トップ > ヨーロッパ > スペイン > ビルバオ特派員 > バスク州は今週からフェーズ1へ、段階的な規制緩和が始まりました!

スペインスペイン/ビルバオ特派員ブログ

バスク州は今週からフェーズ1へ、段階的な規制緩和が始まりました!

カテゴリー:お知らせ / 治安・渡航安全情報 投稿日:2020年5月12日

7週間の厳し~い外出禁止を経て、スペインでは4段階で移行する規制緩和が始まっています。
先週からスペイン全国がフェーズ0、散歩やジョギングができるようになりました!

IMG-4560parque.JPG

年齢ごとに散歩ができる時間帯が決まっています。
今まで散歩さえできなかったスペインの外出禁止令の内容は私の知る限り、ヨーロッパで一番厳しかったと思います(みんなよく頑張りました!)。


これからスペインでは各県ごとに、新たな感染者数やICUの空き具合、医療器具・用具の補充具合などを見て、合格すれば次の段階へ移行できるようになります。

バスク州はすべての県が今週からフェーズ1に移行することができました!


そのフェーズ1で何ができるようになるのかという情報がとても細かく、毎日のように変わったので混乱したのですが、とりあえず大まかに今日新しくできたことは、


・400平方メートル以下の小売店がOPEN
・バル・レストランの持ち帰りやテラス席の申請テーブル数50%がOPEN(席の間隔は2m離す)
・テラス席でなら10人までの会合ができる
・宗教施設の収容人数30%がOPEN
・同居家族での散歩や車移動の許可(バスク州では市内のみ)


あとは、公共交通機関ではマスクの着用が義務だったり、検温があったり。
もちろんスーパーや小売店では人数制限がありますし、同居人以外との距離は常に2m離すようにといわれています。

IMG-4573ledesma.JPG

今日バスクでは飲食店が30%、小売店が60%、OPENしたそうです。


このフェーズ1を2週間試して、基準を満たせばフェーズ2に移行できるという計画です。


フェーズ2で何ができるのかはまたいろいろ変わると思いますが、学校や文化施設がテーマになるはずですので、またお知らせしますね!

IMG-4559puppy.JPG

全てうまくいけば、グッゲンハイム美術館は6月にOPEN予定、
忠犬パピーは待っています!


Instagram

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

黒田 カナエ

スペイン・ビルバオ特派員の黒田 カナエが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/ビルバオ特派員
名前:黒田 カナエ

黒田 カナエ

北スペインの美味しい食べ物、美しい景色に魅せられて2007年より、サンセバスチャンで3年、サンタンデールで2年生活した後、2012年よりビルバオ市内在住。海の幸、山の幸に恵まれたバスクで新たなピンチョスを求めて食べ歩くのが日々の楽しみ。少しずつ、バスク語を勉強することがこれからの目標です!連絡先はコチラ DISQUS ID @disqus_vo1vWPZVgQ

ビルバオ特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

ビルバオを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ビルバオ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > ビルバオ特派員 > バスク州は今週からフェーズ1へ、段階的な規制緩和が始まりました!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について