トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > タイ・バンコクのエスカレータ―事情~どちら側に立つ?!

タイタイ/バンコク3特派員ブログ

タイ・バンコクのエスカレータ―事情~どちら側に立つ?!

カテゴリー:お知らせ / 交通・鉄道・航空 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年3月 4日

皆さま、サワディーカー。

2020年2月29日、タイ気象庁は、公式に夏季に入ったことを宣言しました。5月中旬の雨期まで、タイでもっとも暑いシーズンの到来です。


今日は、タイ・バンコクでよく目にするようになったエスカレータ―についてご紹介します。日本では地域差はありますが、エスカレータ―を利用する場合、立ち止まる人は左側で歩く人は右側を使う「左立ち」が一般的だといわれています。大阪で大阪万博が開催された際、国際基準に合わせようと大阪を中心に関西の一部地域では、海外で主流の「右立ち」が一般的になったという説があるようですが、タイ・バンコクではどうなっているのでしょうか。

picture701_20200130_141703.jpg

表示のないところもありますが、気をつけてみると、タイ・バンコクでは「右立ち」の表示があります。大阪出身以外の人には、馴染みがあまりないかもしれませんね。

picture703.jpg

ところが、実際に、タイ・バンコクでエスカレータ―を利用していると、右立ちがさほど浸透していないように感じられるのです。私自身、このことを認識したのは今年に入ってからで、意識するようになってから、エスカレータ―の右側に立っていると、すぐ目の前に立っているタイ人が、私の目の前のスペース(いわゆる右側)をあけてくれることがわりと多いのです。

picture702.jpg

そこにある表示に従えば、歩行者用には左側をあけることになりますが、右に立っていたので、右側をあけてくれたのでしょう。その時、私は前に立っている人を抜かしたかったわけではありませんが、「日本人っぽい人はエスカレータ―を歩く人」というイメージもあったのか、ルールよりもその場の状況を見て判断して、右側をあけてくれたのだと推測します。


人が多い時間帯や場所によっては、表示に従って行動する人のほうが多いかもしれませんが、厳密にどちらに立つべきか決まっていない気がしないでもない印象ですが、タイ・バンコクではエスカレータ―は右立ち歩行者用には左側をあけておくというのがよさそうです。



プライベートブログこちら


以下のふたつのブログランキングに参加しています。

1日1回有効で、皆さまのクリックで投票されます。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ランキングへの応援クリックは、皆さまからの評価と受け止めています。

いつもありがとうございます<(_ _)>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Taeko

タイ・バンコク3特派員のTaekoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク3特派員
名前:Taeko

Taeko

大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

バンコク3特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク3特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > タイ・バンコクのエスカレータ―事情~どちら側に立つ?!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について