トップ > ヨーロッパ > スペイン > ビルバオ特派員 > グッゲンハイム美術館、パピーちゃんを救うクラウドファンディングと新たな拡張プロジェクト始動!

スペインスペイン/ビルバオ特派員ブログ

グッゲンハイム美術館、パピーちゃんを救うクラウドファンディングと新たな拡張プロジェクト始動!

カテゴリー:お知らせ / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年7月13日

1997年10月のオープン以来、グッゲンハイム美術館を訪れる人々を歓迎してきたジェフクーンズの作品パピー。
3万8000本の生花を身にまとい、内部は水や栄養を適切に与えるための複雑な構造になっています。

IMG-5557puppyverano.jpg

人間に換算すると120歳くらい?でしょうか。
そろそろ大がかりなメンテナンスが必要ということで
DA VIDA A PUPPY
というクラウドファンディングが美術館主催で立ち上がりました!
修復工事はこの秋に行われる予定です。


そして、グッゲンハイム美術館の拡張プロジェクトが発表されています。
ビルバオから35km離れたところに、ユネスコによって指定されているウルダイバイ生物圏保護区があります。
そのウルダイバイのすばらしい自然と芸術を組み合わせるというユニークなプロジェクトで、ゲルニカとムルエタという町を軸として5kmの緑の小道を作る計画だそうです。
完成はまだまだ先の話になりそうですが、バスクに新たな観光スポットができるのはうれしいことです。


IMG-5551gernika.jpg

そしてゲルニカといえばピカソの絵の題材となった町。
こちらは400kgのチョコレートで作られたレプリカ、オリジナルと同じ大きさでバスク中のパティシエが協力して100時間かけて作られたそうです。
本当にチョコレート!?と思うほどすばらしい仕上がりで、展示室には甘ーい香りが漂っていました。



Instagram


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

黒田 カナエ

スペイン・ビルバオ特派員の黒田 カナエが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/ビルバオ特派員
名前:黒田 カナエ

黒田 カナエ

北スペインの美味しい食べ物、美しい景色に魅せられて2007年より、サンセバスチャンで3年、サンタンデールで2年生活した後、2012年よりビルバオ市内在住。海の幸、山の幸に恵まれたバスクで新たなピンチョスを求めて食べ歩くのが日々の楽しみ。少しずつ、バスク語を勉強することがこれからの目標です!連絡先はコチラ DISQUS ID @disqus_vo1vWPZVgQ

ビルバオ特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

ビルバオを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ビルバオ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > ビルバオ特派員 > グッゲンハイム美術館、パピーちゃんを救うクラウドファンディングと新たな拡張プロジェクト始動!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について