トップ > ヨーロッパ > スペイン > バルセロナ特派員 > 正しい夏のすごし方(3)公園でジャズ

スペインスペイン/バルセロナ特派員ブログ

正しい夏のすごし方(3)公園でジャズ

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー 投稿日:2009年7月16日

バルセロナにきてから好きになったものはたくさんあるのですが・・・そのうちのひとつがジャズ。
なかなか日本では敷居が高くて(おまけにチケットの値段も結構高いので・・・)とくに好きでもないジャズのコンサートに行こうと思ったことはなかったのですが。


こちらにきてから、頻繁にいろいろな場所で行われる無料(あるいは激安!5ユーロくらいで生演奏が聴ける場所は結構あります)コンサートに足を運んでいるうちにすっかりお気に入りになってしまいました。きっと“生演奏でこそ”よさが伝わる音楽なのかも。(ってジャズが好きな方にはつっこみをいれられそうなコメントですいません・・・)父親が家でよくCD(あるいはカセット^^;)を流していたのですが、さっぱりそのころは興味を持てなかったので・・。


そんな“バルセロナにわかジャズファン”な私にとってのお気に入りの夏イベントのひとつがシウタデリャ公園で行われる"ジャズの夕べ“(と勝手に名づけてしまいました)です。


毎週水曜と金曜日の夕方に公園の一角でいろいろなジャズグループがコンサートを行うというもので、一応観客用の椅子はおいてあるものの、みんな芝生の上に寝転がったり、ピクニックスタイル、ビニールシートを広げて(またもや登場”ビニールシート“。バルセロナの夏の必需品ですね。)でワインやビールを飲みながら、思い思いに夏の夜のひと時をジャズとともに過ごす・・・まさに夏の夕べが満喫できる瞬間です。


↓公園にはボートをこげる大きな池もあります。代々木公園っていうより、井の頭公園っぽいかも?

Parque%20ciutadella.jpg

シウタデリャ公園は、ピカソ美術館 のあるゴシック地域から程近い場所にある大きな公園で、たぶん東京でいえば代々木公園みたいな感じかもしれません。バルセロナの中心にある緑がいっぱいのまさに市民の憩いの場です。週末はピクニックを楽しむ人、カポエラをやっている人、ときどきジャンベの音も聞こえてきたり、(一度騒音が問題になってからジャンベは禁止になったみたいなので控えめです)そんなところも代々木公園に似てるな、とちょっと懐かしくなったりします。


まだまだ夏の行事は続きます・・・ほんとに一年中夏だったらいいのに、と思う今日この頃です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

岸田 早希子

スペイン・バルセロナ特派員の岸田 早希子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バルセロナ特派員
名前:岸田 早希子

岸田 早希子

1996年に初めて訪れたバルセロナに”一目ぼれ“その後8年間バルセロナと東京間を毎年往復し2004年より”念願“のバルセロナ在住。現在はスペイン企業に勤務しつつ、日本語を忘れそうになるほど”バルセロナ”にどっぷりつかる毎日。“好きこそものの上手なれ”か、現地の友人たちの間でもお墨付きの”バルセロナ通“。友人たちと作ったサイト“Totteokiバルセロナ”で現地の最新情報を発信中。 DISQUS ID @girasolenbcn

バルセロナ特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バルセロナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バルセロナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バルセロナ特派員 > 正しい夏のすごし方(3)公園でジャズ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について