トップ > ヨーロッパ > フランス > ボルドー特派員 > パリ同時多発テロ

フランスフランス/ボルドー特派員ブログ

パリ同時多発テロ

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2015年11月17日

フランス在住者として、ボルドーから見た今回のテロ事件について書きたいと思います。

私はボルドー在住ですが、もちろんパリに行く事もあり、パリに友人もおります。
幸いなことに私の友人は皆無事でしたが、友人の友人で亡くなった方もいらっしゃいます。
現在は129人もの人が亡くなり、80人以上の方が予断を許さない状態だそうです。
一刻も早く世界が平和になること、そして一人でも多くの方が助かる事を祈っております。


皆さんも既にご存じの通り、11月13日の金曜日午後9時から深夜0時20分にかけてイスラム国とみられる人々によるテロ行為が行われました。
攻撃されたのはパリ10区と11区、そして少し北にあるスタジアムです。
No9-1.JPG

そして15日日曜日にフランスがイラクへ向けて戦闘機を送り、20発もの爆弾を投下しました。
それに伴いフェイスブック等では『命は平等なのか』などの議論がされているのは既にご存じかと思います。


私は16日月曜日に朝から街に出る用事があったので、無料で配布されている新聞を2種類貰い、読みました。
No9-2.JPG

どちらもかなりのページ数をこのテロ問題にあてられていました。

そしてその後スーパーに行ったのですが、入口で警備員が今まで行っていなかった荷物チェックを全ての人に行なっていました。
さらに出口付近にたくさんあったゴミ箱がかなりの数撤収されていて、少し不便さを感じるほどでした。
日本が地下鉄サリン事件でゴミ箱を撤去したのと同様の理由なのかな、と言うのが私の考えです。
そして街中では武器を持った警察や軍人が目に見えて増えました。

正直今回の事件に関しては、何が正義で何が悪なのかが分からなくなっています。
簡単に人の命を奪ってしまえることに、言葉にできない想いが生じると同時に、得体のしれない不安感が常にあるのが私の正直な意見です。


最後に外務省の海外安全ホームページを載せておきますので、安全のためにご覧ください。
フランス:パリにおける連続テロ事件の発生に伴う注意喚起(再更新)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2015C334

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

野田 祥子

フランス・ボルドー特派員の野田 祥子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/ボルドー特派員
名前:野田 祥子

野田 祥子

大阪大学工学部を卒業後、2013年に渡仏。その後フランスの国家資格であるMC Sommellerie(ソムリエ資格)を取得。その後ワイン経営の学校に通い、経営学の資格も取得。現在は個人事業主としてツアーガイド/通訳・翻訳業を行う。ボルドーのレストランやカフェに200件以上訪問しているため、ご提案もさせて頂けます。ホームページはこちらDISQUS ID @disqus_716sodxSyT

ボルドー特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

ボルドーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ボルドー特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > ボルドー特派員 > パリ同時多発テロ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について