トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 地元民に愛されるバンコクの老舗デパート『ザ・オールド・サイアム・プラザ』

タイタイ/バンコク2特派員ブログ

地元民に愛されるバンコクの老舗デパート『ザ・オールド・サイアム・プラザ』

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2022年3月12日

oldsiam2.jpg


サワディーカー。バンコク2特派員のぴっぴです。大都会バンコクの商業施設といえば、ハイブランドの店が集結し洗練されたデパートを思い浮かべるかもしれません。しかし今回紹介するのは、ローカル感満載の老舗モール、「ザ・オールド・サイアム・プラザ」(The Old Siam Plaza)です。


古き良きタイの面影が残る、地元民に愛され続けるスポット。タイ伝統スイーツや民族衣装、シルク製品、ジュエリーなど、数多くの専門店が出店しています。ディープなタイを感じられるこの場所で、一体どんな風景が見られるのでしょうか。


地元民に愛される老舗デパート『ザ・オールド・サイアム・プラザ』とは?


oldsiam3.jpg


「ザ・オールド・サイアム・プラザ」(以下、オールドサイアム)が位置するのは、バンコク最大の中華街「ヤワラート」から少し先にある、インド人街「パフラット地区」にかかるエリアです。最寄駅のMRTサムヨット駅から歩いて約5分。タイ建築と融合した黄色いコロニアル調の建物が目を引きます。



1993年にオープンしたオールドサイアムは、かつては若者に大人気のイケイケスポットだったのだそう。タイ人の友達が、「子どもの頃は、じいちゃんやばあちゃんによく連れて行ってもらったよ」と、懐かしそうに話していました。


oldsiam4.jpg


4階建ての建物は、大きく2つに分かれています。レトロで懐かしさを感じられるデパートのなかを、さっそく散策してみましょう!


1階ホール 「タイ伝統スイーツ」の屋台が大集結


oldsiam50.jpg


モール内は吹き抜けの天井が開放的。イタリア風の列柱に囲まれ、黄色と白を基調とした明るい雰囲気です。エアコンが効いていて涼しく快適。利用客のほとんどが地元民です。


最も見所があるのは、1階ホールのタイ伝統スイーツや惣菜が販売されているエリア。30店舗ほどが軒を連ねていて、縁日のようなワクワク感があります。


oldsiam6.jpg


カラフルでかわいいタイの伝統スイーツはバラエティ豊富。バンコクの街中ではなかなか出会えない商品もたくさんあります。


鶏卵素麺「フォイトーン」、丸い形の卵黄シロップ煮「トーンヨート」、緑豆餡のあんこ玉「ルークチュップ」、ココナッツパンケーキ「カノムバービン」、タイ風ういろう「カノム・チャン」、もち米をバナナの葉で包んだ「カオ・トム・マット」、せんべいにメレンゲがのった「カノム・ブアン」など、ほかにもたーくさん!


oldsiam13.jpg


oldsiam15.jpg


oldsiam14.jpg


oldsiam18.jpg


oldsiam16.jpg


oldsiam12.jpg


惣菜や寿司を売る店もありました。


oldsiam8.jpg


oldsiam7.jpg


ホールにテーブル席はありませんが、ベンチに腰掛けて、できたてホヤホヤを味わうことができます。


oldsiam10.jpg


全体的にローカル価格なので、未知なるタイデザートを試してみるのにうってつけの場所です。


ミセスご用達「婦人服売り場」


oldsiam24.jpg


1階には衣料品の店が集結したホールもあります。若者向けの衣服はあまりなく、そのほとんどは婦人服。


oldsiam22.jpg


oldsiam23.jpg


派手柄で色鮮やかなものが多いです。日本の婦人服とも通ずるものがありますね。


個人経営のタイシルクやジュエリーの専門店


oldsiam27.jpg


オールドサイアムには、ジュエリーやタイシルクを販売する個人経営の専門店も多く出店しています。ジュエリーショップの高級感あふれるエントランスの向こう側では、客がじっくりと商品を吟味しています。


oldsiam26.jpg


タイは宝石の世界5大集散地のひとつとして知られると共に、世界的なジュエリー加工生産地でもあります。オールドサイアムではとくに、指輪などの加工品や宝飾品の専門店が充実しているようです。


2階に上がると、タイの伝統工芸品であるタイシルクを販売する店がずらりと並んでいます。その素材や質感はバリエーション豊富。お手頃価格で上質なシルク生地や既製品を購入することができます。


oldsiam29.jpg


oldsiam33.jpg


oldsiam31.jpg


オーダーメイドでタイ民族衣装やドレス、スーツなどを仕立ててくれる店もあります。生地選びからデザインまで相談して決め、世界でたったひとつのタイ衣装を手に入れるのも、素敵な記念になりそうです。


oldsiam32.jpg


そのほか、KFCなどのファストフードや飲食店のチェーン店、散髪屋、電化製品の店、フードコートなどもあります。1階には銃を販売する「ガンショップ」が並ぶエリアもあり、この辺りを散策するのもおもしろそうですね。


oldsiam40.jpg


■ザ・オールド・サイアム・プラザ(The Old Siam Plaza)


・住所: 2/35-4, Burapha Rd, Wang Burapha Phirom, Phra Nakhon, Bangkok, 10200
・営業時間: 9:00〜21:00
・定休日: なし 
・アクセス: MRTサムヨート駅から徒歩約5分
・駐車場: あり
・電話: 02-226-0156
・Web: 公式HP

まとめ


古き良きタイの面影がギュッと凝縮されたデパート、「オールドサイアム」。その独特な雰囲気が、この商業施設をバンコクで唯一無二の場所にしています。市民の生活を垣間見ながら歴史に思いを馳せるのも、なかなか豊かな時間でしょう。


かなり広くて店舗数も多いので、一通りみてまわると意外に時間がかかるかもしれません。地下鉄を利用すればアクセスもしやすいので、気になった方はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。それでは皆さま、また次回の記事でお会いしましょう!


ぴっぴの個人ブログはこちらから★

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

日向みく さん

タイ・バンコク2特派員の日向みく さんが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク2特派員
名前:日向みく さん

日向みく さん

バンコク在住ライター。岡山出身。2019年9月より夫の仕事の都合でタイに移り住む。中南米やアフリカ、中東を含む世界41ヵ国100都市以上を訪れた旅好きです。バンコクは世界有数の国際都市でありながら、歴史ある寺院や屋台文化、東南アジアらしい混沌とした路地など新旧が共存する懐の深い場所。世界中を旅したけど私はやっぱりバンコクが一番好き! 現地の観光・文化・グルメなど在住者目線の生の情報を随時お届けします。Twitterでもタイ生活のいろいろを発信中。 DISQUS ID @disqus_dgZksfpphN

バンコク2特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク2特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 地元民に愛されるバンコクの老舗デパート『ザ・オールド・サイアム・プラザ』

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について