トップ > 北米 > アメリカ > ボストン特派員 > フリーダムトレイルを歩き歴史に浸る

アメリカアメリカ/ボストン特派員ブログ

フリーダムトレイルを歩き歴史に浸る

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2008年10月29日

イングランドからやって来た清教徒たちによって築かれたボストンは、アメリカで最も古い歴史のある街として知られています。石畳の路地やレンガ造りの家々があると思えば、近代的なビル街が・・・。古代と現代が共存し、歴史の薫りただよう古都、ボストン。この街の観光でよく耳にするのは「フリーダムトレイル Freedom trail」という言葉です。


Freedom%20trail%20map.jpg これは、イギリス植民地時代や建国当時の史跡など16か所を結んでいる赤いラインのこと。ボストンの街は他のアメリカの都市に比べるとコンパクトであるという特徴を活かし、歩道の上に描かれた赤いペンキもしくはレンガのラインをたどりながら歩いて回ることができるようにデザインされています。


Freedom%20trail%81%40%97%F9%8A%A2%83%89%83C%83%93.jpg 街の雰囲気を感じ取るには、自分の足で実際に歩いてみるのが一番!このフリーダムトレイルを制覇すると、歴史を学びながら、ボストンの主要な観光名所をすべてまわることができるといっても過言ではありません

街の中心に位置しているボストンコモンと呼ばれる公園を出発し、終点までは約4km。ゆっくり歩いて、所要時間は4,5時間というところでしょうか。 終点となるのは、チャールズタウンにある、高さ約67mバンカーヒル記念塔。


%83o%83%93%83J%81%5B%83q%83%8B%8BL%94O%93%83.jpg 独立戦争中に起ったバンカーヒルの戦いを記念して建てられたものなのだとか。この塔には、エレベーターなんぞはありませぬ。さんざん歩いた後に、294段の階段を上って、頂上にたどり着くのは体力が必要ですが、そこから一望できるボストンの眺めは最高です。

私が最後まで歩き切ったのは実は数年前に1度だけ。(記念塔の階段も、ヨレヨレになりながら上りました)途中で、イタリアンがおいしいイタリア街ノースエンドを通過するので、そこでつい、レストランやカフェの誘惑に負けてしまいがちです。寒くなる前に、もう一度チャレンジ!したいところですが、どうなることやら・・・。
私のような怠け者タイプの人、歴史にはあまり興味がないという人は、ポイントをしぼっていくつか歩いて回ってみるだけでも充分楽しめることでしょう。

≪出発点への行き方≫
地下鉄(T) Green lineまたはRed lineのPark street駅で下車。Boston Common(ボストンコモン)、もしくはFreedom Trail(フリーダムトレイル)と書かれた出口から階段を上がって外へ出ると、目の前にフリーダムトレイルの赤い線があるはずです。そのすぐ近くにあるボストンコモンビジターズセンター(147 Tremont St.  電話617-536-4100)では、無料でフリーダムトレイルのマップをゲットすることができます。
フリーダムトレイルについてもっと知りたい方はこちら→http://www.thefreedomtrail.org/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

グロス りえ

アメリカ・旧ボストン特派員のグロス りえが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/旧ボストン特派員
名前:グロス りえ

グロス りえ

2004年、渡米しボストンで日本語教師に。その後日本に帰国するも、2年間の超遠距離恋愛の末、再び渡米し結婚。長年の仕事中心生活に終止符を打ち、主婦になってから慌てて主婦修行中。旅が大好きな好奇心のかたまり。また、おいしいものに目がない食いしん坊。歴史的な薫りと、季節の移り変わりが美しいボストンに魅せられて、本物の「ボストニアン」になるべく、日々散策中です。

ボストン特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ボストン(マサチューセッツ)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ボストン特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ボストン特派員 > フリーダムトレイルを歩き歴史に浸る

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について