トップ > ヨーロッパ > フランス > ボルドー特派員 > フランスでのレストランマナー、その2

フランスフランス/ボルドー特派員ブログ

フランスでのレストランマナー、その2

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2016年11月18日

前回に引き続き知っていると良いレストランマナーのご紹介。


《ソースはパンですくって食べない》

IMG_0951.JPG


日本ではレストラン等でお皿に残ったソースをパンですくって食べることが多いです。

が、フランスマナー的には下品。

ブラッスリー等の気軽なレストランではいいですが、良いレストランでは控えた方がいいでしょう。


    それはどうしてなのか...?


日本と違い、フランスではお皿の上に何かが残っている、イコール「食べきれないほどサービスしてくれてありがとう」という意味になります。

決しておいしくなかった、という意味にはならないので安心してください。

日本だとお皿の上を綺麗にすると「とっても美味しかった、ありがとう」という意味になりますが、文化が全く違います。


お皿に何かが残っていても何事もなかったかのようにお皿を下げてくれます。

皆さんもご存知の通り、ナイフとフォークをお皿の上に並べて置いていたら食事終わりの合図なので、そちらの方を重視されます。


人の家に行っても少し残すのが礼儀。

私は人を家に呼ぶと、全部食べて!と言ってしまいますが...(笑)


IMG_1143.JPG

ちなみに、本当においしすぎて最後まできれいに食べたいときは、サービスの人においしすぎて全部食べてしまった、と一言言うようにしています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

野田 祥子

フランス・ボルドー特派員の野田 祥子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/ボルドー特派員
名前:野田 祥子

野田 祥子

大阪大学工学部を卒業後、2013年に渡仏。その後フランスの国家資格であるMC Sommellerie(ソムリエ資格)を取得。その後ワイン経営の学校に通い、経営学の資格も取得。現在は個人事業主としてツアーガイド/通訳・翻訳業を行う。ボルドーのレストランやカフェに200件以上訪問しているため、ご提案もさせて頂けます。ホームページはこちらDISQUS ID @disqus_716sodxSyT

ボルドー特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

ボルドーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ボルドー特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > ボルドー特派員 > フランスでのレストランマナー、その2

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について