トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > 【タイ入国】タイで発令中のふたつの非常事態宣言と隔離ホテル情報(2020年10月中旬時点)

タイタイ/バンコク3特派員ブログ

【タイ入国】タイで発令中のふたつの非常事態宣言と隔離ホテル情報(2020年10月中旬時点)

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 治安・渡航安全情報 投稿日:2020年10月17日

皆様、サワディーカー。

picture1800_DSC01127-pp.jpg

タイでは、憲法改正、政権の退陣、議会の解散、王室改革(不敬罪の廃止や王室予算の削減)を訴える反政府デモの動きが活発になっていることを受け、2020年10月15日早朝、タイ政府は、5人以上の集会などを禁止する非常事態宣言を発令しました(タイ語の官報原文はこちら→http://www.ratchakitcha.soc.go.th/DATA/PDF/2563/E/241/T_0004.PDF )。


集会が禁止されたにもかかわらず、その勢いは止まることなく、10月16日夜には、サイアムのパトゥムワン交差点にたくさんのデモ隊が集まりました。その動きを鎮圧するためにタイ警察が放水砲を使用した様子が多くのメディアやSNSで拡散され、大きなニュースとなっています。(https://www.bangkokpost.com/thailand/general/2003391/water-cannon-used-on-protesters )やhttps://www.thaipbsworld.com/police-forcibly-break-up-rally-at-pathumwan-intersection/ などを参照)。この数日で、デモのリーダーや参加者が何十人も逮捕されていますが、今後も緊迫した状況が続く可能性があります。過去にもデモがあった際には発砲事件や爆弾事件なども起きましたので、興味本位で近づいたりしないよう、くれぐれも気をつけましょう


また、タイでは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための非常事態宣言も発令中ですが、諸外国からの外国人の入国を段階的に許可しているところです。入国にあたって、2週間に及ぶホテルでの隔離やPCR検査などが強いられるため、外国人在住者の間では、一時帰国や再入国にともなう労力がかかりすぎると騒がれています。例えば、現在、タイ・バンコク在住の私が日本へ一時帰国してタイに再入国しようとすると、日本へ到着して2回PCR検査を受け、タイに再入国する前にまたPCR検査を受け、タイに入国してからさらに2回PCR検査を受ける必要があるようです。つまり、合計5回のPCR検査を受けることと合計約1ヵ月の隔離生活が求められることになりそうです。タイでは、今後の状況によっては、早ければ、11月半ばくらいから、隔離期間が2週間から1週間に短縮されることが協議される予定と言われていますが、現時点ではどうなるかまだ不明です。


Alternative State Quarantine※(略記:ASQ)と呼ばれる病院と提携したタイ政府指定隔離施設は2020年8月時点で36ヵ所でしたが、現在90ヵ所以上になっています(※バンコク及びバンコク近郊以外の地域の施設は、Alternative Local Quarantine (略記:ALSQ)と呼ばれているようです)。


現在、日本語では、以下のウェブサイト▽で、90ヵ所のタイ政府指定隔離施設ホテル情報が確認できます。 https://www.tokutenryoko.com/news/passage/9601


タイ語おおよび英語では、以下のウェブサイト▽で、94ヵ所のタイ政府指定隔離施設情報が確認できます。 http://www.hsscovid.com/ https://thaiest.com/blog/list-of-alternative-state-quarantine-asq-hotels-thailand


隔離中はホテルの外へ出られないと思いますが、バンコクにあまり詳しくない方は、今後しばらくは、デモの集会が行われやすいサイアムや民主記念塔周辺のホテルを選ぶのは避けておいたほうがよいように感じられます。記事「好立地!BTSアソーク駅周辺で日用品(お土産含)を購入できるお店リスト 」内で紹介しましたが、日本人には、日本食のある新しくできた日系ホテル「ソラリア西鉄ホテルバンコク(Solaria Nishitetsu Hotel Bangkok)」(公式ウェブサイトはこちら )が人気なのか、Twitterで宿泊した感想がよく目にとまります。日本語情報が充実している様子はホテルのウェブサイトからもうかがえます。 https://www.solariabangkok.com/ja/asq.html


新型コロナウイルス感染症対策ではいまのところ成功していると言われるタイですが、新たな非常事態宣言が出され、緊迫した状況になってきたように感じます。今後、タイへ入国する外国人在住者や観光客が増えてくることが予想されていますが、タイ入国にあたっては、いまタイで起きているデモの動きにも着目しておいたほうがよさそうです。以上、参考になればと思います。



プライベートブログこちら


以下のふたつのブログランキングに参加しています。

1日1回有効で、皆さまのクリックで投票されます。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ランキングへの応援クリックは、皆様からの評価と受け止めています。

いつもありがとうございます<(_ _)>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Taeko

タイ・バンコク3特派員のTaekoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク3特派員
名前:Taeko

Taeko

大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

バンコク3特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク3特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > 【タイ入国】タイで発令中のふたつの非常事態宣言と隔離ホテル情報(2020年10月中旬時点)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について