トップ > ヨーロッパ > スイス > ベルン特派員 > 罰金です!ヘッドライトとテールライトなしで夜間の自転車走行!

スイススイス/ベルン特派員ブログ

罰金です!ヘッドライトとテールライトなしで夜間の自転車走行!

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2021年2月20日

私は、数年来、月に2回程度、TCM(Traditional Chinese Medicine)に通っていています。
 
日本では、「鍼灸治療院」と呼ばれているクリニックと同等でしょうか。
 
 
TCMは、自宅から自転車で30分先のところにあるのですが、フィットネスジムが閉鎖されているいま、天候が許す限り、自転車で行っています。
 
普段は、パワーナップを兼ねて午後2時頃に受診しているところ、この日は午後4時からの予約しか取れませんでした。
 
帰路についたときには、薄暗く、次第に真っ暗になりました。
 
 
自宅からTCMへの道中には、かなり長い坂道があり、行きは下り坂で楽ちんなのですが、帰りは上り坂になるので、気合いを入れて挑んでいます。
 
その上り坂の途中で、警察がすべての自転車を止めていました。
 
(上り坂は自転車のスピードが落ちますからね! 昔、ツール・ド・フランスを路上観戦していたときも、必ず、上り坂で陣取ってました!)

 
 
大き目の交差点で広目の歩道に警察官が6人はいたでしょう。
 
まず、IDを要求され、自転車のライトや反射板のチェックがされました。
 
 
私の自転車は、17年ぐらい前に新品で購入したスイスブランドの自転車で、出産前までは定期的にチェーンやギアを磨いてメンテをしていましたが、いまでは、タイヤがパンクしたら仕方なく修理かチューブを入れ替えるだけの放置状態です。
 
昨年だったか、自転車が倒れたタイミングでヘッドライトが点かなくなったり、テールライトのカバーが壊れたりしたのも修理をせず、外付けのライトを使用しています。
  
 
検問とわかったときも、「ライトをつけててよかった!」と思ったのも束の間。
 
 
「赤いテールランプが暗すぎるので、罰金です」と!
 
 
実際、電池を入れ替えなければな......と思っていたところでしたが、「ちゃんと点いてるじゃん!」と抗議しても無駄でした。
 
 
罰金は、40フランですが、いま現金で払いますか? 振込用紙をあげましょうか?」
 
 
数年来、カード生活をしていて現金を持ち歩かないので、振込をお願いしました。
 
 
警察が切符を切っている間、ほかの自転車を見ていると、みんな設備よく、罰金を科される人はひとりもおらず......。
 
 
私のテールランプが少々暗いのは事実でしたが、検問のノルマがあるのかなとも思った次第です。
 
 
202102020-velo-fine-s-text.jpg
 
 
警察官は、この↑切符を手に私に優しく話しました。
 
 
「30日以内に支払ってください。そして、新しいライトを購入してくださいね」
 
 
そして、最後に、
 
  
「あまり聞きたくないことでしょうが、いまから、あなたは歩いて行かなければなりません。この自転車には乗れませんからね」
   
 
が~ん。
 
 
バスに乗って帰れないこともなかったですが、運動のためにそのあと40分ほどかけて徒歩で帰宅したのでした......。
 
 
長年の自転車生活で、私が自転車の検問に出くわしたのは初めてでしたが、スイスで自転車に乗る皆さんもお気をつけくださいね。
 
 
ちなみに、ヘッドライトとテールライトの両方がない場合も罰金は40フランとのことです。
 
そして、スイスの交通法を確認していませんが、警察官が壊れたヘッドライトの反射板を確認しているとき、「電気が点かないから外付けをつけてます」と言うと、「反射板が重要なんだ」というようなことをおっしゃっていたので、いま思うに、もしかしたら、テールライトがなくても、自転車の赤い反射板が壊れてなければ、罰金は免れたのかもしれません。
 
しかしながら、外付けのテールライトも反射板になっているので、定かではありません......。
 

それでは、今日はこの辺で!

 
この記事が役に立ったら、このリンク⇒にほんブログ村をクリックしてくださいね!
にほんブログ村 旅行ブログ スイス旅行へ
 
 
【スイス情報.com公式オンラインショップ】
https://swiss.thebase.in/
 
【スイス情報.com】
HP:https://swissjoho.com
アメブロ:https://ameblo.jp/swissjoho
Facebook:https://facebook.com/SwissJoho
YouTube:https://youtube.com/SwissJoho
ツイッター:https://twitter.com/swissjoho/
インスタグラム:https://www.instagram.com/swissjoho_com/
公式LINEアカウント:https://line.me/R/ti/p/%40750yuqhl
 
 
3歳から高校までのボーディングスクール(寄宿学校)サポート
【スイス留学.com】
HP:http://swiss-ryugaku.com
Facebook:http://facebook.com/SwissRyugaku
YouTube:https://goo.gl/F4VqVF(YouTube動画)
ツイッター:https://twitter.com/Swissryugaku
インスタグラム:http://instagram.com/swissryugaku
公式LINEアカウント:https://line.me/R/ti/p/%40xqa7612y

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田山 貴子

スイス・ベルン特派員の田山 貴子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スイススイス/ベルン特派員
名前:田山 貴子

田山 貴子

欧州移住を目指して日本から求職し、「スイスのNTT」に雇用されて2000年よりベルン在住。10年間勤めた後、日本とスイスの架け橋になるべく起業し、幼稚園から高校までのスイスボーディングスクール(寄宿学校)留学の現地サポート【スイス留学.com】や、スイス在住日本人スタッフとスイス生情報の発信【スイス情報.com】、そして、スイスを訪問する企業や観光客の現地サポートをしている。ご連絡は、こちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_dRW9ibGDki

ベルン特派員トップにもどる

その他のスイスの特派員

ベルンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ベルン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スイス > ベルン特派員 > 罰金です!ヘッドライトとテールライトなしで夜間の自転車走行!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について