トップ > 中南米 > コロンビア > ボゴタ2特派員 > 常夏の都市・Villetaでバケーションはいかが?

コロンビアコロンビア/ボゴタ2特派員ブログ

常夏の都市・Villetaでバケーションはいかが?

カテゴリー:天気・気候・気温 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年10月10日

¡Hola! ボゴタ2特派員のSaeです。
 
 
日本は、だいぶ涼しくなってきたでしょうか。ここボゴタは、「永遠の秋」と呼ばれているほど一年中が涼しく(わたしにはちょっと寒いくらい)ですが、少し足を延ばすと、さすが南アメリカ大陸、常夏の都市がたくさんあります。
 
 
先日わたしが訪れたのは、Villeta (ビジェタ・「小さな谷」という意味)という小さな都市です。ボゴタから80kmほど北西にあり、とても暑いところでした。車やバイクで2時間ほどなので、日帰りで行くことができます。
ちなみにこの町に限らず、谷間にある都市へ向かうと、目的地に近づくにつれてひたすら下り坂の道が続きます。加えて、だんだん気温も上がってくるため、少し汗ばんでくるようになります。そこであらためて、ボゴタは山にある都市なんだなあと、実感します。
 
 
Villetaには、正直、特に何があるわけではありません。でも、この気温と太陽の下でゆっくり過ごすのが、いつも涼しいところにいるボゴタの人にとっては、近場でバケーションを楽しむことができるいい場所なのだと思います。
わたしたちは仲間たちと一緒に、プールで遊びました。picina2.jpg picina1.jpg
 
ご覧のとおり、緑に囲まれた静かなところです。週末でしたがさほど人も多くなく、ゆっくりと過ごすことができました。
炭火で焼いた鶏肉または牛肉がメインの、とてもおいしいコロンビアンスタイルのランチがついて、ひとり$2万6000。日本円だと、1000円いかないくらいですね。
 
 
ボゴタに来て、でもせっかくなら南アメリカっぽい気候を楽しみたい!という方には、ぜひここVilletaがおすすめです。
 
 
ちなみに。
みんなが当たり前にやっていて、でも日本では禁止しているところが多いのでは?と思ったことがあります。
それは、
プールのあとのシャンプー!
たっぷり遊んでシャワーを浴びるタイミングで、みんなが一斉にシャンプーを使って頭を洗い出したんです。ちょっとびっくりしてしまいました。
 
 
それでは。
¡Chao!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Saeさん

コロンビア・ボゴタ2特派員のSaeさんが現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

コロンビアコロンビア/ボゴタ2特派員
名前:Saeさん

Saeさん

2019年にコロンビアへ移住。田舎町・カヒカでの生活を経て、現在は首都・ボゴタで山に囲まれた生活をしています。でも本当は、海が好き。普段は日本語教師をしながら、ライティング業もぼちぼち継続中。コロンビアってあまりなじみがないし、なんだか危なそう? いえいえ、私がコロンビアの魅力を存分にお伝えします! DISQUS ID @disqus_wgNh9m9fIU

ボゴタ2特派員トップにもどる

その他のコロンビアの特派員

ボゴタを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ボゴタ2特派員トップにもどる

トップ > 中南米 > コロンビア > ボゴタ2特派員 > 常夏の都市・Villetaでバケーションはいかが?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について