トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ボン特派員 > 火葬?土葬?ドイツのお墓事情

ドイツドイツ/ボン特派員ブログ

火葬?土葬?ドイツのお墓事情

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2016年10月10日

こんにちは。

先日夫の仕事に付き合って、墓地へ行ってきました。

夫は墓石会社をやっているのですが、仕事中にも墓地へいき、

面積を計測したりしに行きます。


今回は会社からよりも家からのほうが近いので、週末いっしょに

行きました。


墓地は基本的に街が1つは所有していますが、

プライベート墓地もあります。


街が所有する墓地へ行くと必ずと言っていいほど、

戦争で亡くなった方のお墓がずらっと並んでいます。

IMG_3506.JPG FullSizeRender.jpg



亡くなった年を見ると20代も多いです。



ドイツ人は基本的に故人が亡くなってから墓石を購入します。


こだわりにこだわって、亡くなってから一年以上経っても

墓石が立っていない場合があります。


それまでお墓には仮で木の十字架が置いてあります。

IMG_3233.JPG

石は日本同様だいたいインドか中国から輸入するのが一般的が、

高級なのだとイタリアの大理石だったり、マニアックなのだと

アフガニスタンからの石なんかも輸入されています。


インド人曰く、高級な石だと日本人は普通の4,5倍の値段でも

ぽんぽん買うそうです。



日本人っていまでもそうなんだとびっくりしました。



ドイツ人の話に戻りますが、複数の石の値段を提示されると

真ん中より少し高いものを選ぶ人が多いようです。


それって日本人ならではの感覚と思いきや、そうでもないみたいです!



お墓といえば十字架のイメージですが、最近はめったに

十字架の形をした石を選ぶ人はいません。
IMG_3236.JPG


お墓にも流行り廃りがあるのが面白いですね。

よく見かけるのはハート形と波打つ形の墓石です。


お花は切り花ではなく、生花が植えてあります。

庭師に頼む家もあれば、ご家族がお手入れすところもあります。



私が訪れた日は土曜日だったので、多くの家族が

訪れているのを見かけました。




ドイツのお墓は更新制。
街によって違いますが、25年の契約を結ぶことが多いそうです。


それを過ぎるとお墓は撤去され、次の人に土地があけられます。


最近は小さなお墓を買う人やそもそもお墓を買わない人も

増えているそうです。



小さなお墓の場合は土葬ではなく、火葬になります。

日本では法律で定められているため、火葬率は世界一ですが、

ドイツでも火葬があるのは意外ですね。3人に1人が火葬らしいです。


とはいえカトリックの影響が強い西ドイツではまだまだ土葬が一般的。


お葬式屋さんのイベントに参加した際には棺がどんと

展示されているわきにちょこんと骨壺がありました。

IMG_1897.JPG IMG_1899.JPG


1つ目の棺はおよそ19万円。2つ目はもっと高いそうです。




お墓もひとりにつき一つ、という決まりはありません。

少数派とはいえ、夫婦で入る方や家族で入る方もいます。



私は日本人なので、将来は夫と入りたいなと思っています。


ドイツ(海外生活・情報) ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

新井 麻里

ドイツ・旧ボン特派員の新井 麻里が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/旧ボン特派員
名前:新井 麻里

新井 麻里

結婚を機に2015年3月ドイツに移住しました。現在は英日の翻訳をする傍ら、ケルン・ボン・デュッセルドルフを中心に日本人観光客向けにガイドも行っています。おいしいもの、おしゃれなものに目がなく、いいものはないか、常に目を光らせています。ガイドとして、現地に住む日本人として、ボンやケルン周辺のおすすめを紹介します。 DISQUS ID @disqus_AjdakSpH0c

ボン特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ボンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ボン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ボン特派員 > 火葬?土葬?ドイツのお墓事情

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について