トップ > アジア > タイ > バンコク4特派員 > 「ワット・ラチャボピット」ヨーロッパの影響を受けたモザイクタイルが美しい寺院

タイタイ/バンコク4特派員ブログ

「ワット・ラチャボピット」ヨーロッパの影響を受けたモザイクタイルが美しい寺院

カテゴリー: 投稿日:2022年5月11日

20220502155720_IMG_8124.jpeg
「ワット・ラチャボピット(Wat Ratchabophit)」は、ラーマ5世によって建てられた、バンコク市内にある第一級王室寺院のひとつです。
バンコク三大寺院とも呼ばれる「ワット・プラケオ(王宮)」「ワット・ポー」などと同じく旧市街と呼ばれるエリアにあり、ほかの寺院とあわせて寺院巡りをするのもおもしろいでしょう。


ワット・ラチャボピットの魅力

ヨーロッパの影響を受けた美しい寺院
20220502154450_IMG_8104.jpeg
タイ国内にはさまざまな寺院がありますが、ワット・ラチャボピットはヨーロッパの影響を受けたきらびやかな寺院です。
寺院全体にモザイク磁器による装飾が施されており、光が当たるとなんとも美しく輝きます。
20220502154725_IMG_8111.jpeg
繊細な装飾は一見の価値ありです。
20220502154524_IMG_8106.jpeg
タイの寺院の回廊は本堂を囲むように四角くなているところが多いのですが、ワット・ラチャボピットの回廊は黄金の仏塔を囲むように円形に作られており、これはベルサイユ宮殿を意識しているともいわれています。
20220502155607_IMG_8122.jpeg
建物自体はもちろんですが、寺院内の草木はどれもていねいに整えられており、とても美しく心地よい空間です。
20220502154436_IMG_8103.jpeg
本堂に入れる時間は限られており、普段は閉まっていることがほとんどです。なかには天井からシャンデリアがぶら下がっており、タイとヨーロッパの形式が合わさった美しい空間が広がります。

入り口周辺は2022年5月現在改修工事中なので、まだまだ見所も多く、美しくなる予定なので、ぜひ訪れてみてください。

■ワット・ラーチャボピット(Wat Ratchabophit)
・住所: 2 Fueang Nakhon Rd, แขวง วัดราชบพิธ Phra Nakhon, Bangkok 10200
・アクセス: MRTサムヨット駅(Sam Yot)から徒歩約7分
・会館時間: 9:00〜18:00
・料金:  無料
・URL: https://www.thailandtravel.or.jp/wat-ratchabophit/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

みかん さん

タイ・バンコク4特派員のみかん さんが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク4特派員
名前:みかん さん

みかん さん

愛媛県出身のみかんです。夫と共にバンコクへ移住したブロガー。記事ライターとしての経験あり。移住先にタイを選んだ理由は「楽しそう!」そんなバンコクの魅力を共有したいと思い、個人ブログTwitterでも発信中です。バンコクやタイでの旅行やおしゃれなお店だけではなく、タイ人の友人から教えてもらうような、ローカルなお店などもご紹介できればと思います。 DISQUS ID @disqus_w7yS4myv92

バンコク4特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク4特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク4特派員 > 「ワット・ラチャボピット」ヨーロッパの影響を受けたモザイクタイルが美しい寺院

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について