トップ > 日本 > 房総・千葉特派員 > 「台風15号からの復興に向けて」(第7弾)元気に営業再開しました!「館山ファミリーパーク」(千葉県館山市)

日本国内日本国内/房総・千葉特派員ブログ

「台風15号からの復興に向けて」(第7弾)元気に営業再開しました!「館山ファミリーパーク」(千葉県館山市)

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年11月16日

こんにちは。
房総・千葉特派員の、さくらパパこと嶋津彰一です。


現在 千葉県は、9月9日未明に千葉県千葉市付近に上陸し、房総地方などに甚大な被害をもたらした台風15号からの復興に向けて、一歩を踏み出したところです。


そこで房総・千葉特派員としましては、「台風15号からの復興に向けて」と題して、被災し営業を中止していたが再開した施設や店舗などを後押しするために、しばらくの間、特集記事を掲載していますので、よろしくお願いいたします。


今日は、房総ワンワン特派員のさくらと一緒に、千葉県館山市の「館山ファミリーパーク」を紹介します。


R011102TateyamaFamilyPark01.JPG


「館山ファミリーパーク」


館山ファミリーパークは、東京湾の南端の洲埼灯台と房総半島の南端の野島埼灯台との中間地点にあり、房総フラワーライン沿いの平砂浦から、天気の良い日には伊豆大島を遥かに望む花の楽園です。


 南房総の温暖な気候を生かした園内では、1年を通して四季折々の花々やハーブが咲き乱れ、1年中、花摘みをすることができます。
 その他、南国フルーツを味わうことができる「トロフルガーデン」に、「釣り堀」や「パターゴルフ」などのレジャーも!


 ここ「館山ファミリーパーク」も、先日の台風15号で大きな被害を受けました。さらに台風19号、10月25日の大雨と度重なる被害を受けました。復旧作業により営業を休止していましたが、11月8日に営業を再開しました。


「本館」や「切花ハウス」などは損壊が激しく完全修復にはまだ時間を必要とし、一部仮設で営業していますが、「サンドアート」は制作者の保坂俊彦氏が修復、「体験工房館」「釣り堀」「パターゴルフ」ドッグラン「わんわん広場」などは通常どおり楽しむことができます。


R011102TateyamaFamilyPark02.JPG


「館山ファミリーパーク」


 被災した「本館」


 レストランは通常どおり、土産売店は仮設で営業しています。


R011102TateyamaFamilyPark03.JPG


「館山ファミリーパーク」


 被災した「トロフルガーデン」内売店


 トロピカルフルーツジュースなどは、レストランで提供しています。


R011102TateyamaFamilyPark04.JPG


「館山ファミリーパーク」


「花畑」


 南房総の温暖な気候を生かした園内では、1年を通して四季折々の花々やハーブが咲き乱れ、一年中、花摘みをすることができます。


R011102TateyamaFamilyPark05.JPG


「館山ファミリーパーク」


「花畑」


 植え替え状況


R011102TateyamaFamilyPark06.JPG


「館山ファミリーパーク」


「花畑」


R011102TateyamaFamilyPark07.JPG


「館山ファミリーパーク」


 ポピーを育成中の「花広場」


 春には7,500㎡の広大な花畑に、関東最大級10万株100万本のポピーが咲き誇ります。最盛期は2月下旬から3月下旬で、花摘みは12月上旬から5月上旬まで楽しむことができます。


 花が咲き始める12月が待ち遠しいですね。


R011102TateyamaFamilyPark08.JPG


「館山ファミリーパーク」


 ポピーが見頃を迎えた「花広場」(2019年1月撮影)


R011102TateyamaFamilyPark09.JPG


「館山ファミリーパーク」


 ポピーが見頃を迎えた「花広場」(2019年1月撮影)


R011102TateyamaFamilyPark10.JPG


「館山ファミリーパーク」


 サンドアート「館山ファミリーパーク城」


 昨年の冬から新たに加わった見所が、砂の彫刻「サンドアート(砂像美術館)」
 砂像の制作にあたったのは、日本を代表するサンドアート 砂の彫刻家として知られる保坂俊彦氏です。


R011102TateyamaFamilyPark11.JPG


「館山ファミリーパーク」


 サンドアート「天使の報せ」


 保坂俊彦氏は、1974年 秋田県生まれ、1998年 東京藝術大学彫刻科を卒業、2017年には台湾で開催された「砂像世界大会」で優勝し、ワールドチャンピオンに輝いています。


R011102TateyamaFamilyPark12.JPG


「館山ファミリーパーク」


 サンドアート「ライオンの丘」


 砂像の材料は、砂と水のみ。
 

 最初に、型枠に砂を詰めて固める作業を繰り返し、3段からなる土台を造ります。次に、上段から土台の型枠をはずして、左官ゴテを使って成形していきます。約10日間の作業で、1体を完成させます。


R011102TateyamaFamilyPark13.JPG


「館山ファミリーパーク」


 サンドアート「フェアリーガーデン」


 サンドアートは台風により一部損壊しましたが、制作者である保坂俊彦氏の手により修復し、リニューアルしました。


R011102TateyamaFamilyPark14.JPG


「館山ファミリーパーク」


「体験工房館」


「体験工房館」では、フラワーアレンジやハーバリウムなど多彩な手づくり体験をすることができます。


R011102TateyamaFamilyPark15.JPG


「館山ファミリーパーク」


「体験工房館」


R011102TateyamaFamilyPark16.JPG


「館山ファミリーパーク」


「トロフルガーデン」


 カットフルーツやジュース、スムージーなどを味わうことができます。


R011102TateyamaFamilyPark17.JPG


「館山ファミリーパーク」


 さくらパパは、ドラゴンフルーツスムージーにしました。


 現在「トロフルガーデン」ではなく、レストランで食べることができます。


R011102TateyamaFamilyPark18.JPG


「館山ファミリーパーク」


 ドッグラン「わんわん広場」


 ワンコは入園無料です。


R011102TateyamaFamilyPark19.JPG


「館山ファミリーパーク」


 ドッグラン「わんわん広場」


 ドッグラン「わんわん広場」では、愛犬をのびのびと遊ばせてあげることができます。


R011102TateyamaFamilyPark20.JPG


「館山ファミリーパーク」


 ドッグラン「わんわん広場」


 みなさん遊びに来てくださいね!
  (^O^)(^O^)


「館山ファミリーパーク」についての詳細は、こちらをご覧ください。
 「館山ファミリーパーク」オフィシャルサイト

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

嶋津彰一(さくらパパ)

日本国内・房総・千葉特派員の嶋津彰一(さくらパパ)が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/房総・千葉特派員
名前:嶋津彰一(さくらパパ)

嶋津彰一(さくらパパ)

房総特派員を務めさせていただいております、さくらパパこと嶋津彰一です。鴨川市在住で、現在、館山市で観光関連の仕事をしています。 休日は、ミニチュアダックスのさくらと寅次郎と一緒に、房総地方を駆け回っています。ブログでは、女子旅やワンコ連れ旅におススメのお店やイベントをお届けしていきます。 個人のブログ「さくらと寅の日記」もよろしくお願いいたします。 DISQUS ID @disqus_7s5V4DuYfZ

房総・千葉特派員トップにもどる


千葉県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

房総・千葉特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 房総・千葉特派員 > 「台風15号からの復興に向けて」(第7弾)元気に営業再開しました!「館山ファミリーパーク」(千葉県館山市)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について