トップ > 北米 > アメリカ > ボストン特派員 > 映画 Waiting for Superman

アメリカアメリカ/ボストン特派員ブログ

映画 Waiting for Superman

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー 投稿日:2010年11月 1日

 気になっていた映画、Waiting for Supermanを観に行きました。日本でも公開になった、あの「不都合な真実」のDavis Guggenheim監督のドキュメンタリー映画です。
Waiting-for-Superman-Movie-Poster.jpeg

 アメリカの公立高校の問題点や、子どもたちの学力低下、低所得者層と教育の低下の悪循環、教師の質と終身雇用制の問題点などに焦点が当てられています。

 先進国30カ国のうち、アメリカの数学の成績は25位。(日本はたしか6位)でも、おもしろいことに、「数学は得意?」という質問に対して、Yesと答えた生徒はアメリカが1番。そう、「Confidence 自信」という面ではアメリカがダントツなのです。国民性を感じますね。

 少しでも子どもにいい教育をと、質の高い学校への入学申込書を書く親たち。実際に入学できる子ども達は、ごくわずか。そして、くじ引きで決められる入学選考・・・。

 観終わった後、とてもモヤモヤした気分になりました。先進国と呼ばれる国では、教育は子供達に平等に与えられるべきなのではないでしょうか?
 とても考えさせられた映画でした。(日本では今のところ未公開だそうです)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

グロス りえ

アメリカ・旧ボストン特派員のグロス りえが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/旧ボストン特派員
名前:グロス りえ

グロス りえ

2004年、渡米しボストンで日本語教師に。その後日本に帰国するも、2年間の超遠距離恋愛の末、再び渡米し結婚。長年の仕事中心生活に終止符を打ち、主婦になってから慌てて主婦修行中。旅が大好きな好奇心のかたまり。また、おいしいものに目がない食いしん坊。歴史的な薫りと、季節の移り変わりが美しいボストンに魅せられて、本物の「ボストニアン」になるべく、日々散策中です。

ボストン特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ボストン(マサチューセッツ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ボストン特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ボストン特派員 > 映画 Waiting for Superman

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について