トップ > ヨーロッパ > スペイン > バルセロナ特派員 > モデルニスモのルーツを探るバルセロナの新名所"カタルーニャモデルニスモ美術館"

スペインスペイン/バルセロナ特派員ブログ

モデルニスモのルーツを探るバルセロナの新名所"カタルーニャモデルニスモ美術館"

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2011年8月 9日

日本では"ガウディ "の名前が一人歩きしていて、(それはそれですごいことだと思うのですが・・)
"モデルニスモ"という言葉、ぴんと来ないひとも結構いるのでは・・(実は私もその一人でした。)


"モデルニスモ"という言葉はきいたことがあっても、それが19世紀末から20世紀初期にかけてカタルーニャ地方で生まれたこの地独特の芸術の流れ、であるというきちんとした定義を知ったのはつい最近(お恥ずかしながら・・)
ということはモデルニスモの作品は必然的にカタルーニャ地方でしか見ることができない、んですね。(当たり前ですね・・でもそれもほんとつい最近気がつきました)。
長く暮らしていて、普通にご近所さんの建物にもよくみかける建築様式なので(なんといってもうちのご近所さんには古い建物が多いのです^^;。)"モデルニスモ"ぼけしてしまっていたのかもしれません・・。


でも、ということは、バルセロナにきたらガウディと並んで"モデルニスモは絶対に見るべし"。
もちろん、町のいたるところにモデルニスモの建築はみることができるのですが、モデルニスモのルーツをたどりながらこの時期の代表的な芸術家の作品をまとめて干渉できるのが、新しくできた"カタルーニャモデルニスモ美術館" です。

↓ もちろん、建物はモデルニスモ建築です。Enric Sagnierの作品です。
mmca1.jpg

ガウディの製作した家具や装飾品はもちろん、彼とほかの芸術家とのコラボの作品や、
やはりモデルニスモの代表作といえる、カタルーニャ音楽堂サンパウ病院 の装飾を手がけたエウセビ アルナウの作品などが1000平方メートルのスペースにところ狭しと並べられています。


また、モデルニスモの起源のひとつとなった現実派の作品も多く並べられ、見ごたえはかなりのもの。

アメリカの雑誌"Elle Decor"にも、"バルセロナで訪れるべき5つの美術館"にえらばれたそう。
(ちなみに、Elleの記事はこちらからどうぞ

ほかの美術館や博物館と違って月曜開館なのも、便利です。
また毎月第一日曜はプラス2ユーロでガイドツアーに参加できるそう(英語・スペイン語・カタルーニャ語のみ)。見ているだけでももちろん楽しめるのですが、やっぱり説明がきちんとあると理解も深まり、感動2倍?の気もするので、スケジュールがあえばぜひ参加をお勧めします♪

ガウディの作品をさらに深く知りたいなら必見のバルセロナの新名所です。


カタルーニャモデルニスモ美術館(MMCAT)
住所 Calle Balmes 48 (カサ バトリョから徒歩約5分)
開館時間 月曜から土曜 朝10時から夜20時まで
       日曜 朝10時から14時まで
URL:http://mmcat.cat/site /

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

岸田 早希子

スペイン・旧バルセロナ特派員の岸田 早希子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/旧バルセロナ特派員
名前:岸田 早希子

岸田 早希子

バルセロナ特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バルセロナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バルセロナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バルセロナ特派員 > モデルニスモのルーツを探るバルセロナの新名所"カタルーニャモデルニスモ美術館"

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について