トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > タイならではのおいしいフルーツジュースは、甘酸っぱいパッションフルーツ入り!

タイタイ/バンコク3特派員ブログ

タイならではのおいしいフルーツジュースは、甘酸っぱいパッションフルーツ入り!

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2021年8月27日

皆様、サワディーカー。フルーツジュースはお好きですか!?


私は、激しいスポーツをすることが減って、以前ほど、甘いジュースを飲まなくなりましたが、日本で暮らしていた10年以上前は、ミニッツメイドやトロピカーナの果汁100%のオレンジジュースやグレープフルーツジュースなどが大好きで、常備していました。


タイでトロピカーナは見たことがありませんが、ミニッツメイドは売られていて、オレンジジュースを買ってみたら、甘酸っぱい果汁感が薄くて(表示で判別できなかったのですが、噂によると果汁25%なのだそう)、同じブランドでも、国が異なれば、味がこんなにも異なるのかとたいへん衝撃を受けました。


今回は、甘酸っぱいジュースが大好きな私が、タイで果汁ジュースを飲みたい時にリピートして買うタイならではのおいしいフルーツジュースを紹介します。


picture5300passionfuittop20210724.jpg

タイ・バンコクのコンビニエンスストアやスーパーでは、フルーツジュースが豊富に販売されています。果物が豊富にありますので、当然、果物ジュースもたいへん豊富にあります! 大きさもいろいろあるブランドの商品は試しやすいですね。


おいしいフルーツジュースは、パッションフルーツ入り!?

私は、甘酸っぱい果物が大好きで、タイでまた買おう!と思ってリピートするフルーツジュースには、いつも、パッションフルーツが入っています。


・「王室プロジェクト」ブランドのドイカム(Doi Kham)のパッションフルーツジュース2種類

picture5301passionfruit20210824top.jpg

まず、最初に紹介したいのが、セブンイレブンなどで、ミニサイズでも購入可能のドイカムブランドのパッションフルーツジュースです。2種類あり、どちらも保存料、着色料、香料が無添加の商品です。いつも、甘さ控えめ(シュガーレス)のほうを購入していましたが、今回、両方買って飲み比べてみました。


picture5302passionfruit20210824.jpg

液体の見た目では、その違いを判別することはできそうにありませんでした。

picture5303passionfuit20210824.jpg

成分を見ると、

左:果汁50%、fructose syrupが8%、ビタミンC0.02%。

右(Less sugar:砂糖少なめ):果汁50%、Maltitol syrupが3%、Sweetener(Steviol glycosides)0.017%、ビタミンC0.01%。


少量だったからなのか、味の違いがほとんどわからず、甘さもほぼ同じくらいに感じられました。左のほうは1パックあたり砂糖が25gも含まれているようなんですが、右のほうは砂糖は6gのようなので、人工甘味料によって甘さが調整されているのでしょう。どちらもおいしかったです。なぜか、砂糖少なめのほうが甘酸っぱさが感じられて、好きかな......という感じでした。家族にも感想を求めたところ、砂糖少なめのほうが後味が甘くなくて、トロッとしているかなと言っていましたが、どちらのほうが好きかは選べないレベルのようでした。


・チャバー(CHABAA)のマンゴー&パッションフルーツジュース

picture5306passionfruit.jpg

もうひとつ大好きなのが、マンゴーとパッションフルーツジュースのジュース。このブランドのジュースが日本のカルディー(KALDI)のお店(https://www.kaldi.co.jp/ )でも取り扱いがあるようです。


SNSで話題にのぼっていたポメロのほか、ピーチ、オレンジなど複数種類試してみましたが、私は、マンゴーとパッションフルーツの組み合わせの、パッションフルーツ入りのフルーツジュースが甘酸っぱくて、断トツで、一番好きでした。


コンビニエンスストアではまだ取り扱っているのを見たことがありませんし、すべてのスーパーで目にすることはできませんが、バンコク都内なら、グルメマーケット、ヴィラマーケット、トップスマーケット、テスコロータスなどの大型スーパーで販売されています。


甘酸っぱい果物がお好きな方は、おそらく気に入っていただけるのではないかと思います。


おみやげにもぴったり!? 念のため、賞味期限も確認しておこう!

picture5304passionfruitdate.jpg

タイで販売される食品の賞味期限の確認方法については、記事「タイ・タイ語における賞味期限、消費期限の確認方法(タイ仏歴表記を含む) 」で紹介済みですが、ドイカムブランドのミニサイズのジュースはパッケージの上部分に表示されています。


左の賞味期限は100622→2022年6月10日、

右の賞味期限は130522→2022年5月13日という意味です。


賞味期限が長くて少し心配になりますが、保存料未使用の商品。甘味と酸味によって日持ちしやすい商品なのかもしれないですね。おみやげにもしやすい商品といってよいでしょう。ただし、100㏄を超える液体物は機内への持ち込みができません。タイから日本への持ち帰る場合は、受託手荷物にしましょう。


最後に

味の好みは人それぞれなので、お口に合わない方がいるかもしれませんので、予めご了承ください。

今は、まだ、新型コロナウイルス感染症感染対策の関係で、タイと日本の行き来がまだ以前のように気軽にできる状況ではありませんが、規制が緩和され、またタイ旅行、タイ滞在がしやすくなった際には、今回紹介したパッションフルーツ入りのフルーツジュースも試していただき、楽しんでいただけたらなと思います。

それでは、皆様、サワディーカー。


インスタグラムこちら(タイ情報)こちら(料理と手作り作品)

プライベートブログ「ecobkk's diary」こちら

以下のふたつのブログランキングに参加しています。

1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ランキングへの応援クリックは、皆さまからの評価と受け止めています。

いつもありがとうございます<(_ _)>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Taeko

タイ・バンコク3特派員のTaekoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク3特派員
名前:Taeko

Taeko

大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

バンコク3特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク3特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > タイならではのおいしいフルーツジュースは、甘酸っぱいパッションフルーツ入り!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について