トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > タイ・プーケット在住のベストセラー作家「咲乃 月音」(さくの つきね)さんにインタビュー

タイタイ/バンコク2特派員ブログ

タイ・プーケット在住のベストセラー作家「咲乃 月音」(さくの つきね)さんにインタビュー

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2022年2月23日

yoshiho1.png


サワディーカー。バンコク2特派員のぴっぴです。今回はタイ在住者インタビュー第8弾! プーケットにお住まいのベストセラー作家、咲乃 月音さん(本名:よしほさん)(55)を紹介します。


明るい大阪弁で描かれ、じんわりあたたかくて、人情味あふれる咲乃さんの小説。その物語は、彼女のどんな生い立ちや経験から紡ぎだされているのでしょうか。


幼少からの夢を叶え、OLからベストセラー作家へと転身した経緯、過去の作品に込められた思い、お母さまとの親子の絆など、その素顔に迫りました。


■咲乃 月音(さくの つきね)のプロフィール


1967年、大阪府出身の女性小説家。現在はアメリカ人の夫・二女とプーケット在住。2007年、執筆した『オカンの嫁入り』が、宝島社主催、第三回日本ラブストーリー大賞「ニフティ/ココログ賞」を受賞し、作家デビュー。同作は翌2008年に書籍化。2010年に宮﨑あおい、大竹しのぶのダブル主演により映画化。累計30万部を売り上げるベストセラーとなっている。



大阪で27年、未婚の母とのふたり暮らし


yoshiho4.png
▲オンラインインタビュー中の様子


――作家「咲乃 月音」さんの素顔に迫るということで、あえて本名の「よしほ」さんと呼ばせてください。まずは簡単な自己紹介をお願いします。


大阪出身、プーケット在住のよしほです。2017年にタイ移住して、最初の3年はバンコク、2020年にプーケットに移りました。アメリカ人の夫、娘ふたりとの家族4人暮らし。毎日子育てに奮闘しつつ、ちょこちょこ作家活動もさせてもらっています。


――生い立ちについて教えてください。


大阪の 江坂 という町で生まれ育ちました。未婚の母とふたり暮らし。母の仕事は夜勤もあったので、わたしは常にどこかに預けられていましたね。


――当時、寂しさを抱えることはありましたか?


それが、案外なかったんです。あったものがなくなると寂しいと思うじゃないですか。でも私の場合、生まれたときから父がいなかったし、母が仕事で留守が多いのもずっと当たり前の生活だったので。


母と一緒に過ごす時間は、短くてもすごく濃かった。機関銃のようによくしゃべる人で、いつも「今日はなにしたん? なに食べたん?」と質問攻め。そのテンポについていけない私に「なんでしゃべらんの?」と聞くので、「だって、お母さんがずっとしゃべってるから...」って (笑)。


yoshiho5.jpg
▲幼少期のよしほさんとお母さま


――どんなお子さんだったのでしょうか?


とにかく昔から本が好きでした。あまりに本ばかり読むもんだから、心配した母が私を水泳教室に通わせたんです。


ほんならラッキーなことに、水泳教室のとなりが「図書館」だったんですよ。水泳教室さぼって図書館いって、ばれへんように水着を水道の水で濡らして帰ってましたね。悪い子でしょう (笑)


――昔から海外には興味があったんでしょうか?


そうですね。私の場合は "英語"に興味をもったのが最初でした。高校のときに出会った英語の先生が、「キミ、英語のセンスあるよ」って言うてくれて、「え、ほんま?」って浮かれて英語好きに (笑)。


7歳からご縁あってガールスカウトにはいってて、16歳のときに1か月半ほどアメリカに行ったんです。海外なんて新婚旅行くらいしかなかった時代。母が「よしほが死なんように」と千羽鶴を折ってくれて、「戦争行くんとちゃうんやから」と (笑)。


yoshiho16.jpg
▲ガールスカウトでお世話になったアメリカ人ファミリー


人生初海外、ものすごい刺激を受けて、「英語でこんなに世界が広がるんや」とワクワクしました。その勢いで、京都の外国語大学に進学。大阪の実家から通いました。


――大学卒業後はどうされたんですか??


新卒で外資系の金融会社に就職しました。まだバブルのぎりぎり滑り込みセーフの年やったんですが、それでも就活は大苦戦。やっと内定をいただけたのが自分とは一番合わなさそうな金融系でびっくりでした。27歳になるまでの5年間、大阪支店で勤めました。



23年の香港生活。アメリカ人男性と国際結婚、出産


yoshiho19.jpg
▲金融会社のOL時代


――なぜ長年住んだ大阪を離れ、香港に住むことになったのでしょうか?


金融会社で働いて5年ほど経ったとき、勤務先の大阪支店がなくなることに。「東京支店に異動や」と言われて、ふと思いました。「愛する大阪を離れるくらいやったら、どっか遠いとこでもいいな」って。


ほかの就職先も探したけど、バブルが弾けたあとで募集もないし。上司に「ほかでポストありませんか?」って聞いたら、「香港支店があるで」と。「私いきます!」と手をあげて、5か月後には香港にいてました。


――そこから23年も香港に住むことになるとは、想像していましたか?


いえ、まったく (笑)。香港行く前に、勤め先のお偉いさんが面接してくれはって、「2 years(2年)」って単語が聞きとれたんで、なるほど「2年契約か」と。でも実際は「最低2年は香港にいてくれなければ困る」という意味だったようで、まったくの勘違い。


今から思えば、そんなお粗末な英語の聞き取りしかできない人間を採用してくれ、その後も働かせてもらえたことに、ほんま感謝です (笑)。香港も香港の人も大好きで、宝物みたいな23年間でした。


yoshiho20.jpg
▲香港のラグビー観戦で「コスプレ」に目覚めた(前から2列目中央がよしほさん)


――香港でご結婚・出産をされていますよね。


はい。夫と出会ったのは、香港で開催された「ラグビー観戦」です。最初の印象はとにかく「やかましい人」。毛深いから自分のことを「ケガニ」って呼んでて (笑)。


でもそこからお互いに少しずつ惹かれていって、7年付き合ったのち、私が39歳のときに結婚。そのあと、娘2人にも恵まれました。



ひとつの応募で夢が実現! OLがベストセラー作家「咲乃 月音」へ転身


yoshiho33.jpg


――よしほさんはいつ頃から「書くこと」がお好きだったのでしょうか?


幼稚園くらいのときかな。昔からずっと、「いつか物書きになりたい」と、ぼんやりとは思ってたんです。当時はいまみたいにブログやSNSがなかったので、ひとりで日記や小説を書いてましたね。


社会人になっても、その気持ちは頭の片隅にずっとあって。でもただのOLやし、夢は夢のままおいといて、歳とってから「ばあちゃんな、昔は作家さんになりたかったんよ」って孫に語る... そんくらいが幸せかもな~、とも思ってました。


――いつなにがきっかけで、「書いて発信する」という活動を始められたのでしょうか?


香港生活12年目の2006年です。ときはメールマガジンの時代。リレー形式で「海外在住者による国紹介」みたいなメルマガがあって、友達がたまたま「香港担当者が日本に帰国するから、よしほちゃん書いてみない?」と声をかけてくれたので、引き受けることにしました。


いざ書き出したら、めちゃくちゃおもしろくて。読者の方からいただく反応も嬉しく、「あぁ楽しいな」「やっぱ私、書くお仕事したいな」って思ったんです。でも仕事にするんやったら、どんな時も書かんとアカンでしょ? 楽しいときだけやなくて、しんどいときも辛いときも。


「とりあえず修行しよう」と思い立ち、当時まわりで流行り始めてたSNS "mixi(ミクシィ)" で、「読んだ人が楽しい、おもしろいと思ってくれるようなもんを、毎日必ず書く!」を目標に、1年間挑戦してみました。1年過ぎてとくに苦痛じゃなかったし、周りの人が楽しんで読んでくださっている感覚もあり、「書くのってやっぱり楽しい! もっとやってみたい!」と思えたんです。


yoshiho35.png
▲咲乃月音のデビュー作『オカンの嫁入り』(著者ご本人より画像提供)


――手ごたえを感じられたんですね。そこから作家デビューまでの経緯は?


ぽつぽつ出版社の公募に応募するようになりました。あるとき『オカンの嫁入り』というタイトルで小説を書き、2007年に宝島社主催の「日本ラブストーリー大賞」に応募。そしたらびっくり仰天、「ニフティ/ココログ賞」という賞をいただき、作家デビューが実現しました。


「作家になる」という長年の夢が叶い、『オカンの嫁入り』は翌年に書籍化、その2年後にはまさかの映画化と、夢が叶いすぎのような数年でした。作家のお仕事だけで生活するなんて、そんなに甘いもんじゃないとは分かっていたんですが、「できるところまで頑張ってみよう!」と、20年近くお世話になった金融会社を退職しました。


――「咲乃 月音」のペンネームは、どうやって決められたのでしょうか?


作家デビューしてたのとき、宝島社の担当さんから「作家さんらしい名字と名前を考えてください」と言われ、最初は本気で「道頓堀ぐりこ」にしようと思ったんです。大阪大好きやし (笑)。でも姓名判断で大凶だったのと、「ふざけるな」とお叱りうけそうやったんで、諦めました。


漢和辞典片手に好きな漢字をいくつか書き出して、そのなかで色々組み合わせてみて、ゴロも悪くなく、姓名判断も大吉やったのが「咲乃 月音」でした。「宝塚みたいな名前ね」って、よう言われます。自分とはイメージ違いすぎやったと、いまだにちょっと後悔してるんですが (笑)。



ベストセラー『オカンの嫁入り』の創作秘話と、オカンへの思い


yoshiho11.jpg
▲『オカンの嫁入り』の映画セットで記念撮影


――『オカンの嫁入り』では「母と娘、親子の絆」が描かれていますが、このオカンのモデルはよしほさんのお母さまでしょうか?


この小説に登場するオカンは、私の「理想のオカン」です。自分の母を反面教師にして書いた部分も、実はけっこうあります (笑)。もちろん、実体験にもとづくことも多いですよ。たとえば私の母はモノをよく拾ってくる人で、そこからインスピレーションを得て「オカンが男の人でも拾ってきたらおもろいな」と思って物語にしたり。


私が「本が出るよ」といったとき、母はホッチキスで留めたペラペラ冊子みたいなのを想像していたみたいで。地元江坂の駅前の本屋で「ちゃんとした本や... うちの娘の本や...」と号泣してたらしいです (笑)


――『オカンの嫁入り』のストーリー構成は、執筆する前からおおまかに決めていたのでしょうか?


私がお話を書くときって、明確な "書きたいシーン" に向かって物語を書き進めていく感じなんです。それが『オカンの嫁入り』では、「ぼくは100年いっしょにおられる他の人より、たとえ1年しかおられんでもあなたといたい」というセリフのシーンでした。


――『オカンの嫁入り』の映画化が決まったときは、どういった心境でしたか?


信じられませんでした。オカン役の大竹しのぶさんはもともと私がイメージして書いていた方で、お話を読んでこころよく役を引き受けてくださって。娘役の宮﨑あおいさんは、たまたま空港で私の本を手にとってくれて、雑誌で紹介までしてくれはったんです。


私ミーハーなんで、出版社の編集さんに「宮﨑あおいさんが雑誌で紹介してくれましたよっ」と大喜びで報告したら、それなら! とご本人と連絡をとってくださり、なんとこちらも映画出演にご快諾。「ウルトララッキーすぎ!」と感激しました。


yoshiho10.jpg
▲手をつなぎバージンロードを歩くよしほさんとお母さま


――よしほさんのお母様は一昨年に89歳でお亡くなりになったとのことですが、どんな方だったのでしょうか?


パワーがあって、強烈で、とにかくすごい人でした。"シングルマザー" なんて言葉もまだない時代、故郷の淡路島から大阪にでて、たったひとりで私を産んで育てて。「あんたが生まれてきたことが長い人生で一番の幸せ、あんたは私の宝物」と、いつもそんなことを言ってくれた母でした。


『上を向いて歩こう』が母の大好きな歌で、「死んだら葬式でかけて」といつも言うてたんですけど... 「死んだときにかけても、しゃあないやん」と、結婚式のとき、この曲をBGMにふたりで手をつないでバージンロードを歩きました。


下を向きたいこともいっぱいあっただろうに、いつも上を向いて笑ってるような、そんな人でしたね。一昨年の彼女のお葬式では約束どおり、『上を向いて歩こう』を流して見送りました。



不妊、流産、ジェンダー差別...... 過去の作品に込められたメッセージ


yoshiho9.jpg
▲作家・咲乃月音さんのご著書


――ご著書『うさぎのたまご』(文庫版改題『オカンと六ちゃん』)で、不妊治療や流産に対する苦悩や葛藤を題材にした本を出版されていますが、これはご自身の実体験をベースに書かれたものなのでしょうか?


はい、実体験にかなりもとづいてます。私は1人目の子どもを43歳、2人目を47歳目前で産んでいて、不妊治療はもちろん、流産も7回ほど経験しました。本に登場する夫婦関係とかは架空ですが、不妊や流産についての知識は自分の体験から得たものですね。


――よしほさんご自身は「ずっと子どもがほしかった」のでしょうか?


30代前半のうちは仕事も楽しかったし、遊びも楽しかったし(笑)、「子どもを産む」とか、あまり考えてませんでした。でも35くらいになって、ふと「オカンが死んだらあたし、独りぼっちになっちゃうな」って思ったんです。


母も高齢出産で、私を37歳で産んでます。彼女もすでに年をとってるし、「やっぱり、家族が欲しいなぁ、子どもが欲しいなぁ」という気持ちになって、39歳で結婚後はすぐに妊活を始めました。


――47歳でのご出産はいわゆる「超高齢出産」に当たると思いますが、これも計画されていたのでしょうか?


いや、まったく。なので、妊娠がわかったときは、椅子から転がり落ちるかと思うほど驚きましたよ。4年以上凍結していた受精卵の最後の残り1個で、「廃棄か、お腹にもどすか」の選択で。捨ててしまうのももったいないし、どうせ芽生えない命やったとしても、私のお腹の中に入れてあげたほうがええかなって、そんな感じやったんで。


看護婦さんに「陽性でました!」って報告したら、「え、ほんとですか!? 落ち着いてくださいね!」と大慌てされて。「いや、キミがや」と逆に冷静になれました (笑)。


yoshiho36.png
▲第一子が誕生したとき


――本にはどんなメッセージが込められているのでしょうか?


不妊治療について少しでも伝えられたらいいな、と思って。当時はいまよりもっと、不妊治療の世界が閉ざされていたんです。私自身、夫と支えあっていたものの、なかなか周囲に相談できないし、心身ともにしんどくなることも多くて。


そんなとき、不妊治療に取り組む女性たちと、ネット上で交流する機会がありました。見ず知らずの彼女たちとの対話でかなり救われたし、「世の中にはこんなにたくさんの方が、赤ちゃんができなくて悩んでるんだ。私にもなにかできないかな」と思ったんです。


ただ、かなり難しい題材ではありましたね。最初に書きあげた原稿を編集さんに見せたら、「不妊治療が辛いという個人的な体験談やグチは、ブログでも書けますから。もう少し学びのある "お話" を書いてください」と言われて。「たしかにそうやな」と思い、全部書き直しました。


yoshiho30.jpg
▲プーケットご自宅の作業スペース


――『ぼくのかみさん』(文庫版改題『僕のダンナさん』)など、いわゆるBL(ボーイズラブ)小説も出版されていますが、なにかきっかけがあったのでしょうか?


私のお友達のなかにゲイの人が何人かいて、彼らと話すなかで感じるモヤモヤがあったんです。たとえば「ゲイや」と分かったとたん、周りの人や初対面の人からさえ「セックスに関する話」をズケズケと聞かれたりすると。


男女のカップルに初対面で会って、「どの体位が好きなんですか?」とか聞かないじゃないですか。でもゲイやと、なぜか "下ネタオッケー" みたいな。ゲイのお友達が「異性カップルと同じように恋愛しているのに、なぜか色物扱いのようなことをされてしまう。辛い」って、ポロっともらしたんです。


その場では冗談でかわしても、彼らはしっかり傷ついてる。彼らの苦悩や葛藤に、なんか少しでも光をあてられへんかなって。そう思って書きましたね。



2017年にタイ移住。3年のバンコク生活を経て、南国リゾート「プーケット」へ


yoshiho13.jpg
▲のんびり豊かなプーケット暮らし


――2017年に香港からタイの首都バンコクへ移住、2020年にはバンコクからプーケット移住されたのはなぜですか?


香港の大気汚染がひどくて、長女が喘息もちだったので、馴染みがあるタイに移住を決めたんです。ところがバンコクに住みはじめたら、こっちも乾季の10月から4月まで空気が悪くて。


あるとき私が冗談で、「じゃあプーケットは?」みたいな話をして、夫とふたり「はっはっは」って笑ってたんですけど... 2、3ヶ月したら「ほんまにそうしようか」という話になり、プーケット移住。ほんま、流木民みたいですよね (笑)。


――プーケット暮らしはいかがですか?


プーケットにきてまだ1年半くらいなんですけど、ここの生活はとても好きです。田舎で、空気がきれいで、のんびりしていて。


ただ、「安心して通えるヘアサロンがない」「日本食レストランが少ない」といった不便はあります。コロナがなければさくっとバンコクに行って美味しい日本食を堪能して、ヘアカットもできるけど、ロックダウンでは9カ月間ずっとプーケットを出られず、さすがにこたえましたね。


yoshiho14.jpg
▲とれたてパパイヤが「ご自由にどうぞ」と置いてあるプーケットの日常


――プーケットに住む期限などは決められていのでしょうか?


とくに考えてないです (笑)。私ね、どんな占い師にみてもらっても「ボヘミアンみたいな人」って言われるんですよ。風の吹くまま、気の向くままに、これからも生きていくんだろうなぁ。



108歳までに「母」として「作家」として、花を咲かせたい


yoshiho32.jpg
▲娘さんたちからの応援メッセージ


――今後の夢や目標はありますか?


子育てもちょっとひと段落してきたので、書くことをまたがんばりたいですね。作品を通じて "なにかあったかいもん" をお届けできたらいいな、って思います。チャンスがあれば時代物にもチャレンジしてみたいなぁ。


なかなか執筆の時間がとれず葛藤する日々だけど、子どもたちも「お母さんなら本、書けるよ!」と応援してくれています。


――よしほさんにとって「書くこと」とはなんでしょうか?


「大切なことを忘れないために書いてる」って感じですかね。作家のお仕事とは別に、ずっと日記も書き続けています。いまは長女、二女、私の分と3冊。『3年日記』という日記帳で、1ページに3年分書けて、3年間の同じ日付を振り返ることができるんですよ。


子どもが言ったこと、子どもに対して私が思ったことなどを、つらつらと書いてます。しばらくして読み返すと、子どもの成長と自分の老い(笑)を確認できるんです。


yoshiho15.jpg
▲長女、次女、ご本人用の『3年日記』


――「座右の銘」は?


アントニオ猪木さんの『道』という詩が大好きです。


"この道をゆけばどうなるものか、危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし、踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ 行けばわかるさ。"


「あーどうしよう」って人生に行き詰まったときも、この言葉を思い出すと、「まぁ考えてもしゃーない、いこ!」って前向きになれる。


私ね、108歳まで生きるつもりなんです。次女が還暦になったとき、一緒に赤い服を着てお祝いしたいから。それまで、母としても作家としても、花を咲かせられるよう精一杯がんばりたいです。


――よしほさん、すてきなお話をありがとうございました!


■咲乃月音さん(よしほさん)のSNSアカウント


Facebook (咲乃月音)
Twitter (よしほ 時々 咲乃月音)
Instagram (Yoshiho_funkybeasty_咲乃月音)


yoshiho50.png



インタビューを終えて


飾らない自然体な笑顔と、親しみやすい大阪弁で、ユーモアを交えながらお話くださったよしほさん。こちらの心がするするとほどけていくようで、その温かいお人柄と、言葉の端々から感じられる愛情深さが、作家・咲乃月音さんが紡ぐ澄んだ優しい文章とぴったり重なりました。


幼少のころ、お母さまとふたりで夜空の月を眺めていた原風景から、ずっと「お月様」が好きだというよしほさん。まさにそのお月様のように、人を包み込む優しさに満ち溢れた女性でした。自由でしなやかに、日々進化し続ける彼女から、今後どんな物語が生まれるのか楽しみです。


ぴっぴの個人ブログはこちらから★

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

日向みく さん

タイ・バンコク2特派員の日向みく さんが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク2特派員
名前:日向みく さん

日向みく さん

バンコク在住ライター。岡山出身。2019年9月より夫の仕事の都合でタイに移り住む。中南米やアフリカ、中東を含む世界41ヵ国100都市以上を訪れた旅好きです。バンコクは世界有数の国際都市でありながら、歴史ある寺院や屋台文化、東南アジアらしい混沌とした路地など新旧が共存する懐の深い場所。世界中を旅したけど私はやっぱりバンコクが一番好き! 現地の観光・文化・グルメなど在住者目線の生の情報を随時お届けします。Twitterでもタイ生活のいろいろを発信中。 DISQUS ID @disqus_dgZksfpphN

バンコク2特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク2特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > タイ・プーケット在住のベストセラー作家「咲乃 月音」(さくの つきね)さんにインタビュー

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について