トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > 【2021年4月26日→5月8日時点】タイ・新型コロナウイルス感染症対策措置を再度厳格

タイタイ/バンコク3特派員ブログ

【2021年4月26日→5月8日時点】タイ・新型コロナウイルス感染症対策措置を再度厳格

カテゴリー:お知らせ / 治安・渡航安全情報 投稿日:2021年4月27日

※2021年4月27日(火)日本時間00時31分作成、同日日本時間19時55分更新(「■タイのほぼ全域でマスクの着用が必須に」に追記)、5月17日(月)日本時間04時27分更新


皆様、サワディーカー。お元気でお過ごしでしょうか。


タイでは、ソンクラン(タイ旧正月の4月半ば)前から、多くの施設で、新型コロナウイルス感染症感染者の報告が相次いでいます。私がよく行く身近なスーパーなどでも感染者が出て、確認後には消毒で約3日間の閉鎖や従業員の2週間の隔離が行われるなど、新型コロナウイルス感染症が身近になってきたと感じます。外出の際には、外出先は営業しているのか確認してから向かうことが多くなりました。4月23日以降連日2000人超えの感染者が出ており、2021年4月26日には過去最高の2829人の感染者数が報告されています(Corona Tracker 等で確認)。以下に、タイ全域およびバンコク都内で実施されることになった新型コロナウイルス感染症対策措置の最新情報をリストアップしておきます。


■タイのほぼ全域でマスクの着用が必須に

picture4000_DSC08693-p.jpg

4月26日~、バンコクおよびタイ国内77県中50の県において、2歳以上の人に、屋内・屋外問わず、すべての公共の場でのマスク着用が義務化されることになりました。違反者には、最大で2万バーツの罰金(初回6000バーツ、2回目12000バーツ、3回目以降20000バーツ)が科せられます。車の運転時は、同乗する人がいれば、家族であっても、マスクの着用義務が発生します。


参照記事(タイ政府観光庁の英語ページ等)▼

https://www.tatnews.org/2021/04/face-masks-compulsory-in-public-places-in-a-number-of-thai-provinces/


■タイ国内18県において、一部施設の営業時間が短縮に

以下の通り、4月25日~5月2日の期間、バンコクを含むタイでレッドゾーンに指定されている18の県におけるすべてのショッピングモール、デパート、コンビニエンスストアなどの営業時間が短縮になっています。


・ショッピングモール、百貨店などは11時~20時

・スーパー、大型スーパーマーケット、ショッピングモール内のレストランは21時まで

・コンビニエンスストアは5時~22時


参照記事(タイ政府観光庁の英語ページ)▼

https://www.tatnews.org/2021/04/malls-shops-to-close-early-in-18-red-zone-provinces-from-25-april-2-may-2021/


■タイ国内最高度管理地域及び管理地域において、飲食店・販売店等の営業時間が短縮、飲食店内での酒類消費が禁止に、他

お知らせが遅くなってしまいましたが、4月18日~、国内全都県を感染状況に応じて分類された2つのゾーン(最高度管理地域(赤ゾーン)および管理地域(橙ゾーン))において、飲食店・販売店等の営業時間短縮飲食店内での酒類消費禁止越境移動の中止ないし回避要請ほか各種措置がとられています。


在タイ日本大使館からのメールを以下に転載しておきます。


件名:「新型コロナウイルスに関するお知らせ(防疫措置に関する「非常事態令第9条に基づく決定事項(第20号)」)」


・4月16日、タイ政府は、国内全都県を感染状況に応じて2つのゾーン(最高度管理地域(赤ゾーン)および管理地域(橙ゾーン))に再分類し、それぞれの地域ごとに適当な防疫措置を定める旨の「非常事態令第9条に基づく決定事項(第20号)」を発出しました。

・これにより、飲食店・販売店等の営業時間短縮、飲食店内での酒類消費禁止、越境移動の中止ないし回避要請ほか各種措置がとられます。

・本措置は、4月18日から適用となっています。

・当館において作成した、官報主要部分の日本語仮訳は以下のとおりです。

・今後、各都県の措置が急遽発表・変更等される可能性もありますので、最新の情報の確認に努めてください。

【主要部分の日本語仮訳】

「仏暦2548年非常事態における統治に関する勅令」(非常事態令)第9条に基づく決定事項(第20号)


昨年3月26日付のタイ王国全土を対象とした非常事態宣言の発令および本年5月31日までの同宣言の適用期間の延長に関し、非常事態令第9条及び仏暦2534年国家行政規則法第11条に基づき、首相は一般的な決定事項、及び全ての当局職員の行動規則として、次のとおり発令する。


第1項 禁止事項

(1)全ての学校及び全段階の教育機関の建物及び場所の、授業、試験、研修、諸活動を実施するための使用を禁ずる。但し、仏暦2564年(西暦2021年)1月3日付決定事項(第16号)第1項に定めた事項を除く。

(参照:CCSA決定事項第16号仮訳 https://www.th.emb-japan.go.jp/files/100132405.pdf )

(2)当局職員からの許可がある場合、または当局が実施する活動や検疫のための活動を除き、50名以上が参加する活動を禁ずる。


第2項 娯楽施設および感染拡大の危険性のある場所の閉鎖

各都県知事に対し、娯楽施設および右類似施設、パブ、バー、カラオケ、入浴施設、個室付浴場、ないしこれらに類似する施設について、各都県の感染症対策委員会の同意に基き、最低14日間の一時的な閉鎖を検討せしめる。

4月9日付決定事項(第19号)に則して行われた一時的な閉鎖の指示については、引き続き適用する。

(参照:CCSA決定事項第19号のポイント https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20210410.html )


第3項 地域の決定

(1)最高度管理地域

バンコク都、コンケン県、チョンブリ県、チェンマイ県、ターク県、ナコンパトム県、ナコンラチャシマ県、ノンタブリ県、パトゥムタニ県、プラチュアップキリカン県、プーケット県、ラヨーン県、ソンクラー県、サムットプラカン県、サムットサコン県、サケーオ県、スパンブリ県、ウドンタニ県、以上18都県を最高度管理地域とする。

(2)高度管理地域

上記(1)以外の59県を高度管理地域とする。


第4項 地域毎の防疫措置

最低14日間、当局が定める防疫措置を遵守しつつ、以下の条件の下で各種施設の使用、事業ないし活動を認める。

(1)最高度管理地域

ア 飲食物の提供に関し、店内での飲食は午後9時までとし、持ち帰り用については午後11時までとする。

酒類の店内消費を禁ずる

ウ 百貨店、ショッピングセンター、コミュニティモール、ないし類似の施設は、入場者数を制限しつつ、営業時間を午後9時までとする。但し、ゲームセンター、遊戯施設は閉鎖せしめる。

エ コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ナイトマーケット、路上販売は、営業時間を午後11時までとする。従来24時間営業を行っている施設については、営業開始時間を午前4時とする。

オ 競技場ないし運動施設、ジム、フィットネスは、営業時間を午後9時までとする。試合については、入場者数を制限した上での実施であれば、これを認める。

(2)管理地域

ア 飲食物の店内での提供を午後11時まで認める。

イ 酒類の店内消費を禁ずる。

ウ 百貨店、ショッピングセンター、コミュニティモール、ないし類似の施設は、入場者数を制限しつつ、営業時間を午後9時までとする。但し、ゲームセンター、遊戯施設は閉鎖せしめる。


第5項 越境移動の中止ないし回避

不要不急の旅行の中止ないし延期を求める。特に、上記で定めた最高度管理地域への入境は、自身の感染および感染拡大を助長する危険性があるため、右を避けるべきである。

当局職員は、政府対策本部(CCSA)の方針に則し、チェックポイントや検査箇所を設置することが出来る。

運輸省ないし全ての形態の公共交通機関を監督する当局に対し、政府対策本部(CCSA)の方針に則し、防疫措置を実施せしめる。


第6項 社会的活動

パーティ、宴会ないし類似活動については、伝統行事や感染防止のための十分な措置を施した場合を除き、当面の間、これらの中止を求める。


第7項 適切な事業

民間の法人および個人事業者に対し、当面の間、職場以外での勤務や交代制での勤務、もしくは感染拡大を防ぐために適切な形態での事業の実施を求める。


第8項 感染者への措置

関係当局に対し、教育施設、大学、ホテル、会議場、民間施設に協力を仰ぎつつ、感染者の隔離用の施設の早急なる設置を指示する。

全ての感染者は、当局職員が定める期間及び方法に則し、検疫および隔離せしめる。


第9項 防疫措置の見直し

上述の各種措置は、状況に応じて見直しが行われ、首相による裁可が随時仰がれる。

バンコク都知事及び各県知事は、政府が定めた方針に則し、各地の実情に合わせた措置を取ることができる。


以上の内容は、仏暦2564年(西暦2021年)4月18日以降適用される。

仏暦2564年4月16日

プラユット・チャンオーチャー 陸軍大将 首相


官報原文(タイ語)

http://www.ratchakitcha.soc.go.th/DATA/PDF/2564/E/082/T_0025.PDF


■タイ・バンコクにおけるさらなる規制強化

4月8日付の記事「【2021年4月7日時点】タイ・新型コロナウイルス感染症対策措置を変更~タイ入国条件は一部緩和、バンコクの一部施設は閉鎖 」にて、バンコク都が4月6日からの適用として、日本人も多く暮らしているバンコク都内3区(ワッタナー区、クロントーイ区、バーンケー区)において、娯楽施設および類似の施設、パブ、バー、カラオケ、個室付浴場の閉鎖を発令していましたが、4月18日と4月26日に発令があり、厳しい新型コロナウイルス感染症感染対策を実施されることになっています。


在タイ日本大使館からのメールを4件(4月18日、4月26日、5月1日、5月8日付のメール)、以下に転載しておきます。


1件目(4月18日付のメール)▽

件名:「新型コロナウイルスに関するお知らせ(バンコク都告示(第24号)の発表)」


4月17日、バンコク都は4月18日以降の適用であるとして、バンコク都内における閉鎖施設の追加規制に関する「バンコク都告示第24号」を発出しました。

概要は以下のとおりです。


1 以下の施設を追加で閉鎖せしめる。

・学校、補習校および全ての種類の教育機関の建物及び場所について、授業、試験、研修、諸活動を実施するための使用を禁ずる。

・但し、感染症法によって認められた活動、遠隔式の授業及び試験のため、支援、援助、養護のため、当局による公共の活動のための使用については、これを認める。


2 以下の施設は閉鎖措置を継続する。

・4月9日付バンコク都告示第23号で閉鎖を指示した娯楽施設等。

・2月23日付バンコク都告示第20号で閉鎖を指示した闘鶏や闘牛を行う施設等。


3 施設毎の措置

・飲食物の提供に関し、店内での飲食は午後9時までとし、持ち帰り用については午後11時までとする。店内での酒類の提供は禁止する。店内の入場者数を制限する等、当局が定める防疫措置に則したものとする。

・百貨店、ショッピングセンター、コミュニティモール、ないし類似の施設は、入場者数を制限しつつ、営業時間を午後9時までとする。但し、ゲームセンター、遊戯施設は閉鎖せしめる。

・コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ナイトマーケット、路上販売は、営業時間を午後11時までとする。従来24時間営業を行っている施設については、営業開始時間を午前4時とする。

・競技場ないし運動施設、ジム、フィットネスは、営業時間を午後9時までとする。試合については、入場者数を制限した上での実施であれば、これを認める。

・集会、セミナー、宴会、食料配布といった感染拡大の恐れがある活動は、50名未満であれば実施を認める。50名以上1,000名未満の活動については、活動計画を提出の上で事前に現地保健当局の許可を得るものとする。1,000名を超える活動については、活動計画を提出の上で事前にバンコク都の許可を得るものとする。

・本件に違反する者に対しては、感染症法に基づき、1年以下の禁錮ないし10万バーツ以下の罰金、もしくはその何れについても科される場合がある。


4 以上の措置は、4月18日以降、別途の告示があるまで適用される。

(告示原文(タイ語): http://www.prbangkok.com/th/post/view/MDY1cDBzNnM0NHIyb3Ezc3E2NnEyNDk0cDRyOTQzcjQ3MjIzMg==  )


2件目(4月26日付のメール)▽

件名:「新型コロナウイルスに関するお知らせ(バンコク都告示(第25号)の発表)」


・ 4月25日、バンコク都は、4月26日から5月9日までの措置として、バンコク都内における施設の一時的閉鎖に関する「バンコク都告示第25号」を発出しました。

・バンコク都は同日、外出時の常時マスク着用を義務付けるバンコク都告示を別途発出しています。本告示には罰則規定も含まれ、4月26日から別途の告示があるまで適用されます。

・各告示の概要は以下のとおりです。


○バンコク都告示第25号

1.以下の施設を閉鎖せしめる。

・学校、補習校および全ての種類の教育機関の建物及び場所について、授業、試験、研修、諸活動を実施するための使用を禁ずる。(ただし、感染症法によって認められた活動、遠隔式の授業及び試験のため、支援、援助、養護のため、当局による公共の活動のための使用については、これを認める。)

・娯楽施設、パブ、バー、カラオケ及び類似施設

・個室付浴場

・入浴施設、サウナ施設

・闘鶏場、闘牛場、闘魚場等

・映画館、劇場

・ウォーターパーク、遊園地、動物園

・子どもの遊戯場、子ども用遊具

・スケート・ローラーブレード場及び類似施設

・スヌーカー場、ビリヤード場

・ボーリング場、ボードゲーム場

・ゲーム店、インターネット店

・公共プール及び類似施設

・フィットネス場

・展示場、会議場

・博物館、美術館、各種学習センター・文化センター、史跡関連施設、及び類似施設

・公共図書館、民間図書館

・託児所、就学前児童施設(ただし病院内託児所及び通常宿泊を伴う施設は除く)

・介護施設(ただし通常宿泊を伴う施設は営業可能)

・ムエタイ場、ムエタイジムを含む格闘技ジム

・刺青店、ネイル店

・ダンス場、ダンス教室

・体重管理・美容増進施設、美容医療クリニック

・健康増進施設(スパ、マッサージ店、美容マッサージ店)

・各種競技場

・演劇場、遊技場

・貸会議室・宴会場、及び類似施設

・美容室・理髪店は洗髪・カット・セットのみ可能で、店内で待機客を待たせてはならない。

・公園、植物園

・屋内・屋外のスポーツ施設、ゴルフ場、ゴルフ練習場、ウォータースポーツ・レジャー施設(ただし、感染症法によって認められた活動、遠隔式の授業及び試験のため、支援、援助、養護のため、当局による公共の活動のための使用については、これを認める。)


2.施設の管理に関する措置

・飲食店、コンビニエンスストア、屋台、フードコート、学食等は、(第2項(3)に該当する施設(注:コンビニエンスストア、スーパーマーケット、市場等)を除き、)午後9時まで店内飲食が可能とし、午後11時まで持ち帰り形態での飲食物の販売を可能とする。酒類の店内消費を禁ずる。

・百貨店、ショッピングセンター等は、午後9時までの営業を認める。ただし、ゲームコーナーや遊具は閉鎖する。

・コンビニエンスストア、スーパーマーケット、市場等は、午後10時まで営業を認める。ただし、従来24時間営業を行っている施設については、営業開始時間を午前5時とする。

・集会、セミナー、宴会、食料配布といった感染拡大の恐れがある活動は、20名未満であれば実施を認める。20名以上1,000名未満の活動については、活動計画を提出の上で事前に現地保健当局の許可を得るものとする。1,000名を超える活動については、活動計画を提出の上で事前にバンコク都の許可を得るものとする。


3.施設の閉鎖に関する規制に関し、例外的に営業が認められている施設では、関係者に別表が定める防疫措置を遵守せしめる。また、一時的閉鎖の対象となっていない施設や活動においても、体温測定、マスク着用、最低1メートルのソーシャルディスタンスの確保、石鹸による手洗い・アルコール消毒、清掃、個別の配膳、施設利用者の登録といった各種防疫措置を厳格に行わなければならない。


4.本件に違反する者に対しては、感染症法に基づき、1年以下の禁錮ないし10万バーツ以下の罰金、もしくはその何れについても科される場合があり、また非常事態令に基づき、2年以下の禁錮ないし4万バーツ以下の罰金、もしくはその何れについても科される場合がある。


5.以上の措置は、4月26日から5月9日まで適用される。


(タイ語原文)

http://www.prbangkok.com/th/post/view/MDY1cDBzNnM0NHIyb3Ezc3E2NnEyNDk0cDRyOTQzcjQzMTQzMg==


○外出時の常時マスク着用に関するバンコク都告示

1. バンコク都内においては、外出する際は毎回、衛生マスクまたは布マスクを正しい方法で着用せしめる。

2. 本件に違反する者は、感染症法に基づき、2万バーツ以下の罰金が科される。

3. 以上の措置は、4月26日から、別途の告示があるまで適用される。


(タイ語原文)

http://www.prbangkok.com/th/post/view/MDY1cDBzNnM0NHIyb3Ezc3E2NnEyNDk0cDRyOTQzcjQyMTQzMg==

・在留邦人及び滞在者の皆様におかれては、引き続きマスク着用・手洗い・うがい等の励行に努め、感染予防に努めてください。なお、邦人の感染情報がありましたら、お手数ですが当館に御一報ください。


3件目(5月1日付のメール)▽

件名:「新型コロナウイルスに関するお知らせ(バンコク都告示第26号の発出)」


・政府による「最高度厳格管理地域」への指定を受け、4月30日、バンコク都は先に発令した「バンコク都告示第25号」の内容を更新する「バンコク都告示第26号」を発出しました。

・適用期間は、5月1日から5月9日です。

・告示のポイントは以下のとおりです。

・今後の発表等により変更の可能性もありますので、最新の情報収集に努めて下さい。

1 アルコール飲料を含め店舗での飲食を禁じ、持ち帰り用の飲食物の販売のみ認めるものとし、営業時間を午後9時までとする。

2 試合に向けたナショナル・チームの練習および4月25日付バンコク都告示第25号の第1項35(1)~(3)(※注)といった感染症法に則して使用が認められた施設や活動を除き、運動場、運動施設、ジム、フィットネスを閉鎖せしめる。

 屋外の運動場や施設については、使用時間を午後9時までとし、無観客の場合に限り試合の実施を認める。過去に首相から実施の許可を受けた(観客ありの)試合については、当局が定める防疫措置に従った上で、実施を認める。

(※注:感染症法によって認められた活動、支援、援助、養護のため、当局による公共の活動のための使用については、これを認める。)

3 コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ナイトマーケット、路上販売は、営業時間を午後11時までとする。従来24時間営業を行っている施設については、営業開始時間を午前4時とする。

4 上記に含まれない施設・活動については、4月25日付バンコク都告示第25号を準用する。

5 本件に違反する者に対しては、感染症法に基づき、1年以下の禁錮ないし10万バーツ以下の罰金、もしくはその何れについても科される場合があり、また非常事態令に基づき、2年以下の禁錮ないし4万バーツ以下の罰金、もしくはその何れについても科される場合がある。

6 以上の措置は、5月1日から5月9日まで適用される。

○告示原文

http://www.prbangkok.com/th/post/view/MDY1cDBzNnM0NHIyb3Ezc3E2NnEyNDk0cDRyOTQzcjQyODUzMg==


4件目(5月8日付のメール)▽

件名:「新型コロナウイルスに関するお知らせ(バンコク都告示第27号の発出)」


・5月7日、バンコク都は、先に発令した「バンコク都告示第25号」及び「バンコク都告示第26号」で定められていた施設の閉鎖や管理に関する措置の適用期間を5月17日まで延長する「バンコク都告示第27号」を発出しました。

・告示のポイントは以下のとおりです。

・今後の発表等により変更の可能性もありますので、最新の情報収集に努めて下さい。


1 「バンコク都告示第25号」及び「バンコク都告示第26号」で定められていた施設の閉鎖に関する措置の適用期間を5月17日まで延長する。

2 「バンコク都告示第25号」の規定が「バンコク都告示26号」と規定と競合する場合には、後者を適用せしめる。

3 本件に違反する者に対しては、感染症法に基づき、1年以下の禁錮ないし10万バーツ以下の罰金、もしくはその何れについても科される場合があり、また非常事態令に基づき、2年以下の禁錮ないし4万バーツ以下の罰金、もしくはその何れについても科される場合がある。


○告示原文

http://www.prbangkok.com/th/post/view/MDY1cDBzNnM0NHIyb3Ezc3E2NnEyNDk0cDRyOTQzcjQ0OTczMg==


■タイの新型コロナウイルス感染症対策に関するお知らせ・情報入手先一覧

状況は随時変化しており、今後も、タイ政府やバンコク都などからの発表により、上記内容も変更される可能性があります。随時ニュースでも報道されるとは思いますが、公的機関の公式ウェブサイトや新聞などで最新情報を確認することをおすすめします。以下、過去にも一覧にしましたが、参考までに、タイの新型コロナウイルス感染症対策に関するウェブサイトをリンクしておきます。


駐日タイ大使館ウェブサイト(東京): http://site.thaiembassy.jp/jp/

在タイ日本国大使館ウェブサイト: https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

外務省海外安全ホームページ: https://www.anzen.mofa.go.jp/

タイ政府(内閣)公式ウェブサイト(คณะรัฐมนตรีไทย): https://www.thaigov.go.th/

タイ内務省(กระทรวงมหาดไทย): http://www.moi.go.th/

・Twitter https://twitter.com/moinews2016

・FB https://www.facebook.com/prmoithailand

・Instagram https://instagram.com/prmahadthai/

タイ国政府観光庁

・日本語: https://www.thailandtravel.or.jp/news/66343/

・英語: https://www.tatnews.org/

タイ民間航空局(สำนักงานการบินพลเรือนแห่งประเทศไทย)

・タイ語: https://www.caat.or.th/th/

・英語: https://www.caat.or.th/en/

タイ保健省(กระทรวงสาธารณสุข)・疾病管理局 (กรมควบคุมโรค)

・タイ語: https://ddc.moph.go.th/viralpneumonia/

・英語: https://ddc.moph.go.th/viralpneumonia/eng/index.php

バンコク首都庁(Bangkok Metropolitan Administration、กรุงเทพมหานคร、略記:BMA、タイ語略記:กทม.)

・タイ語: http://www.bangkok.go.th/main/index.php

・英語: http://www.bangkok.go.th/main/index.php

・FB(สำนักงานประชาสัมพันธ์ กทม.): https://www.facebook.com/prbangkok/?fref=ts

・FB(バンコク都知事、アサウィン・クワンムアン氏、ผู้ว่าฯ อัศวิน): https://www.facebook.com/aswinkwanmuang/?fref=ts

Thailand Corona Tracker: https://www.coronatracker.com/ja/country/thailand/?referrer=today%3Freferrer%3Dtoday

Covid-19 News Tracker TH: https://covidtracker.5lab.co/en

Bangkok Post: https://www.bangkokpost.com/


■最後に

2020年のロックダウン時ほどの厳しさではありませんが、今回の規制で30以上の業種が追加で閉鎖となり、ほぼロックダウンになったような感じが否めないタイ・バンコクです。感染発覚までには時間差があります。日本人の多いエリアで、日本人の感染者も複数報告されていますので、元気そうな人同士なら大丈夫とは思わず、ルールを守って、マスク着用やアルコール消毒、会話の際には1m以上の距離を保つことなどを意識するようにして、常に感染予防につとめましょう。今回の措置により、事態が改善し、収束に向かうことを願います。


以上、参考になれば幸いです。では、皆様、サワディーカー。



インスタグラムこちら

プライベートブログこちら

以下のふたつのブログランキングに参加しています。

1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ランキングへの応援クリックは、皆さまからの評価と受け止めています。

いつもありがとうございます<(_ _)>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Taeko

タイ・バンコク3特派員のTaekoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク3特派員
名前:Taeko

Taeko

大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

バンコク3特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク3特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > 【2021年4月26日→5月8日時点】タイ・新型コロナウイルス感染症対策措置を再度厳格

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について