トップ > ヨーロッパ > フランス > ボルドー特派員 > フランスではチップは必要?

フランスフランス/ボルドー特派員ブログ

フランスではチップは必要?

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年1月26日

度々聞かれるこの質問について今回は詳しく書こうと思います(^^♪

IMG_0686.JPG


結論から言うと、「あげなくても良い」


要らない、訳ではありません。

チップを渡すと喜んでくれるし、もらうと私も嬉しいです。


レストランで働いていた時は、私に直接渡されたチップは私の給料+αとして私の収入の一部でした。


ただ、個人的にチップを渡すことはかなり稀です。

というのも、基本的にカード払いで清算することが多いからと、レストランであればサービス料が組み込まれているからです。


このサービス料はレストランが事前に決めているもので、レストランに依ってパーセンテージは変わります。

大抵のレストランでは10%くらいが平均でしょうか。

7%の場所もあったり、15%の場所もあったり本当に様々です。


レアですが、私がチップを渡す時は...


《パリに行ってレストランに強制されたとき》

ボルドーでこのシチュエーションになったことはないですが、パリで観光地のレストランに行くと、「サービス料いくら払ってくれますか?」と聞かれたりします。

その時はキリの良い数字でお支払します。


《特別なサービスをしてもらったとき》

例えばグラスワインをサービスしてくれた、例えば何も言っていないのに人数分に切り分けて持ってきてくれた、などなど。

良いサービスを受けた、と思ったらチップを渡します。

特定の人にチップを渡したければ、私はその人に手渡しします。

そのほうがレストランオーナーではなく、その人の手に渡る確率が上がるからです。


《長居させてくれたとき》

フランスではカフェであまり長居をする文化ではありませんでした。

ここ数年、パソコンを持ち込んで勉強や仕事をしている人が増えましたが、もともとは飲んだらすぐ帰る。

なので、コーヒー一杯で長居させてもらった時はそのコーヒー分くらいのチップを渡すことにしています。

今回お話したチップを渡す時は私の方法ですので、気に入ったことがあれば是非渡してもらえればと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

野田 祥子

フランス・ボルドー特派員の野田 祥子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/ボルドー特派員
名前:野田 祥子

野田 祥子

大阪大学工学部を卒業後、2013年に渡仏。その後フランスの国家資格であるMC Sommellerie(ソムリエ資格)を取得。その後ワイン経営の学校に通い、経営学の資格も取得。現在は個人事業主としてツアーガイド/通訳・翻訳業を行う。ボルドーのレストランやカフェに200件以上訪問しているため、ご提案もさせて頂けます。ホームページはこちらDISQUS ID @disqus_716sodxSyT

ボルドー特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

ボルドーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ボルドー特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > ボルドー特派員 > フランスではチップは必要?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について