トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > タイ・バンコクの薬局には、タイガーバーム(TIGER BALM)の製品がずら~り!

タイタイ/バンコク3特派員ブログ

タイ・バンコクの薬局には、タイガーバーム(TIGER BALM)の製品がずら~り!

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 美容・健康・病院 投稿日:2020年7月31日

皆さま、サワディーカー。

picture991_20200720_073935.jpg

タイと言えば、タイ・マッサージ!」と言われることがたまにありますよね。現在、タイ・古式マッサージ店も従来通り営業しているところが多いですが、タイ・マッサージへ行くのはちょっと不安だったり、時間に余裕がないという方におすすめしたいのがタイガーバームの商品です。タイ・古式マッサージ店では、ときどきサービスでタイガーバームなどの薬を塗ってもらえる場合がありますが(私の場合は、背中の凝りがひどいことがあり、そんなときマッサージ師によっては、日によっては、「薬を塗りましょうか?」と聞かれます)、タイガーバームの商品は、たいていタイ・バンコクにあるどこの薬局でも購入できるほど、よく目にする商品です。タイのお土産として購入する人もいますよね。


タイガーバーム(TIGER BALM)の塗るタイプの商品

picture990_20200730_170109.jpg

塗るタイプの商品はタイ製で、値段も手頃価格のミニサイズのもの(約17B~)からあります。筋肉のうずきや痛み、虫刺されによる腫れや炎症に使えるという説明があり、成分は以下のとおりです。

[成分]

ショウノウ 25.0%

ユーカリ油 13.7%

メントール 8.0%

丁子油 1.43%


タイガーバーム(TIGER BALM)の湿布タイプの商品

picture990_20200731_122833.jpg

湿布タイプの製品はシンガポール製。タイ・バンコクにある薬局で大々的に販売されているので、長い間、タイ製と思っていましたが、そのためか、少し割高な感じもしますが、貼っているだけで効果が感じられそうなので、わが家では一番よく購入して、使っている商品です。スポーツをしたあとや重い荷物を持ったあとなど、筋肉痛が感じられたり、心配になった身体部位に貼って使っています。サイズは一番小さいもので、7×10cm(湿布2枚入り)~あります。私は今回10×14cm(2枚入り)を、日系のフジスーパーのレジ近くの薬局で、約79バーツ購入しました。(上から2番目と3番目の写真は、後日7月30日に、Bootsという薬局(ドラッグストア)で撮影したものです)。


[タイガーバームの湿布の種類]

タイガーバームの湿布には2種類あり、どちらも「筋肉痛を和らげるためのもの」と記載されています。日本では、一般的にはスポーツ後、打撲や捻挫直後等、患部が腫れて熱を持っている状態であれば「冷湿布」、慢性的な肩こり等であれば「温湿布」を選ぶと言われているようですが、自分が気持ちよいと思うほうを選ぶとよいと解説する医師もいるようです(タイの薬局で、これらの使い分けについて、薬剤師さんも含め、数人に聞いてみましたが、期待したような解説は今のところ得られませんでした)。

picture992_20200731_102931.jpg

タイガーバームの湿布の成分等を見てみると、違いは2ヵ所あります。ひとつ目の違いは有効成分で、温湿布には唐辛子エキスが含まれている点です。見た目に赤色等はありませんし、温湿布だからといって湿布が熱いわけでもなく、唐辛子エキスの効果なのか、保管状況によるものなのかは不明ですが、私の感覚では温湿布のほうが肌への吸着が強い感じがしました。効き目は温湿布のほうがありそうですが、個人的には冷湿布のつけ心地が好きです。


[タイガーバームの湿布100gに含まれる有効成分量]

冷湿布の「TIGER BALM MEDICATED PLASTER(タイガーバーム・プラスター)」:

ショウノウ 1.0g

ハッカ油 0.6g

ユーカリ油 0.5g

メントール 0.3g


温湿布の「TIGER BALM MEDICATED PLASTER-RD(タイガーバーム・プラスター(赤))」:

ショウノウ 1.0g

ハッカ油 0.6g

ユーカリ油 0.5g

メントール 0.3g

唐辛子エキス 0.2g

picture993_20200731_103109p.jpg

[タイガーバームの湿布の使用方法]

イラストもついています。冷湿布と温湿布ともに、1日に1回または2回、患部をきれいにして乾燥させた状態にしてから、湿布をあて、上から保護フィルムを装着します。温湿布は、冷湿布とのふたつ目の違いになりますが、入浴30分後~入浴1時間前までの使用にするよう追記があります(冷湿布も装着したまま入浴しないほうがよいと思うので、同様の説明があってもよさそうな気はするんですけどね......)。


[タイガーバームの湿布使用上の注意点]

タイガーバームの湿布は、目や粘膜部分、傷口や腫れた皮膚の上には貼らないように注意書きがあります。妊婦や、薬や化粧品等にアレルギーのある方は、使用前に薬剤師に相談を受けるべき、子供の利用も監視下で行われるべき、とあります。


以上、タイ・バンコクの薬局でよく目にするタイガーバームの製品についての紹介でした。今は世界各地で、新型コロナウイルスが猛威をふるっており、現在、タイ・バンコク観光旅行は厳しい状況ですが、収束してタイに来られた際は、タイのお土産や東南アジア旅行のお土産や現地でのボディーケア用品として使うのに参考になればうれしいです。


プライベートブログこちら


以下のふたつのブログランキングに参加しています。

1日1回有効で、皆さまのクリックで投票されます。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ランキングへの応援クリックは、皆さまからの評価と受け止めています。

いつもありがとうございます<(_ _)>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Taeko

タイ・バンコク3特派員のTaekoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク3特派員
名前:Taeko

Taeko

大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

バンコク3特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク3特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > タイ・バンコクの薬局には、タイガーバーム(TIGER BALM)の製品がずら~り!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について