トップ > ヨーロッパ > スペイン > バルセロナ2特派員 > カタルーニャ地方冬の風物詩カルソッツ(ねぎ焼き)の食べ方

スペインスペイン/バルセロナ2特派員ブログ

カタルーニャ地方冬の風物詩カルソッツ(ねぎ焼き)の食べ方

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2019年12月19日

冬にバルセロナを訪れる方に是非におすすめしたい料理があります。
その名もカルソッツ!!
この名前を聞いたことのない方も多いと思いますが、簡単にいえばねぎ焼きです。
カルソッツはカタルーニャ地方で12月~3月頃に(その年によって変動あり)食べることが出来る葱の一種で、カルソッツを炭火で焼いて食べる料理です。

冬になるとバルセロナでもカルソッツを食べれるレストランがあり、カルソッツメニューのことをカルソタダといいます。レストランによっては多少変わるかと思いますが、通常はパンコントマテ(パンにニンニクとトマトを塗って食べる料理)やカルソッツ、肉やソーセイジの炭火焼きと白インゲン豆、飲み物、デザートがセットになっています。

カルソッツは食べ方にコツがあるので、皆様に伝授したいと思います。
IMG_8701.jpg


たいてい、カルソッツは瓦の上に大量に焼かれて出てきます。
まず手袋と焼肉屋でよく見かける紙のエプロンが出てくるので、装着しておきましょう。
手と服が汚れるので必須です!
次はカルソッツをひとつを手に取り、葉の部分を持ち、反対の手で根の部分を引っ張ります。
すると焦げた部分がスルッと剥がれて、中のトロトロの柔らかい部分が出てきます。
それを一緒に出てくるオレンジ色のロメスコソースに付けて上を向いて食べます。

これがなんとも葱がトロトロでとても甘く、ナッツが入ったロメスコロースがマッチして何個でも食べれるおいしさです!!
このロメスコソースは店によって味が異なり、おいしいのでパンに付けて食べてもいいと思います。

カルソッツの後はメインのお肉が来ます。
臭みのない羊のお肉とカタルーニャのブティファラというソーセージもとってもジューシーでおいしい!!
赤いソーセージは血のソーセージなので、もしかしたら日本では馴染みのない味で苦手な方もいるかもしれません、、、
IMG_8699.jpg

デザートは選べる場合が多いですが、私はカタルーニャ名物クレマ・カタラナ(クリーム・ブリュレ)を食べました。

IMG_8700.jpg

また、毎年1月の最終日曜日にVallsというタラゴナ郊外にある町でカルソッツ祭が開催されます。
この町がカルソッツの発祥の地といわれており、カルソッツを外で焼くデモンストレーションが見れたり、外で食べられたりするので貴重な体験ができます。
そしてわざわざ遠くまで行く時間がないけど祭の雰囲気を味わいたいという方にも朗報です。笑
バルセロナ各地でも規模は小さいですが、写真のように外の道でカルソッツを焼いて食べられるところもあります。


IMG_8698_Fotor.jpg

この時期にバルセロナを訪れた時には、試してくださいね。

私のおすすめレストランは、以下です。

Restaurante Carmen
Carrer de Valladolid, 44, 08014 Barcelona, スペイン +34 933 30 36 88

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

近藤 由香利さん

スペイン・バルセロナ2特派員の近藤 由香利さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バルセロナ2特派員
名前:近藤 由香利さん

近藤 由香利さん

2017年に家族とバルセロナに移り住み、現在語学学校にてスペイン語を勉強しています。 語学が堪能のフリーフォトグラファーの旦那と、ヨーロッパのグルメ、歴史に詳しい義父に色々なことを教わりながらスペイン生活を奮闘中。 旅行、ファッション、グルメが好きで、スペイン意外にもヨーロッパ各地の現地最新情報をお伝えします。 DISQUS ID @disqus_WuGWqB1aMs

バルセロナ2特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バルセロナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バルセロナ2特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バルセロナ2特派員 > カタルーニャ地方冬の風物詩カルソッツ(ねぎ焼き)の食べ方

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について