× 閉じる

トップ > アジア > 中国 > 北京特派員 > No.13 「北京同仁堂」でお土産さがし

中国中国/北京特派員ブログ

No.13 「北京同仁堂」でお土産さがし

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2018年2月12日

こんにちは。
「地球の歩き方」中国/北京特派員のbyronkoです。
日本ではインフルエンザが猛威を振るっていますが、北京でも大流行しています。
私も1月下旬に、おそらくインフルエンザにかかってしまいました。
体力を消耗し、いまだに本調子ではありません。
どうぞ、皆様もご自愛ください。


97668B93-CF7D-45BB-86D7-7D640A129BD7.jpeg
「北京同仁堂(ベイジン・トンレンタン)」は、1669年に設立された中国医学の薬局です。
約350年の歴史を誇ります。北京市内のあちこちに店舗があります。


中国医学に興味がある方にとって、楽しいお店だと思います。
実は、お土産にも良さそうな製品も販売しています。
お土産向きの商品を以下にご紹介しましょう。


① 雀の巣、真珠パウダーなど、伝統的な美容サプリ。


② 生薬入りのフェイシャルマスク。


③ 荊条(にんじんぼく)、枸杞(くこ)、棗花(なつめの花)、党参(とうじん)といった中国的なハチミツ。
ガラス瓶入りなので、重いのが欠点ですが、上記のハチミツは日本では珍しいハチミツです。


④ 羅漢果(らかんか)。
日本では甘味料として有名かも知れません。
中国医学では、のどや肺を潤したり、便通を良くする生薬と考えられています。
私が行った北京同仁堂では、特別なパッケージに入っていない状態で販売されていました。
「要瓶装的(ヤオ・ピンジュアンダ)」と言うと、プラスチック製の容器入りの羅漢果を出してくれました。
この店舗では、大きな羅漢果1つが25元でした。

8ED8C961-7593-4FF6-903F-0DB198B28F41.jpeg
北京同仁堂の勧める使用方法は、適当な大きさにちぎって、コップに入れ、熱湯を注いでお茶のように飲む、というものです。


⑤ 「胖大海(パンダーハイ)」。

D28A2CB0-E0EF-4A03-9281-FCCAF00CD4B2.jpeg
こちらも、羅漢果のように、のどと肺を潤し、便通効果があると考えられています。
ウィキペディアによると、日本では「莫大(ばくだい)」と呼ばれ、料理に使われるそうです。
プラスチック製の容器入りが、私の行った店舗では69元でした。

39497AFC-F85C-47FB-B914-A1809B768869.jpeg
上の写真の下部は、熱湯を入れたばかりの胖大海(左)→ 5分後(右)の写真です。
ふくらむ様子が面白いです。
飲み方ですが、胖大海1個をコップに入れ、熱湯を注ぎ、お茶のように飲みます。
東南アジアではデザートとして用いられる食材ですから、ふくらんだゼリー状の部分は、食べても大丈夫です。
(あらゆる生薬が、食材として利用されていますが、中国医学では薬として考えられています。念のため、飲み過ぎには気をつけましょう。)


実は、「1号店」などのネット通販のほうが、北京同仁堂の商品が安かったりします。
また、300gの小型ハチミツが実店舗で売ってなくても、ネット通販だと簡単に見つかります。
知人を通して、ネット通販を利用するのも手です。
一方、実店舗だと、消費期限を確認できたり、商品を直接見て購入できるので、実店舗ならではの魅力があります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

byronko

中国・北京特派員のbyronkoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

中国中国/北京特派員
名前:byronko

byronko

主人の転勤により、2014年7月に北京生活を開始しました。怠け者で臆病者なのですが、良き友人と主人に恵まれて、ほどよく北京を楽しんでいます。住んだことのある地域は、アジアとアメリカ大陸。キャンディークラッシュを執拗に続けており、2017年10月現在はレベル2810。自身のブログでは、日々の気になることを書いてます。http://thewordisgreat.hatenablog.com DISQUS ID @disqus_S7VDT6ovO0

北京特派員トップにもどる

その他の中国の特派員

ペキン(北京)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

北京特派員トップにもどる

トップ > アジア > 中国 > 北京特派員 > No.13 「北京同仁堂」でお土産さがし