トップ > ヨーロッパ > スペイン > ビルバオ特派員 > 豚インフルエンザについて

スペインスペイン/ビルバオ特派員ブログ

豚インフルエンザについて

カテゴリー:美容・健康・病院 投稿日:2009年5月 3日

実は、今日本から友達が一人、29日から来ています。

散々悩んだあげくの決断。家族にかなり止められたそうで。行き帰りの旅の保証はできないですけれど、こちらの生活はいたって平穏いつもどおりだから大丈夫だ、とかなり説得して結局来てくれました。

パリ乗り換えの便でくる友達を、夫とビルバオの空港へ迎えに行ったとき、「絶対マスクしてくるよね」って話してたら、して来てませんでした。同じ飛行機に搭乗してきたひとたちの中にもいませんでした。(そんな中で一人でしてたら目立つのでやめたみたい。)

金曜日、土曜日はその友達と1泊で飛行機でバルセロナへ。

同じく飛行機内マスク人口ゼロ。バルセロナ市内もゼロ。人々の意識にはあまりない感じです。いいか悪いかは別にして、人が集まる場所で警戒意識が高まってる感じが全然しません。

スペインで新型インフルエンザウイルスへの感染が確認された患者数は2日15人、感染疑いは103人だそうです。感染者の15人に重い症状の患者はなし。このうち14人は最近メキシコから渡航歴あり、1人はメキシコへの渡航歴なし。 14人のうち1人がバスク人だそうです。

個人的意見ですが、ビルバオとバルセロナ、空港と市内の様子はいたって平穏。いつもどおりで、旅行に支障をきたす要因はないように思われました。何かの参考になれば良いのですが。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

モリネロ ジュンコ

スペイン・旧ビルバオ特派員のモリネロ ジュンコが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/旧ビルバオ特派員
名前:モリネロ ジュンコ

モリネロ ジュンコ

2006年より、地元出身の夫、息子と3人暮らし。緑豊かなバスクの田舎暮らしに憧れながらも、ビルバオ市内在住。スペイン語とまだ格闘中ながら、一人息子のバギーを押して、毎日お散歩。友達も増え、町の様子にもずいぶん詳しくなり、シエスタにバールでの一杯にピンチョスと、スペインライフを満喫中。

ビルバオ特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

ビルバオを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ビルバオ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > ビルバオ特派員 > 豚インフルエンザについて

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について