トップ > ヨーロッパ > フランス > ボルドー特派員 > フランスのお金事情

フランスフランス/ボルドー特派員ブログ

フランスのお金事情

カテゴリー:お金・通貨・両替 投稿日:2016年6月 4日

今回は「お金事情」をご紹介します。
というのも、最近日本人観光客の方とお仕事をさせて頂くことが多いのですが、フランス人と日本人のお金の持ち方が違うなと直に感じたからです。


まず、大きな違いがこちら。
フランス人は「カード払い」。
日本人は比較的現金を持ち歩くことが多いですが、フランス人は基本的にカード払いです。
カフェでエスプレッソ一杯飲み、2€弱であれば現金(小銭)で払うことが多いです。
ですが、10ユーロを超えるとカード払いにすることが多いです。
例えばボルドーではトラムの券売機では小銭かカードでしか支払えません。
たまに10€以上や15€以上でないとカードが使えない時もありますが、私が今まで見た中で一番高かったのは15€でしょうか。


さらに、例えば購入金額が5€程度の時に20€札を出すと嫌がられたりします。
50€札はもっと使いにくいですね。
基本的に嫌がられるので、私はフランスに来てから50€札を使ったことがありません。笑
お金を引き出す時も常に10€札か20€札のどちらかです。
もっと言うと50€札が手元にあると一旦銀行に入れて、その後10€札か20€札にして引き出します。


お金の換金の面で言っても、日本のクレジットカードを使って支払いをする方が円をユーロに替えるより手数料が少なかったりします。
もちろんカード会社や換金所に依るので一概には言えませんが、一度確かめてみても損はないかと思います。


さらにですが、現金をたくさん持ち歩くとスリに合う可能性が高くなります。
もし現金を持ち歩く場合は一つの財布の中にたくさんお金を入れないようにしてください。
ちなみにですが私はパリに行くとき常に財布2つ、そして鞄のポケットにお金を分けて入れています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

野田 祥子

フランス・ボルドー特派員の野田 祥子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/ボルドー特派員
名前:野田 祥子

野田 祥子

大阪大学工学部を卒業後、2013年に渡仏。その後フランスの国家資格であるMC Sommellerie(ソムリエ資格)を取得。その後ワイン経営の学校に通い、経営学の資格も取得。現在は個人事業主としてツアーガイド/通訳・翻訳業を行う。ボルドーのレストランやカフェに200件以上訪問しているため、ご提案もさせて頂けます。ホームページはこちらDISQUS ID @disqus_716sodxSyT

ボルドー特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

ボルドーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ボルドー特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > ボルドー特派員 > フランスのお金事情

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について