerなどのデパートの化粧品売り場にも置いています。NATIOの方は、ボディソープやスクラブなどの商品も充実していて、お土産などにもオススメです。


それぞれのホームページはこちら。
NATIO (https://www.natio.com.au/body/body-collection/spf-50-body
Zinc (https://invisiblezinc.com/products/


紫外線は午前11時頃から4時くらいまで、非常に強くなります。水泳、散歩、ランニングなどは早朝か夕方がおすすめです。


sunscreen-7.jpg

しっかり紫外線対策して、ブリズベンを快適にエンジョイしてくださいね。Cheers!


★英語ティップ:
日焼け止めは英語で"Sunscreen / サンスクリーン"。サングラスはSanglasses / サングラス(複数形)なんですが、地元の人は略して"Sunnies / サニーズ"と言ったりします。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ダームスちえ

オーストラリア・ブリスベン特派員のダームスちえが現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/ブリスベン特派員
名前:ダームスちえ

ダームスちえ

オーストラリア人との結婚により2010年にブリズベンへ移住。移住後、コーヒーバリスタに憧れ、数々のトレーニングを経てようやくポジションをゲット。以来、5年ほどバリスタとしてカフェで仕事。どっぷりオージー社会に浸かる。同時に通っていたグラフィックデザイン学校を卒業し、フォトグラフィーを中心に、デザインなども手がけるクリエイターとして独立。趣味はコーヒー、ワイン、ヨガ、ウォーキング。インスタグラム:@chiedahms DISQUS ID @disqus_5dq4pmAQzd

ブリスベン特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

ブリスベンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ブリスベン特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > ブリスベン特派員 > ブリズベンの紫外線は強い!毎日の日焼け防止対策、必須です。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について