トップ > アジア > 中国 > 北京特派員 > No.17 北京の故宮博物院(紫禁城)

中国中国/北京特派員ブログ

No.17 北京の故宮博物院(紫禁城)

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年3月14日

北京にある「紫禁城」は、明・清の時代の皇帝の宮殿です。
当時は、許可がない限り、庶民の進入が禁じられていました。
現在は、「故宮博物院」として、一般に公開されています。
北京で、ぜひ押さえておきたい観光地の1つです。


天子である皇帝は、南に面する、という考え方から、紫禁城の建物は南向きです。
観光客の入場も、南側からとなっています。
それでは、南から順を追って、説明しましょう。


保安検査を受けて、「天安門」から入場します。
「午門」に入る前に、チケット確認と保安検査を受けます。
チケットは、事前にインターネットで購入します。
IDがなければ入場できないので、パスポートをどうぞお忘れなく。


「午門」を通りぬけると、広大な広場が。
「金水河」というお堀に、5つの橋が架かっています。

7CBE1CBC-CEC2-45B4-B936-D93406D29C5A.jpeg
さらに進むと、「太和門」。
いよいよ、紫禁城の中心部に入ります。


紫禁城の中心部は、大きく分けて2つのエリアに分けられます。
①式典エリアの「外朝」と、
②皇帝と皇妃の住居エリアの「内廷」です。


① 外朝


「太和門」を通りぬけると、「太和殿」が現れます。
明・清代、皇帝の式典が行なわれた場所です。


次に、「中和殿」。
皇帝が式典前に準備したり、式典中に休憩するための場所でした。


そして、「保和殿」。
明代に、皇帝が式典前に更衣を行った場所です。
清代には、宴会場、一時的な住居や殿試(科挙の最終試験)の会場として利用されました。

22236E7E-51D9-4F28-94A4-009A863CF8C0.jpeg
「保和殿」の後ろには、巨大な石彫りが。
紫禁城で最大の石彫りです。
皇帝の至高の権力をあらわす、9つの龍が彫ってあります。


② 内廷

FA10FD98-6884-4096-A036-AB7626B9F301.jpeg
「乾清門」から入ります。


「乾清宮」は、明代の永楽帝から清代の康熙帝の時代まで、寝室、および政務処理の部屋でした。
清代の雍正帝の時に、寝室と政務処理室が「養心殿」に移されます。

DD6DCFCC-02C6-4C47-AE1A-743B9E0FAB47.jpeg
なお、雍正帝の時代から、皇帝が極秘に後継者の名前を書いて、「正大光明」という文字板(写真中央上)の後ろにある箱に保管するようになりました。
皇帝が亡くなると、その箱が開けられて、名前が書かれた者が、皇子に即位しました。

「乾清宮」は、乾隆帝の時に、政務処理室として復活します。
また、明・清代を通して、亡くなった皇帝の安置所としても使用されました。


次に、「交泰殿」。
皇妃が、誕生日、旧暦のお正月、冬至にお祝いしてもらった場所です。
皇帝の寝室は「陽」であり、皇妃の寝室は「陰」。
その中間にある「交泰殿」は、陰陽が交わる場と見なされました。

FEEC53D2-D1AE-49D0-913C-CA3F1DCA7CB3.jpeg
道教の教えである「無為」という文字(写真中央右)は、康熙帝の字をまねて、乾隆帝が書いたもの。


最後が、「坤寧宮」。
明代、皇妃の寝室でした。
清代には、皇帝の婚式や、満州族シャーマニズムの儀式に利用されました。


「坤寧門」を通りぬけると、皇族の庭「御花園」があります。


4A3D9F11-1030-4C40-99A2-4C978001A3A7.jpeg
時間があれば、紫禁城の東側・西側も見学したいものです。
例えば、西六宮には、慈禧(日本では「西太后」として有名)の住居だった「儲秀宮」があります。
清代の皇妃のお部屋が、当時のままの様子で見られます。


紫禁城は雄大で、圧倒される規模です。
ぜひ、長時間歩き回れる、快適なシューズをはいて見学しましょう。


【博物館の詳細情報】
名称: 故宮博物院(紫禁城)


住所: 東城区景山前街4号


電話番号:
(市外局番010)8500-7421
(市外局番010)8500-7420


開館時間:
火曜日〜日曜日
午前: 8:30〜12:00(12:00 最終受付)
午後:(4月〜10月)12:00〜17:00(16:10 最終受付)
(11月〜3月)12:00〜16:30(15:40 最終受付)


HP:
http://en.dpm.org.cn(英語)
http://gugong.228.com.cn(チケット購入のサイト)


入場料:
(4月〜10月)60元
(11月〜3月)40元


行き方:
地下鉄地下鉄1号線「天安門東(ティエンアンメン・ドン)」駅で下車。
B口を出て、すぐそばに紫禁城の城壁があります。
そばには天安門を入る列があると思いますので、列に並んでください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

byronko

中国・旧北京特派員のbyronkoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/旧北京特派員
名前:byronko

byronko

主人の転勤により、2014年7月に北京生活を開始しました。怠け者で臆病者なのですが、良き友人と主人に恵まれて、ほどよく北京を楽しんでいます。住んだことのある地域は、アジアとアメリカ大陸。キャンディークラッシュを執拗に続けており、2017年10月現在はレベル2810。自身のブログでは、日々の気になることを書いてます。http://thewordisgreat.hatenablog.com

北京特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

ペキン(北京)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

北京特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 北京特派員 > No.17 北京の故宮博物院(紫禁城)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について