トップ > ヨーロッパ > スイス > ベルン特派員 > コロナ禍のなかで日本へ一時帰国~入国規制・コロナ検査・自己隔離

スイススイス/ベルン特派員ブログ

コロナ禍のなかで日本へ一時帰国~入国規制・コロナ検査・自己隔離

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル / 治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー / 通信・携帯・インターネット 投稿日:2020年9月20日

 
先日、3泊だけ日本に一時帰国をしたときの渡航記録2回目です。
 
①チューリッヒ空港からアムステルダム出発までのお話は、こちら:
https://tokuhain.arukikata.co.jp/bern/2020/09/post_1.html
 
今回の記事→②アムステルダムから関空でのPCR検査までお話は、こちら:
https://tokuhain.arukikata.co.jp/bern/2020/09/post_2.html
 
③日本滞在中にいただいた和食と空港ラウンジのお話は、こちら:
https://tokuhain.arukikata.co.jp/bern/2020/09/post_3.html
 
④関空からジュネーブ空港までの入国審査懸念事項や留学サポートのお話は、こちら:
https://tokuhain.arukikata.co.jp/bern/2020/09/post_4.html
 


関空への機内でもらった「宿題」


関空へのエコノミークラスの搭乗者は、ほんの数名。
 
日本行きのフライトであるにもかかわらず、エコノミークラスでは日本人CAさんがいらっしゃらなかったです。
 
がら空きの機内でゆったりと過ごしていると、CAさんが「宿題です」と3枚の紙をくれました。
 
2枚は両面に印刷された計5ページの日本入国時のコロナ検査や自己隔離に関わるフォームや資料でした。笑
 
空港でコロナ検査官が記入する1ページを除いて、すべて英語......。
 
 

関空到着!


関西空港に着陸後、まず、検疫係官が来られると離陸時にアナウンスがありました。
 
検疫係官が、一人ひとりの検温をする、ということでしたが、実際には、「コロナ検査があります。指示にしたがって順に降りてください。フォームの記載に不備があると、より時間がかかるかもしれません」ということを機内アナウンスされたのみでした。
 
 

コロナ検査

 

長いときで検査結果に3日を要したと聞くPCR検査ですが、7月29日から吐き出した唾を検査する、「抗原検査」に変更となり、結果は数時間でわかるようになりました。
 
荷物を受け取る前に検査場があり、投票所のようなブースで、各自この容器に唾液を提出します。

20200920-kit-text.JPG
 
ブースには、実際に唾を出すおじさんの写真つきでやり方を説明した案内や、「梅干しやレモンを思い浮かべると唾が出やすいですよ」ということで、梅干しとレモンの写真もありました。
 
20200920-umeboshi-text.JPG
(おじさんの写真つき案内や、採取した私自身の唾の写真も撮りましたが、ここでの掲載は控えます......)
 
 
試験場では、流れ作業的に順々に担当者のブースに行きます。
 
機内でもらって記入したフォームも提出します。
 
14日間の自己隔離中の滞在場所の記載がありましたが、私の場合14日以内に日本を出国することになっていたので、14日未満の滞在期間を掲載していました。
 
「自己隔離期間の滞在場所が14日分なければ、何か問われるかな?」と思い、4日後には日本を出国することがわかる記載にしていたからか、特にこのことに関しては質問されませんでした。
 
 
担当者を巡り、最後は保健所の方などからの連絡方法の確認。
 
検査場に着いた時点で、2枚(計3ページ)の資料をもらっていました。
 
LINEアプリによる厚生労働省(保健所)からの健康確認方法とその利用の同意書です。
 
LINEでの連絡を受けれる条件は、日本国内で利用可能なスマートフォンと携帯電話番号を両方持っていること。
 
私の場合、日本滞在には、日本用SIMを入れ替えて使っているので、
 
 
------------------------------------
私が愛用している日本用SIMは、こちら↓
https://swissjoho.com/hanacell-sim/
------------------------------------
 
 
日本国内で利用可能なスマートフォンと携帯電話番号を両方持っているのですが、LINEアカウントはスイスの電話番号に紐づけされています。
 
そのことを伝えると、「それでは、LINEは使えませんね。携帯電話番号に連絡します」ということでした。
 
 
そのあと、待合エリアで待機していましたが1時間少々で結果をいただきました。
 
 
その結果は、「陰性」!
 
20200920-negative-text.JPG



 
 
検査前の待ち時間も合わせると、コロナ検査の所要時間は1時間30分ほどでした。
 
空港待機が3日もあるのではたいへんだと思っていましたが、2時間もかからないのであれば、許容範囲だなと思ったところです。
  
 
それでは、今日はこの辺で!

 
この記事が役に立ったら、このリンク⇒にほんブログ村をクリックしてくださいね!
にほんブログ村 旅行ブログ スイス旅行へ
 
 
【スイス情報.com公式オンラインショップ】
https://swiss.thebase.in/
 
【スイス情報.com】
HP:https://swissjoho.com
アメブロ:https://ameblo.jp/swissjoho
Facebook:https://facebook.com/SwissJoho
YouTube:https://youtube.com/SwissJoho
ツイッター:https://twitter.com/swissjoho/
インスタグラム:https://www.instagram.com/swissjoho_com/
公式LINEアカウント:https://line.me/R/ti/p/%40750yuqhl
 
 
3歳から高校までのボーディングスクール(寄宿学校)サポート
【スイス留学.com】
HP:http://swiss-ryugaku.com
Facebook:http://facebook.com/SwissRyugaku
YouTube:https://goo.gl/F4VqVF(YouTube動画)
ツイッター:https://twitter.com/Swissryugaku
インスタグラム:http://instagram.com/swissryugaku
公式LINEアカウント:https://line.me/R/ti/p/%40xqa7612y

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田山 貴子

スイス・ベルン特派員の田山 貴子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スイススイス/ベルン特派員
名前:田山 貴子

田山 貴子

欧州移住を目指して日本から求職し、「スイスのNTT」に雇用されて2000年よりベルン在住。10年間勤めた後、日本とスイスの架け橋になるべく起業し、幼稚園から高校までのスイスボーディングスクール(寄宿学校)留学の現地サポート【スイス留学.com】や、スイス在住日本人スタッフとスイス生情報の発信【スイス情報.com】、そして、スイスを訪問する企業や観光客の現地サポートをしている。ご連絡は、こちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_dRW9ibGDki

ベルン特派員トップにもどる

その他のスイスの特派員

ベルンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ベルン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スイス > ベルン特派員 > コロナ禍のなかで日本へ一時帰国~入国規制・コロナ検査・自己隔離

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について