トップ > ヨーロッパ > フランス > ボルドー特派員 > フランスでのワインのコスパ。

フランスフランス/ボルドー特派員ブログ

フランスでのワインのコスパ。

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2017年2月 3日

今日は何を書こうかなと悩んだのですが、お客様に時々聞かれる質問について書こうかなと思います。

IMG_4812.JPG


《いくらくらいのワインを買えばいいの?》

一概に何がおいしいかは言えないのですが、大まかな金額と地域について書こうかなと思います。

金額はフランスの一般的なスーパーで買うことを想像してくれればなと思います。

ですので、ワインショップで買うともう少し高くなります。

例えばボルドーワインでは...

IMG_4592.JPG

5€以下のワインは飲まない方が良い!

樽の香りを出すためにオークチップを入れていたり、酸化防止剤をたくさん入れていたり、頭が痛くなる要素がたくさんあります。

ワインが嫌いになってしまいます...。


10€から20€のワインはおすすめ!

これは失敗できる値段だからという意味も込めて。

私が普段飲んでいる値段は10€以下のものも多いですが、それだと失敗する可能性がとっても高い。

シャトー見学に行ったり、試飲してから飲める時しか10€以下のワインは買いません。

10€から20€のワインだと失敗することはほぼないです。

15€を超えるとほぼ失敗することはないですね。


20€以上のワインは?

それより高いワインだと、有名シャトーのワインが買えてしまいます。

ファーストワインは高いけれども、セカンドワインだとこの価格で、などなど。

間違いがほぼないですね。

友人へのお土産などを購入するときはこの価格帯がおすすめです。

IMG_4516.JPG

ちなみにですが...私が普段買っているのは

10€をちょっと切るくらい→家のみ用
10€から15€→友達が来たとき
15€から20€→ワインを知っている友人が来たとき
20€以上→何か特別なシチュエーションのとき

といった感じでしょうか。

日本でワインを買う感覚で買うと、びっくりするほどおいしいワインに出会えることもあるので、是非挑戦してみてください!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

野田 祥子

フランス・ボルドー特派員の野田 祥子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/ボルドー特派員
名前:野田 祥子

野田 祥子

大阪大学工学部を卒業後、2013年に渡仏。その後フランスの国家資格であるMC Sommellerie(ソムリエ資格)を取得。その後ワイン経営の学校に通い、経営学の資格も取得。現在は個人事業主としてツアーガイド/通訳・翻訳業を行う。ボルドーのレストランやカフェに200件以上訪問しているため、ご提案もさせて頂けます。ホームページはこちらDISQUS ID @disqus_716sodxSyT

ボルドー特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

ボルドーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ボルドー特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > ボルドー特派員 > フランスでのワインのコスパ。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について