トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > 【タイ・バンコク生活、観光のお楽しみ】進化するタイの果物、季節の果物を使ったカフェ

タイタイ/バンコク3特派員ブログ

【タイ・バンコク生活、観光のお楽しみ】進化するタイの果物、季節の果物を使ったカフェ

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2021年4月28日

皆様、サワディーカー。

新型コロナウイルス感染症拡大により、旅行が難しくなってきて次々と施設が閉鎖され始め、タイの旧正月(4月13日~15日)前から気分がどんよりしてしまいがちですが、残念なことばかりでもありません。


■タイの果物の魅力その1:マンゴーがお手頃価格!マンゴースイーツもたくさん!

ちょうどその頃、日本人に人気のナムドクマイ種のマンゴーの旬が到来し、例年よりお得に購入でき、都心部でも、1kg50バーツ前後で買える日が多かったです。最近は、夏季にもかかわらず雨の日が多く、旬は過ぎつつあるのかなという感じではありますが、まだまだ十分マンゴーのおいしさを楽しめます。

picture4100_DSC04197 (2).jpg

タイ・バンコクにおいては、MangoTango(https://www.facebook.com/MangoTangoThailand/ )、Make Me Mango(https://www.facebook.com/makememango/ )、The Mango Garden(https://www.themangogarden.com/ )、39280 mango cafe(https://www.facebook.com/39280fruitcafe/?ref=py_c )、Ginger Bread House(บ้านขนมปังขิง เสาชิงช้า https://www.facebook.com/house2456/ )など、マンゴーを楽しめるカフェが数えきれないほどあり、年間通してマンゴースイーツを楽しめます。


以前、特派員ブログ記事内で紹介したウェスティンホテルにおいて、今年2021年も、マンゴーをふんだんに使ったMango High Tea Setが6月末まで展開中です。詳細は、公式サイトのこちら でご覧いただけますので、興味のある方はご覧になってみてくださいね。なお、昨年から、ハイティーのテイクアウトが可能なので、自宅や宿泊先で、別のホテルのハイティーを味わうこともできます。ホテル内での飲食の場合より新型コロナウイルス感染症感染のリスクも少なさそうですし、偶数人数で行かなくてよいのはテイクアウトならではのメリットだなと感じます。新型コロナウイルス感染症感染拡大によるホテル側のダメージは大きいとは思いますが、生き残りをかけたタイのホテルの取り組みは応援したくなります。現在のところ、テイクアウトの場合は、2時間前までに、電話(02- 2078139)または公式LINE(Westin Bangkok )へ連絡すれば可能なようです。


過去に書いた関連記事▼

「タイ・バンコクで、季節の果物を満喫できるアフタヌーン・ティー」

https://tokuhain.arukikata.co.jp/bangkok3/2018/06/post_5.html


■タイの果物の魅力その2:プラムマンゴー(マヨンチット)

4月上旬位までの間、今年マイブームになったのは、プラムマンゴー(タイ語:マヨンチット、มะยงชิด)という果物です。こちらはタイ旧正月が明けたくらいからまったく見かけなくなってしまいましたので、夏季の果物というより寒季の果物なのかもしれませんが、今回紹介しておきたいと思います。


picture4101_DSC04168 (2).jpg

ビワに似た外観ですが、味わいはまったくの別物です。マヨンチットは、マヨンプラーン(มะปราง)という果物に、酸味を加える品種改良がなされた果物です。甘ったるさがなく、わずかな酸味があり、果物大好きな私の好きな味です。

picture4102_DSC04240c.jpg

マンゴーに比べると果肉が少ないので食べにくいという印象でしたが、種取り器を使ったり、包丁で真っ二つにカットして皮を剥いて食べると、食べやすいことに気がつきました。

picture4103_DSC04252pc.jpg

今年は、Season Bangkok(https://www.facebook.com/season.bkk/ )やUnfashion Dining(https://www.facebook.com/unFASHIONDining/ )など、タイ・バンコク都内のカフェで、マヨンチットを使ったとてもおいしそうなスイーツが話題になりました。今年、私はマヨンチットのスイーツは食べ損ねてしまいましたが、来年の楽しみにしたいと思っています。




以上、タイの果物と果物を使ったカフェ情報でしたが、いかがでしたでしょうか。


それでは、皆様、サワディーカー。


インスタグラムこちら

プライベートブログこちら

以下のふたつのブログランキングに参加しています。

1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ランキングへの応援クリックは、皆さまからの評価と受け止めています。

いつもありがとうございます<(_ _)>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Taeko

タイ・バンコク3特派員のTaekoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク3特派員
名前:Taeko

Taeko

大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

バンコク3特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク3特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > 【タイ・バンコク生活、観光のお楽しみ】進化するタイの果物、季節の果物を使ったカフェ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について