トップ > 北米 > アメリカ > ボストン特派員 > ボストンマラソン爆破事件について - 4月16日の情報

アメリカアメリカ/ボストン特派員ブログ

ボストンマラソン爆破事件について - 4月16日の情報

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2013年4月17日

今日のボストン市内は人出も少なく閑散としていて、警察官や警備員が見守る中、いつもはエネルギッシュなボストニアンも皆ひっそりと悲しそうな表情で行き来していました。


ボストンマラソンは、町中が参加する一大イベント。実際に私たちの周りにもレースに参加したり、観戦に赴いた人が沢山いました。中には爆発で怪我をした人たちもいます。ですので皆、「被害者は自分だったかも。」という親身な深い思いでこの事件を見ています


4月16日時点での情報です。
死亡者3名、負傷者176名、うち17名は重体という状況です。


• 木曜日午前11時の追悼式にはオバマ大統領も参列します。
• 2つの爆破は爆弾であったことが確定されました。他に見つかった不発爆弾と思われた物は全て爆発物ではありませんでした。
• 爆弾は、圧力釜に爆発物と鉄玉や釘などを詰めた物。黒いナイロン製のリュックサックかジムバッグに入れられ、地面に置かれていたようです。爆弾に使われた圧力釜の一部写真
• 現場で見つかった回路盤から、時限爆弾であった可能性が高いとのことです。

警察・FBIから

• 午後2時50分の爆発の前後に現場付近で写真やビデオを撮影された方は、映像を撮影時刻と共にFBI警察にご提供くださると捜査の大きな助けとなります。一見普通の映像でも手がかりにつながる可能性がありますのでご協力をお願いいたします。
• マラソンの日に、黒い重そうなナイロン製の袋、バッグ、リュックを持った人物を目撃された方は是非FBI警察にご一報下さい。
• 身近にマラソンイベントや4月15日、愛国記念日などに対して批判的、破壊的な発言をした人物、または爆発物に異常な興味を持つ人物がいた場合もご一報下さい。

映像および情報の送付先
Eメール: Boston@ic.fbi.gov
電話: 1-800-225-5324 (1-800-CALL-FBI)

病院情報

けが人は以下の病院にて治療を受けています。警備が厳しくなっていますことをご留意下さい。
Massachusetts General Hospital
Brigham and Women's
Children's Hospital
Tufts Medical Center
Beth Israel
Boston Medical Center

交通情報

• 空港および公共交通機関は通常通り運行していますが、セキュリティーチェックが通常より厳しくなっており、遅れが生じたりしています。ご旅行の際はお時間に余裕をもっての移動をおすすめします。
• コプリースクエアCopley Square周辺は捜査中のため数日間は完全通行止めとなる見込みです。
• 地下鉄コプリー駅は閉鎖されています。グリーン線は止まらずに通過しますので、付近を訪れる方はアーリントン駅かプルーデンシャル駅をご利用ください。

その他

• 本日のセルティックスのバスケットゲームはキャンセルされました。
• 休校の情報はこちら から

 

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

リクター 桂子

アメリカ・ボストン特派員のリクター 桂子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ボストン特派員
名前:リクター 桂子

リクター 桂子

小学生の頃から海外で育ち、アメリカ生活も20年以上になります。日本語と英語の他にスペイン語とチェコ語も少しできます。2012年からボストン在住。ITが仕事兼趣味で、旅行が生き甲斐です。他にも美味しい物、アート、アウトドアが大好き!何でも掘り下げてリサーチしてしまうのが癖です。ボストンのさまざまな魅力を発信していきます!ご連絡はこちらまで。

ボストン特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ボストン(マサチューセッツ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ボストン特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ボストン特派員 > ボストンマラソン爆破事件について - 4月16日の情報

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について