トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 超絶品!ナコムパトムの「火山エビレストラン」|行き方・値段・感想など

タイタイ/バンコク2特派員ブログ

超絶品!ナコムパトムの「火山エビレストラン」|行き方・値段・感想など

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2022年1月19日

prawn1.jpg


サワディーカー。バンコク2特派員のぴっぴです。みなさん、エビは好きですか? 今回紹介するのは、バンコクの西隣ナコムパトム県にある 「火山エビレストラン(Volcano Prawn Restaurant)」


名物の「エビの火山蒸し焼き」が絶品だと大評判で、タイ人に聞くとみな「知ってる!」というほどの有名店です。この店を訪れた日本人の多くが口にする感想が「人生で食べたエビのなかで一番おいしい」。


ずーっと気になっていた筆者も先日ついに、噂の火山エビを夫婦で堪能してきました。ユニークなエンタメ感満載のパフォーマンスもあり、香ばしいブリンブリンのエビはもう、悶えるうまさ。日本ではなかなか味わえない絶品エビを、ぜひみなさんにも一度食べてもらいたい...!  


本記事では店までのアクセスやメニュー料金、火山エビの感想などを詳しくお伝えします。



火山エビレストラン(Volcano Prawn Restaurant)とは?


prawn62.jpg


「エビ蒸し焼き(クンオップ)が絶品」と噂の名物レストランが、バンコクの西隣ナコンパトム県にある「火山エビレストラン(Volcano Prawn Restaurant)」。タイ語では「クンオップ・プーカオファイ」、直訳すると「エビの火山蒸し焼き」です。


1987年創業で、もともとエビの養殖業を営んでいたオーナーがオープンした店。隣県から購入した稚エビを、店内のいけすで食用サイズになるまで育てているそうです。ネットのクチコミを見ると、「人生で食べたなかで、ぶっちぎりにおいしいエビだった!」など高評価の嵐。これは気になる...!


(※店に直接電話して予約の可否をたずねたところ、不可とのことでした)


火山エビレストラン(Volcano Prawn Restaurant)の行き方


「火山エビレストラン(Volcano Prawn Restaurant)」があるナコムパトム県までは、バンコク中心部からだと、渋滞がなければ車でおよそ1時間~1時間30分ほどの距離です。


レストラン周辺に駅はないので、配車アプリ「Grab」やレンタカーの利用がおすすめ。もしくは電車でナコンパトム駅まで行き、そこからタクシーやトゥクトゥクで向かうこともできます。


筆者が夫婦で訪れたのは、2022年の元旦。10:30に自宅を出発し、車で向かいました。年始早々ということもあって、道はやや渋滞しており、ちょうど昼時に差しかかった12:00過ぎに現地到着。国道沿いに出現する「火山エビ」の大きな看板が目印です。


prawn60.png


ランチタイムのピークを直撃してしまい、広々とした駐車場は満車でした。


prawn65.jpg


店内の雰囲気


店の入り口には、入店待ちの人たちでいっぱい。大盛況です。


prawn64.jpg


男性店員に「大人2名です」と伝えると、「1時間待ちです」とのこと。順番待ちのイスもいっぱいで、座る場所がありません。これは困ったな...


prawn11.jpg
▲順番待ちのイスも満席


「1時間もどうやって時間をつぶそうか」と頭を悩ませていたところ、5分後ほどしたら店員が「席が空きました!」とテーブルに案内してくれました。かなり待たされることを覚悟していたので、「えっ、早くない!?」と拍子抜け (笑)。


おそらくですが、大人数のグループ客が多いなかで、運よく2名テーブルが空いていたんだと思います。いやはや、助かりました。


広々とした開放的な店内には、エアコンの効いた「屋内席」と、屋根ありの「半屋外席」があります。ベビーチェアの用意もあるようなので、子連れでも安心。


prawn50.jpg
▲屋根ありの「屋外席」


prawn52.jpg
▲屋根ありの「屋外席」


敷地の奥に進むと、池の上に浮かぶ屋外席や、子どもが遊べるブランコもありました。暑すぎなければ、とても気持ちよさそう。


テーブル席の指定ができるかは不明なので、希望があればお店の人に聞いてみてくださいね。


prawn10.jpg
▲池の上に設置された「屋外席」


我々は「室内席」に案内してもらいました。中華料理店にある回転テーブルがいくつが設置され、大人数のファミリーが和やかに、食事と歓談を楽しんでいます。


prawn51.jpg
▲エアコン付きの「室内席」


prawn66.jpg
▲エアコン付きの「室内席」


メニュー・値段


prawn8.jpg


メニュー表にはタイ語だけでなく、英語表記や写真もあって見やすいです。1ページ目を開くと、お目当て「火山エビ」の写真が出現。 


「火山エビ」には大・小の2種類があり、キロ単位でオーダーできます。大は800~900バーツ(1キロ)、小さいは550バーツ(1キロ)。


大サイズはほぼオスで、見ごたえや食べごたえを重視する人、エビミソが好きな人におすすめ。小サイズはほぼメスで、エビの卵が好きな人はこちらを選びましょう。


prawn53.jpg


「火山エビ」のほかに、魚介料理やトムヤムクン、ドリンク、デザートなども充実していて、なかなかメニュー豊富です。


prawn55.jpg


prawn56.jpg


さっそく「火山エビ」と、そのほかサイドメニューをいくつか注文。担当してくれた店員は英語がほとんど話せない方でしたが、メニューを指差せば伝えられるので、タイ語が話せなくてもなんとかなると思います。


いざ、実食!


しばらくして最初に登場したのが「エビのチリとガーリック炒め」。黄金色にパリパリと揚がったエビにガブっとかぶりつくと、ガーリックの香ばしい風味がよく効いていて、甘辛い味付けもおいしい! 2人でちょうどいいくらいの量でした。


prawn4.jpg


続いて、ナムプラーやオイスターソースで味付けされた「空心菜炒め」。シンプルな料理ですが、日本人好みの味付けで、シャキシャキ食感がたまらない。箸休めにもぴったりです。


prawn5.jpg


続いて「カニチャーハン」が到着。カニの旨味たっぷり、優しい味つけでおいしい。全体的にかなり料理のレベルが高いと思います。


ちなみに一品のボリュームがかなり多めなので、注文の際はお気を付けくださいね。


prawn6.jpg


カニチャーハンがきてから、さらに20分ほど待ちました。この待ち時間はけっこう長いけど、混雑しているから仕方ないのかな?


「まだかなまだかな」とずっとソワソワしていると、ついに...ドォーン! 主役の登場です。「火山エビ」の名のとおり、火山を模した「蒸し焼き器」の底には、エビがぎっしりと並べられています。


prawn7.jpg


ここからパフォーマンスを見せてくれるので、みなさんカメラのご準備を。


店員が蒸し焼き器の噴火口に、なにやら液体を注ぎ入れます。着火すると、「ボッ」と炎が燃え上がり...


prawn3.jpg


ファイヤー!! 火山のてっぺんから「ブオォー!」と噴火しております!笑 このファイヤーショーに、まわりの客も大注目。これはエンタメ感満載だわ...!


ファイヤーショーは5秒ほどで鎮火して「一瞬の出来事」なので、お見逃しなく。


prawn2.jpg


ただし、これはあくまでパフォーマンス。エビはすでに厨房で火が通してあります。


店員さんが火山のフタをとり、まだオレンジの炎がほのかにゆらめく巨大エビと、いよいよご対面! う~ん、香ばしい匂いがたまらない...!


prawn67.jpg


この大きさ、伝わるでしょうか...エビの表面は、香味油でぬらぬらと輝いています。


prawn1.jpg


熱々の殻を剥くと、ブリンブリンの海老の身が出現。プリプリというより、もうブリンブリンなんです。ガブっとかぶりつくと、口いっぱいに広がるエビの旨み。


さらに、エビにからまった「秘伝のタレ(香味油)」が絶品。醤油ベースのような甘辛い濃い味で、エビによく染みています。指を油でベットベトにしながら、無心で貪るように食べました。これはうまい...うますぎる!(語彙力を失う)


大サイズのエビの醍醐味であるエビ味噌は、濃厚でクリーミー。カニチャーハンに香ばしいタレをからめて食べると、これがまた相性抜群で悶えるうまさなので、ぜひ試していただきたい。大人2人で、全部ペロリとたいらげてしまいました。


「殻をむくのが面倒」という方は、店員さんに頼めば丁寧にむいてくれるので、ご安心を。ただ個人的には、自分たちで「熱い、熱い!」と殻をむいてエビにむしゃぶりついた方が「うまさ倍増」な気がしておすすめです (笑)。


ちなみにお会計は、2人合わせてトータルで1,340バーツ(約4,700円)でした。エビはちょっとお高めですが、食べごたえ抜群で、値段以上の最高の体験ができました。あ~幸せ!


■火山エビレストラン(Volcano Prawn Restaurant)


住所: 885, Petchkasem Road, Tambon Sanam Chan, Amphoe Mueang Nakhon Pathom, Nakhon Pathom, 73000
営業時間: 10:00~21:00 (年中無休)
電話: 03-424-1109
駐車場: あり
Web: Facebook

まとめ


一度食べたら病みつきになってしまうエビ料理の名店「火山エビレストラン(Volcano Prawn Restaurant)」。バンコクからは少し距離がありますが、このエビのためだけに足を運ぶ価値は、大いにあります。


ナコムパトム県はガイドブックにはあまり登場しませんが、実は見所が多い場所。「蓮の花の水上マーケット」や巨大な龍が巻きつく「ワット・サームプラーン」という有名寺院など、周辺の人気観光地と合わせて、バンコクから日帰り旅行をするのにもおすすめですよ♪


タイでも新型オミクロン株が蔓延しており、自由にタイ旅行をするにはまだハードルが高い状況ではありますが... 今後のタイ旅行のプラン作りになにか参考になれば幸いです。それでは皆さま、また次回の記事でお会いしましょう!


ぴっぴの個人ブログはこちらから★

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

日向みく さん

タイ・バンコク2特派員の日向みく さんが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク2特派員
名前:日向みく さん

日向みく さん

バンコク在住ライター。岡山出身。2019年9月より夫の仕事の都合でタイに移り住む。中南米やアフリカ、中東を含む世界41ヵ国100都市以上を訪れた旅好きです。バンコクは世界有数の国際都市でありながら、歴史ある寺院や屋台文化、東南アジアらしい混沌とした路地など新旧が共存する懐の深い場所。世界中を旅したけど私はやっぱりバンコクが一番好き! 現地の観光・文化・グルメなど在住者目線の生の情報を随時お届けします。Twitterでもタイ生活のいろいろを発信中。 DISQUS ID @disqus_dgZksfpphN

バンコク2特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク2特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 超絶品!ナコムパトムの「火山エビレストラン」|行き方・値段・感想など

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について