トップ > ヨーロッパ > スペイン > バルセロナ特派員 > こんな人に注意!偽警官の手口

スペインスペイン/バルセロナ特派員ブログ

こんな人に注意!偽警官の手口

カテゴリー:通信・携帯・インターネット 投稿日:2009年12月 2日

さて、さいきん立て続けに偽警官にあった人の話を耳にし・・・さらに行動範囲を広げているようです。

私が話を聞いた人は4人とも同じ状況で遭遇しているので、きっとこれがかれらの常習な手口なはず。

まず、いきなり警官らしき人が話しかけてくるのではなく・・


1、観光地などで”写真をとってくれ”や”道がわからない”と自称イタリア人(その他の国もあり)の男が性フレンドリーに話しかけてくる⇒彼は”スリのターゲット”をなるべく人目のつかないところに誘導するカモです。

2、彼ついていって写真をとってあげようとしたり、道を教えてあげようとすると二人組みの警官(ほとんどの場合は私服)がやってきて”パスポートを見せろ”という

3、パスポートのあとは”麻薬の検査をするから財布をみせろ”という⇒ここですでに鞄ではなく”財布”と指定しています・・普通だと鞄から検査するはず。

財布を見せてしまうと確実にそこに入っている現金、カード類は盗まれます。


↓最近は自転車にのってパトロールしている警官もよくみかけます。

Polocia.jpg


被害にあわないためには・・・


1、徹底的に無視。とくに言葉がわからないふりをすればさっさといってしまうみたいです。
2、防止策として、小額のお金だけ入れた空の財布を持ち歩く:万が一、財布をみせろといわれたらこの空の財布をみせる。カード類はホテルにおいてきたと伝える。(っていうかなぜ警察がカードのありかなんて尋ねるのか・・・)
2、お金、カード類は分けて持つ。:最悪の場合被害にあったとしても被害は最小限で済みます。


グエル公園 、パセオ デ グラシア、サンツ駅周辺によく出没するという話を聞いたのですが、私の聞いた話しではサグラダ ファミリア そしてカンプノウ 、はたまた観光者のあまりいるとおもえないようなアイシャンプラの住宅街まで・・・最近はいろんなところに出没しているようです。


”首絞め強盗”のように暴力を伴った犯罪ではないのですが。(バルセロナでは暴力をともなった窃盗はほんとに稀です。)手口が巧妙、というか。なんでそんなに賢い手口は思いつくのにまともな仕事に就こうとしないのか、ほんとに困ったものです。


ただ、強盗は違い、事前の知識で被害は回避できます。まずやたらフレンドリーに、道をきいてきたり(っていうかまずなんであきらかに観光客な人たちに道を聞くのか・・)写真を撮ってくれといわれたらちょっと疑ってみてください。


また・・・偽警官犯罪撲滅のためにも、もし被害にあわれた場合は(未遂であっても)バルセロナの在日日本領事館にご一報を!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

岸田 早希子

スペイン・バルセロナ特派員の岸田 早希子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バルセロナ特派員
名前:岸田 早希子

岸田 早希子

1996年に初めて訪れたバルセロナに”一目ぼれ“その後8年間バルセロナと東京間を毎年往復し2004年より”念願“のバルセロナ在住。現在はスペイン企業に勤務しつつ、日本語を忘れそうになるほど”バルセロナ”にどっぷりつかる毎日。“好きこそものの上手なれ”か、現地の友人たちの間でもお墨付きの”バルセロナ通“。友人たちと作ったサイト“Totteokiバルセロナ”で現地の最新情報を発信中。 DISQUS ID @girasolenbcn

バルセロナ特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バルセロナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バルセロナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バルセロナ特派員 > こんな人に注意!偽警官の手口

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について