トップ > ヨーロッパ > スペイン > ビルバオ特派員 > プリツカー賞の受賞者が設計した建物がいっぱいのビルバオ!

スペインスペイン/ビルバオ特派員ブログ

プリツカー賞の受賞者が設計した建物がいっぱいのビルバオ!

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年8月 9日

地元の人たちはバケーションで、有名なバルもお休み中だし何だか毎日が日曜日のようなビルバオ。
来週末から夏祭りが始まりますので、徐々に街の活気が戻ってくるはずです。


話は変わりますが
今回は建築のお話。

IMGP1787isozaki1.JPG

建築界のノーベル賞と呼ばれているプリツカー賞、今年は磯崎新さんが受賞されてビルバオの人たちも自分の事のように喜んでいました。
そこで、ビルバオにある建物でプリツカー賞の受賞者が設計したものをご紹介したいと思います!

IMGP1826isozaki2.JPG

磯崎新さん設計のISOZAKI ATEA、元々あった建物の外壁を残してあって新旧ビルバオの融合です。


IMGP1835foster.JPG

ノーマン・フォスター(1999年受賞)設計の地下鉄、彼はビルバオ美術館の拡張工事を手がけることにもなりました。


IMGP1814moneo.JPG

ラファエル・モネオ(1996年受賞)設計のデウスト大学の図書館、彼はサンセバスチャンのクルサール国際会議場も設計しています。


IMGP1800siza.JPG

アルバロ・シザ (1992年受賞)設計のバスク州立大学の施設。


IMGP1798siza y moneo.JPG


そして、フランク・ゲーリー(1989年受賞)設計のグッゲンハイム美術館!

IMGP1795guggen1.JPG

20世紀の最高傑作と賞賛されています。

IMGP1812guggen2.JPG


そして、ザハ・ハディッド(2004年受賞)監修の再開発エリアをただいま建設中!

更に、いま建設中のバスターミナルが完成したら現在の仮バスターミナルがある場所には
リチャード・ロジャース(2007年受賞)設計のマンションが建つ予定です!



Instagram

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

黒田 カナエ

スペイン・ビルバオ特派員の黒田 カナエが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/ビルバオ特派員
名前:黒田 カナエ

黒田 カナエ

北スペインの美味しい食べ物、美しい景色に魅せられて2007年より、サンセバスチャンで3年、サンタンデールで2年生活した後、2012年よりビルバオ市内在住。海の幸、山の幸に恵まれたバスクで新たなピンチョスを求めて食べ歩くのが日々の楽しみ。少しずつ、バスク語を勉強することがこれからの目標です!連絡先はコチラ DISQUS ID @disqus_vo1vWPZVgQ

ビルバオ特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

ビルバオを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ビルバオ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > ビルバオ特派員 > プリツカー賞の受賞者が設計した建物がいっぱいのビルバオ!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について