トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > タイ・バンコクからの日帰り旅行 ~パワースポット「ピンクのガネーシャ」

タイタイ/バンコク3特派員ブログ

タイ・バンコクからの日帰り旅行 ~パワースポット「ピンクのガネーシャ」

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年12月28日

先日、タイ王国チャチュンサオ県にある寺院「ワット・サマーン・ラッタナーラーム (通称:ピンクガネーシャ)、タイ語:วัดสมานรัตนาราม(Wat Saman Rattanaram) 」へ行ってきました。


日本人観光客の間では、パワースポットやインスタ映えするスポットとして、近年話題になることが多い観光地の一つ。タイ人の間ではヒンドゥーの神様への信仰を示す場の一つでもあります。ピンクのガネーシャ像の周りにいる使いのネズミに願い事をすることで、3倍のスピードで願い事が叶えられることでも有名でしょう。


では、まずは、その見た目からご紹介。

picture241c.jpg

ピンクのガネーシャ像は、全長、横16メートル x 高さ22メートル。タイ最大で、最長と言われる涅槃仏(寝釈迦像)は、ワット・ポーにありますが、横46メートル x 高さ15メートル。高さだけならワット・ポーの涅槃仏以上で、インパクト大ですね!


ガネーシャは、ヒンドゥー教の代表的な神様で、ヒンドゥー教で最も崇拝されている「シヴァ神」(破壊の神)の息子です。太鼓腹の人間の体に、片方の牙が折れた象の頭を持つ、象頭人身像の神様で、4本の腕を持っています。障害を取り除き、財産や成功をもたらすと考えられており、学問・芸術・事業の神様とされています。このピンクガネーシャへも、厄払いのため、学業成就や商売繁盛を祈願するため、参拝者が多く見られます。


続いて、参拝方法についてご紹介します。


日本人には馴染みがないと思いますが、タイには曜日の色があります。曜日毎に、曜日の色が決まっており、タイ人はほぼ全員、自分が何曜日生まれかをも知っています。タイの曜日の色は、以下の枠内に記載した通りです。生年月日を入力すると、自分の曜日を調べられるサイトhttp://calc-site.com/search_dates )がありますので、興味のある方は是非自分の曜日の色を調べてみてくださいね。ピンクガネーシャでは、生まれた曜日のネズミ像にお願い事を囁くことになります。


月曜日:黄色、火曜日:ピンク色、水曜日:緑色、木曜日:オレンジ色、金曜日:青色、土曜日:紫色、日曜日:赤色


ガネーシャ像が横たわっている台座の周りには、曜日ごとに色分けされた7体のネズミの像があります。そのうち、自分の曜日の色をしたネズミ像の耳にお願い事を囁き、祈願します。ネズミにお願い事を囁く際、囁いた願い事が反対側の耳から逃げないようにするため、反対側の耳を塞ぎます。ネズミがガネーシャに願い事を伝えてくれます。

picture242c.jpg

ガネーシャ像の後ろ側に、私の曜日の色のネズミ像も発見!よく見ると、耳には、指一本で抑えられるほどの小さな穴がありました。

picture243c.jpg

また、ガネーシャ像の正面には2体のネズミ像がいます。このネズミ像は、金運にご利益があると言われており、タイ人に、大変人気でした。靴を脱いで踏み台に登り、このネズミ像の耳に、お金に関するお願い事を囁くのだそう。寄進(タンブン)する人も多いです。

picture244c.jpg

祈願を終え、ピンクのガネーシャ像の周辺を歩いていると、様々なものが目に飛び込んできます。一番驚いたのは、ミャンマーのゴールデンロック(Kyaiktiyo Pagoda:チャイティーヨー・パゴダ)を彷彿させるような風景が目に飛んできたことです。3年程前からタイで暮らし始め、何度も行ったことのある友人曰く、以前はなかったそうです。最近は、観光地として、様々なものが周りに建設されているのだとか。。。時間に余裕があれば、合わせて、周辺散策してみるのも良いかもしれませんね。

picture245c.jpg

住所 Moo 2, Tambom Bang Kaeo, Amphoe Muang Chachoengsao, Chachoengsao, 24000, Thailand

アクセス BTSエカマイ(Ekkamai)駅下車徒歩すぐのバンコク東バスターミナルから、ロットゥー(乗り合いバン)で、チャチュンサオ(ฉะเชิงเทรา)県のバスターミナルまで約2時間。そこからソンテウ(乗り合いタクシー)に乗り換え、約30分です。その他、周辺の寺院と市場等を合わせて見て回ることのできる便利なツアーもあります。確認したところ、2019年2月10日(日)に、通常2,000バーツ前後(=約6,804円)のところ、990バーツ(=約3,368円)のお得なツアーもありますので、この時期に来タイ予定のあり、お願い事のある方は、ツアー参加を検討してみてはいかがでしょうか。詳細はこちらのページ (ウェンディ―ツアーのサイトにリンク)に掲載されていますので、興味のある方はご覧になってみてくださいね。リンク先サイトの説明文とスポット名の表記が少し異なりますが、「宝くじが当たる等、願い事が叶う!」ことと大変美しいことで人気のワット・ソートーン、タイ語表記:วัดโสธรวราราม วรวิหาร(Wat Sathon Warraam Worawihan)と百年市場へも行けるようです。

時間 5時~19時

ホームページ http://watsaman56.com/home.html

フェイスブック https://www.facebook.com/WatSaman2556/

参考までに 自力で行く場合、タイ語表記しかない場合が多く、タイ語しか通じない方も多くなるので、Wi-Fiを使えるようにしておくと便利です。利用できない場合は、事前にピンクのガネーシャの写真を見せられるようにしておくと安心です。また、県名の「ฉะเชิงเทรา(チャチュンサオ)」と寺院名の「วัดสมานรัตนาราม(ワット・サマーン・ラッタナーラーム)」をメモしておくと安心です。


この場所をGoogleMapで確認する

※文中の日本円表記は、1バーツ約3.401843円で計算、小数点以下四捨五入(2018年12月28日時点)


以下のにほんブログ村のブログランキングに参加しています。

1日1回有効で、皆様のクリックで投票されます。

にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

にほんブログ村

ランキングへの応援クリックは、皆様からの評価と受け止めています。

いつもありがとうございます<(_ _)>

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Taeko

タイ・バンコク3特派員のTaekoが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク3特派員
名前:Taeko

Taeko

大阪府出身。大学で国際開発・環境問題について学び、大学院で自然環境の再生・創造、環境学習について研究。その後、環境保護団体で勤務(総務・編集業務を担当)を経て、2011年10月から、夫の転勤で、タイのバンコク在住。来タイ後、お菓子・パン作り、写真撮影等の勉強を始める。現在は、タイ語習得及びタイ社会の理解に向けて邁進中。空いた時間に、風景や手作りの食べものを中心に、写真撮影を行っている。
Facebook DISQUS ID @disqus_hbNr1hZAk5

バンコク3特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク3特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク3特派員 > タイ・バンコクからの日帰り旅行 ~パワースポット「ピンクのガネーシャ」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について