× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ボン特派員 > Rolandsecke

ドイツドイツ/ボン特派員ブログ

Rolandsecke

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2017年11月14日

ボン中央駅から電車で10分のところにRolandsecke Bahnhofがあります。
b3.1.jpg
これはホーム側でなんの変哲もない駅ですが、外からみると
b3.2.jpg
このような立派な建物になっています。その昔、ケルンからの電車が通っていて、裕福層が利用していた主要な駅だったそうです。この駅の目の前はライン川が見えます。
天気の良い日だったのでライン川沿いを散歩する人達も見えました。ドイツ人は散歩好きです。
現在は主要な駅というより観光地化されているようで、この駅も建物の外観は昔のままに残して中身は美術館に変わったようです。
アープミュージアムという美術館で入場料は大人10ユーロ12歳以下は無料だそうです。
私達はこの日この美術館には行かなかったので中の様子はあまりわからないのですが、ホームページをみたところ、開館10年と比較的新しい美術館で毎回いろんな展示が期間ごとにされているみたいです。次回はぜひ行ってみたいです。
美術館には行かなかったのですが、建物の外から上がる階段を上がってみると3回には素敵なカフェレストランがありました。
b3.3.jpg
目の前のライン川や、対岸の小さな山が見えてとても景色がいいです。
レストランは予約もできるみたいです。
Tel 02228 911111, per E-Mail info@interieur-no253.de
素敵だなぁと思いつつ写真だけとらしてもらい、子供たちの待つ車に降りて行きました。
この駅を降り対岸に船で渡った先にはビルケンシュトックのアウトレットがあるらしいですが、今回の目的は子供と一緒にこの駅から歩いて行けるWILDPARKだったのです。
b3.4.jpg
入場料のかかる公園です。
大人4ユーロ 
子供(3歳から13歳)3ユーロ
学生 3.5ユーロ
ここは動物にエサがあげられるみたいでエサ代が50セントでした。
エサをもって入場するとこんな森の入り口
b3.5.jpg
中に進んで山を登っていくと
b3.6.jpg
こんな景色が見れます。ここまではほんの入り口なのに日本人の私からしたら結構ハイキングした気分すが、まだまだ先があります。
ここに動物が放し飼いにされていてエサをあげることができます。
ただし、馬とロバにはえさはあげないでくださいとドイツ語で、注意書きがあるので気を付けてください。
b3.7.jpg
b3.8.jpg
b3.9.jpg
ロバも自然の中で草をたべながら育っています。日本ではあまりみないロバさん。毛並みがグレーでとても綺麗で、かわいかったです。
このほかにも草食動物が自然と共に生きているようすが見られます。
一見動物園かな?とも思いますが、結構入り口から出口までのコースは軽い山登りコースに近い物があり、靴は歩きやすいハイキング用の靴を履いてきて正解でした。
b3.10.jpg
このような丘を歩いていくと灯台があります。軽い山登りに行く気分でこの公園に臨みましょう。
b3.11.jpg
灯台に登るとこのような景色が見れます。
灯台に登る階段は螺旋階段でとても狭くて急でした。ヨーロッパの古い建物の灯台や教会の屋上に行く階段などは結構暗くて狭くて、しかも段数が多いので最初びっくりしますが、だんだん慣れてきた気がします。
登った後の達成感も気持ちがいいです。
天気のいい日はとても気持ちいいです。ここで、ハイキング1,2km歩いて疲れて駅に戻って眺めのいいカフェでドイツらしくビールを飲んだり、午後のカフェタイムでケーキを食べるのがいいと思います。
ちなみに駅からこのWILDPARKまでの入り口も上り坂を上がるハイキングコースのような道になっています。
駅の前に旅行用の宿があるので、ここで1泊するのもいいかもしれません。
b3.12.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

山崎めぐみ

ドイツ・ボン特派員の山崎めぐみが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ボン特派員
名前:山崎めぐみ

山崎めぐみ

2012年からドイツに住み始め、現在2児の母親をしています。短期ですが、アメリカとフランスにも1年ずつ住んでいたことがあります。旅行が好きで、ヨーロッパをバックパッカーで旅したこともあります。今は子育て中ですが、何か楽しいことや美味しい物を発見して、情報をみなさんと共有できたらうれしいです。よろしくお願いします。 DISQUS ID @disqus_I8uqhLwXds

ボン特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ボンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ボン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ボン特派員 > Rolandsecke