トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > ドローン撮影有!タイ王国ナコンパトム県の赤い睡蓮の池

タイタイ/バンコク3特派員ブログ

ドローン撮影有!タイ王国ナコンパトム県の赤い睡蓮の池

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年1月30日

皆さま、サワディーカー。
picture311cDSC02805.jpg

今回は、ナコンパトム県内にある赤い睡蓮の池を鑑賞できる、「レッド・ロータス水上マーケット、英語表記:Red Lotus Floating Market、タイ語表記:ตลาดน้ำทุ่งบัวแดง ณ บางเลน)」をご紹介します。先日、ご紹介した蓮の池を鑑賞できる「マハサワート運河ツアー(Mahasawat Canal Agro-Tourism)」 同様、タイ王国バンコクから日帰りでアクセスできる観光スポットの一つです。ボートに乗りながら、池に咲いているお花を鑑賞することができ、異国情緒あふれる、タイならではの観光地の一つでしょう。

picture312cDSC03066.jpg

マハサワート運河ツアーの蓮池に比べて、レッド・ロータス水上マーケット周辺には、流しのタクシーが全くといってよいほど走っていない感じなので、流しのタクシーでの往復が難しいのではないかと感じる場所でもありますが、パンダバス がツアーを企画し、フリーペーパー『バンコクマダム 』のこちらの記事(Vol.158) で特集されていたことで一躍有名になった観光地でもあります。掲載記事によると、「レッド・ロータス水上マーケット」へのツアーは、大人1500バーツ=約5,214円(子ども1300バーツ=約4,518円)。数日前にネット検索してみたところ、最近は、期間限定で、他の人気の観光スポットと合わせてまわれるツアーもありましたので、参考までに、下記にピックアップしておきます。下記の仏塔とワット・パクナムは公共交通機関で行けなくはないところですが、ツアーで合わせて案内してもらえると快適な観光地です。その他、チャーター車※や、タイで運転できる免許のある方はレンタカーを利用していく方法があるでしょう。チャーター車等で行く場合は、同ナコンパトム県内にあるワット・プラパトムチェーディー(Phra Pathom Chedi、タイ語表記:พระปฐมเจดีย์)やエビの火山焼き(Kung Ob Phu Khao Fai、タイ語表記:กุ้งอบภูเขาไฟ)等に足を運ぶのも良いかもしれませんね。

・REDLOTUS水上マーケットと世界最大級の仏塔 2019年09月30日まで

https://www.pandabus.com/bkk/opss/tourdetail/BKK_RL/

・蓮花マーケットとワットパクナム 2019年03月31日まで

https://www.pandabus.com/bkk/opss/tourdetail/BKK_JTA2/

※ナコンパトムへ行くためにチャーター車を利用したことは今までありませんが、私は、THAI CALL TAX (http://www.thaicalltaxi.com)がわりとお得だと思っていて、日時や場所等の詳細を送り、見積もり依頼(英語)をしてから、利用しています。過去利用時は、時間前には来てくれて、運転も上手でした。)


では、「レッド・ロータス水上マーケット」の楽しみ方をご紹介していきたいと思います。

まず初めに、ボートツアーの申し込みをすることをお薦めします。タイ人と外国人価格が違うという情報をよく耳にしますが、値上がりしたのでしょう。タイ語表記も確認しましたが、外国人もタイ人も同価格で、1人あたり100バーツ(=約347円)です。私が行ったときは、約1時間待ちでした。その間に、池周辺の水上市場や入口近くのカフェで過ごすと良いでしょう。

picture313c20181013_134503_001.jpg

入口近くにある「レッドロータスカフェ」では、タイ料理の「ミエンカム」(129バーツ=約448円)をお召し上がりいただけます。2、3人でいただくとしても結構なボリュームなように感じましたが、旅の記念やインスタ映えにはもってこいかもしれませんね。さらに、このカフェのレストランの階段を上がると、睡蓮の池の全体を見渡すことのできる空間が広がっています。私が訪問した時は、ここには、誰もいなくて、気兼ねなく、写真撮り放題スポットでしたo(^o^)o

picture314cDSC02834.jpg

レストランから出て、池の周りを散歩していると、レッド・ロータス水上マーケットという名の通り、屋台風のお店も見られます。タイ人には、写真の大きなお魚料理が大変人気のようでした。この他、カオニャオ等、日本人に馴染みのあるタイ料理メニューや昆虫食等も目にすることができました。タイ人にとっては、日本の縁日のような感じなのでしょうかね。タイならではの風景で、ここもまた風情がありました。


時間が近づいてきたら、ボートのチケット売り場に戻って、念のため、戻ってきたことを伝えると良いと思います。傘(1本10バーツ=約35円)や帽子(5バーツ=約17円)を借りることもできます。そして、自分の順番が来たら、ボートに乗ります。わりと揺れてちょっと怖かったので、ボートの上では、池に落ちないように、激しく動かない等、気を付けたほうがよいと感じました。池の奥のほうへぐんぐん進んでいくと、「レッド・ロータス水上マーケット」の最大の魅力とも言えるドローンで撮影をしてもらえる所に到着します。ボートを漕いでくれる方が、ドローン撮影を希望するか聞いてくれ、希望すると、随時、何パターンものポーズを指定してくれます。その通りにすると、普段はなかなか見ることのない、ノリノリで、とっても楽しんでいる自分が映った写真データがたくさん完成しています。

picture315_20181013_144721.jpg

ボート乗り場に戻ると、様々な構図やポーズで撮られた写真データを購入することができます。担当者とラインIDを交換し、その場でライン経由で写真データを送ってくれます。数日後、友達ではなくなっています。写真は、1データにつき40バーツ(=約139円)、全データ(撮影枚数は、個人差が少しありますが、通常50枚以上)300バーツ(=約1,042円)です。チェックせず、全て購入しましたが、画質は、最新の携帯電話で撮るよりも良い感じで、予想を超える、大満足の仕上がりでした。機会があれば、別の人とも来て、それぞれの思い出の写真データもほしいな、と思うほどでした。


以上、いかがでしたか。タイでは、5月~11月にかけて、雨季のため、天気も心配になることの多い屋外の観光地の一つ。既に、暑いと感じる時もありますが、比較的暑さがましな乾季に訪問してみるのはいかがでしょうか。

この場所をGoogleMapで確認する

※文中の日本円表記は、1バーツ3.472063円で計算、小数点以下四捨五入(2019年1月30日時点)


以下のにほんブログ村のブログランキングに参加しています。

1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

ランキングへの応援クリックは、皆様からの評価と受け止めています。


いつもありがとうございます<(_ _)>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Taeko

タイ・バンコク3特派員のTaekoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク3特派員
名前:Taeko

Taeko

大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

バンコク3特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク3特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > ドローン撮影有!タイ王国ナコンパトム県の赤い睡蓮の池

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について