トップ > オセアニア > オーストラリア > バロッサバレー特派員 > 11月のお題「スープ」ということでお袋の味、チキンヌードルスープ

オーストラリアオーストラリア/バロッサバレー特派員ブログ

11月のお題「スープ」ということでお袋の味、チキンヌードルスープ

カテゴリー:お題 / レストラン・料理・食材 投稿日:2014年11月25日

こんにちは、バロッサ特派員のヴァンダズワン愛です。
今日は11月のお題「スープ」をいただきましたので
義理の母に教わりましたお袋の味、「チキンヌードルスープ」を
ご紹介したいと思います。


IMG_9191.JPG


もちろん、冬のメニューとして頻繁に登場するのですが
日本のお粥みたいにちょっと元気がない時、
風邪を引いて寝込んでしまった時に登場する
ヒーリングスープでもあるのですよ。


IMG_9183.JPG


まず、チキンストックを作ります。
チキンストックを作るってたいへぇ~~んと思われがちですが
火にかけておけば勝手に作れますのでね、
それほど大事に考えなくて大丈夫です。
ただ、その間他のことはできますけれど
お家にいないといけません。
大きなお鍋にいっぱい作りますので
お鍋は10リットルぐらいの大容量です。
材料は鶏の骨、なければ手羽先
(今回は手羽先を使用)
骨だったら3羽分、今回は手羽先15個、
タマネギ、大きさにより今回は小3個、
ニンジン、大きさにより今回は小5本、
セロリ、もし葉っぱ部分があったらそちらで
今回は葉っぱと茎4本、ローリエの葉2~3枚
材料をお鍋に全て入れて、お水を加えて沸騰させます。
沸騰したら、極弱火でコトコトと3時間ほど煮込みます。


IMG_9184.JPG


こちら、3時間後。
野菜と鶏肉を取り出し、一度スープを濾します。
鶏手羽から取れるお肉はほぐして使用します。


IMG_9185.JPG


こちらがスープに入る材料です。
手羽先からほぐしたお肉、
鶏ひき肉500g、ヌードルです。


IMG_9186.JPG


こちらのヌードル、バロッサ物産品です。
1930年代からの商品でオランダから義母&義父が
移住した時にはもうすでにバロッサヌードルがあったようで
こちらの商品を使うのよって義母から教わりました。
細くて短いヌードルなのです。


IMG_9190.JPG


そして、調味料はこちら。
チキンキューブは味をみながら、16個(65g)
カレーパウダーは本当に隠し味程度、小さじ1~1.5ぐらい。
あとは塩、コショウなのですが
鶏肉、ヌードルにも塩分がありますので
塩加減は一番最後に調整いたします。


IMG_9187.JPG


まずはプクプクと小さく沸騰しているところに
小さな肉団子を投入していきます。
今回はすでに味付きのひき肉を使用しましたが
鶏ひき肉500gに卵1個、長ネギのみじん切り適量、
塩、コショウが肉団子の材料です。
なるべく小さく・・・というのが義母流。


IMG_9188.JPG


そして、最後にヌードルを投入して袋の表示の
ゆで時間で調理します。
そして、味を調えて出来上がりです。


IMG_9189.JPG


最初からたくさん作るレシピを教わりましたので
その日に食べない分は容器に入れて冷凍しておきます。
久しく作らないと旦那に催促されます、
やはりどこのご家庭もお袋の味が最高なのですね。
今では義母のスープと同じ味だぁ~と太鼓判をもらっております。
良かったら、ぜひ作ってみて下さい。


11月お題「スープ」

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ヴァンダズワン 愛

オーストラリア・バロッサバレー特派員のヴァンダズワン 愛が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/バロッサバレー特派員
名前:ヴァンダズワン 愛

ヴァンダズワン 愛

バロッサバレー特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

バロッサバレーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バロッサバレー特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > バロッサバレー特派員 > 11月のお題「スープ」ということでお袋の味、チキンヌードルスープ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について