トップ > 北米 > アメリカ > ボストン特派員 > マサチューセッツ州にも新型インフルが!

アメリカアメリカ/ボストン特派員ブログ

マサチューセッツ州にも新型インフルが!

カテゴリー:生活・習慣・マナー / 美容・健康・病院 投稿日:2009年5月 2日

 新型インフルエンザのニュースが世界をにぎわせていますが、いよいよここ、マサチューセッツ州にも上陸です。

 ボストン近郊の街Lowell(ローウェル)で、2人の子供が新型インフルエンザに感染しているということが州保健当局者によって発表されました。4月末に1週間ほどのバケーションウィークがあるのですが、その際、家族でメキシコ旅行をし、感染してしまったそうです。その後、学校には登校しておらず、今は自宅療養中で、回復に向かっているそうです。

 日本では毎日ニュースで大きく取り上げられていたようで、心配した家族や友達からよく連絡をもらったものですが、アメリカでは当初、あまり危機感がなかったように思います。
 ここ数日になって、テレビで感染防止対策の特集をよく見かけるようになりました。「手を洗う」「くしゃみをするときは、必ず口を覆う」「発熱、咳などの症状に気付いたら登校、出社しない」などの注意喚起が繰り返されています。

 そもそもアメリカは「マスクをする」という習慣がないので、マスクをして歩いている人を見たことは一度もありません。しかし、カリフォルニア出張から帰った夫に空港での様子を聞くと、サンフランシスコ空港、そしてボストンローガン空港でも、青色のマスクをした人を多く見かけたそうです。 
 
 いよいよ身近にやってきたかと不安になります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

グロス りえ

アメリカ・旧ボストン特派員のグロス りえが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/旧ボストン特派員
名前:グロス りえ

グロス りえ

2004年、渡米しボストンで日本語教師に。その後日本に帰国するも、2年間の超遠距離恋愛の末、再び渡米し結婚。長年の仕事中心生活に終止符を打ち、主婦になってから慌てて主婦修行中。旅が大好きな好奇心のかたまり。また、おいしいものに目がない食いしん坊。歴史的な薫りと、季節の移り変わりが美しいボストンに魅せられて、本物の「ボストニアン」になるべく、日々散策中です。

ボストン特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ボストン(マサチューセッツ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ボストン特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ボストン特派員 > マサチューセッツ州にも新型インフルが!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について