トップ > ヨーロッパ > スペイン > バルセロナ2特派員 > アウグスト寺院の柱

スペインスペイン/バルセロナ2特派員ブログ

アウグスト寺院の柱

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年3月29日

バルセロナが、古代ローマ帝国の支配下になり、バルキーノと呼ばれる町が造られたのは、アウグスト皇帝の時代の1世紀。

当時は塔のある石の市壁に囲まれた、 ちょうど今のゴシック街に当たる小さな町でした。
ですから、ゴシック街の地下を掘れば、ローマ遺跡に当たるわけで、あちこちにローマ時代の遺跡が顔をのぞかせています。
c correu vell (2).jpg

Casa del Correu Vell (2).jpg

Casa del Correu Vell (14).jpg

IMG_5311.jpg

IMG_7864.jpg

これらは、2~4世紀の市壁。アーチは門があったところ

でもこれだけじゃ、どんなふうか想像するのは難しい・・・?

もっとも古代ローマの遺跡らしい遺跡は、建物の中に入っています。
それは、カテドラルの後ろのParadisという小さな通りの、こんなアーチのある建物の中。
IMG_9019.jpg

IMG_9001.jpg

入って行って右側
IMG_9010.jpg

階段を降りたところが、古代ローマ時代の地面の位置
そこに、息をのむようなものが
IMG_9003.jpg

IMG_9004.jpg

IMG_4129.jpg

IMG_9006.jpg

堂々とそびえたつ4本の柱は、かつてフォロにあったアウグスト寺院の柱

IMG_9009.jpg

アウグスト寺院とフォロはこんな風でした。
IMG_4119.jpg

パルテノン神殿のような美しい建物でした。
IMG_4117.jpg

でも一時期は、この柱の部分は家の中にあって、こんな状態。
IMG_4105b.jpg

いいですねえ、こんなところに住んでみたい。
IMG_4113.jpg

まあ、今の状態になったから、私たちがこうしてみられるのですからありがたいですね。

バルセロナのゴシック街には、あちこちに古代ローマの遺跡が見られます。
ローマ時代の市壁をめぐるのもなかなか楽しいですよ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

gyu

スペイン・旧バルセロナ2特派員のgyuが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/旧バルセロナ2特派員
名前:gyu

gyu

バルセロナ在住33年。今までメキシコ・パナマ・マドリッドと住んできたけれど、やっぱりバルセロナが大好き!バルセロナの魅力を伝えるブログを10年以上綴ってきました。すでに定年退職した夫と成人した息子が2人。

バルセロナ2特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バルセロナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バルセロナ2特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バルセロナ2特派員 > アウグスト寺院の柱

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について