トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 【タイ人育成の極意】バンコクの日系美容室オーナーにインタビュー

タイタイ/バンコク2特派員ブログ

【タイ人育成の極意】バンコクの日系美容室オーナーにインタビュー

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2021年9月28日

010.png


サワディーカー。バンコク2特派員のぴっぴです。今回はインタビュー第3弾! バンコクの日系美容室オーナーの森一樹(もり かずき)さん (31) に、タイでの起業を決意するまでの経緯やうつ病に苦しんだ過去、コロナ渦での開業、タイ人マネジメントのコツなどについて語ってもらいました。


コロナ禍での開業にもかかわらずサロンの経営を軌道に乗せ、2021年4月には2店舗目をオープンされた森さん。タイで起業を考えている方やすでに現地で働いている方にとって「タイでの起業」「タイ人育成」におけるなにかヒントが見つかるはずです。


幼少からタイは身近な存在だった


森さん.jpeg


――それでは森さん、まずは簡単な自己紹介をお願いします。


皆さんこんにちは、京都出身の森です。現在はバンコクで日系美容室「S.」「F.」という2店舗のオーナーをしています。タイ在住歴は今年2021年で5年目。2016年に渡タイしてから日系美容室で3年半ほど下積みをしたのちに独立しました。シャンプーソムリエと日本の心理コーチング資格を保有するスタイリストとして、日々お客様をより美しくするお手伝いをさせてもらっています。


――タイで起業しようと思ったきっかけと経緯について教えてください。


タイ好きな祖父の影響で、物心ついたころから「タイ」という国は身近な存在でした。彼が旅行のたびに買ってくるトムヤムクンペーストがつねに自宅にストックされていたし、タイ料理をよく食べさせられて辛いものに慣れていましたし、小学生のときは不本意でしたがムエタイパンツを履かされてましたね (笑)。


僕が高校生のとき、定年退職した祖父がはじめてタイに連れていってくれたんです。当時のタイは経済成長まっただなか。BTSが開通したばかりで、とくにプルンチットやシーロムなどのエリアの開発が進んでいました。ルイヴィトンなんかのブランド店がずらりと建ち並び、想像以上に大都会なバンコクに驚きましたね。現地で出会ったタイ人は優しくて、ゆるくて、日本人へのリスペクトも感じました。


そこから定期的に祖父は僕をタイ旅行に同伴させました。彼なりの意図があったのでしょう、1食15バーツや20バーツのローカル屋台飯だけでなく、高級料理店でも食事をさせてくれました。富める者と貧しい者、あまりにも大きいタイの格差社会を肌で感じましたよ。


――なるほど。おじいさまの影響が大きかったのですね。


はい。祖父はかなり破天荒な人間でしたが、僕は彼の遺伝子を強く受け継いでいたのか根っこの部分が似ていたのかもしれません。そして祖父は当時、僕によくこう言い聞かせました。「これから東南アジアの時代がやってくる。かずき、将来タイで美容室を開いたら絶対成功するぞ」って。


高校2年で「軟骨損傷」の大手術。絶たれた野球選手の夢


9658CFA7-7CA8-4E90-B7F9-B313F052749C (2).jpeg
▲京都の高校で野球に全力投球していた時代


――美容師になるというのは、いつ頃から思い描いていたのでしょうか?


実は僕の家族は、祖父以外みんな美容師の「美容師家系」なんです。両親も祖母もその親戚もみ~んな美容師。でも僕は昔から両親に「お前は美容師には向いていない」とずっと言われていたし、野球選手を夢みる野球少年だったので、将来美容師になろうとはまったく思っていませんでした。


野球の特待生として高校に入るところまでは良かったのですが、まわりのやつらは本当にすごくて、自分の実力で野球選手になるのは無謀だと気づいてしまいましたね。高校2年のとき短期アメリカ留学をする機会があり、その自由な空気感にふれて「海外で働くのもありかな」という感情がぼんやりと芽生えたんです。


――海外留学がひとつの転機になったんですね。


はい。でもそれ以上の大きな出来事が「脚の大手術」です。留学から帰ってしばらくしたとき「軟骨損傷」という病気で脚を痛め、移植手術をすることに。大手術が終わったあとは2ヵ月間の入院。病室で「もう野球の夢は絶たれた。これからどうやって生きていこうか」といろいろ考えました。


これまで野球しかしてこなかった自分。イチから勉強して大学にいくのは正直厳しい。自分にあるものってなんだっけ......? そうやってじっくりと自分のコア分析をした結果、そこで初めて「美容師になろう!」って思ったんです。


「お前のせいで恥をかいた!」父親の言葉に傷つき「うつ病」発症。どん底の日々。


236884624_10222769440576431_4021823280681588296_n (3).jpg


――高校卒業後の進路はどうなったのでしょうか?


高校を卒業して20歳のとき上京して、東京青山にある芸能人御用達の有名美容室に入社しました。高い倍率を勝ち抜くことができたので、とてもうれしかったですね。で、美容師免許をとるための国家試験を受けようと意気込んでいたとき、タイミング悪く脚の再手術をすることになりました。


「技能テスト」は合格したものの、手術の影響で「筆記テスト」をまともに受けられず、次の募集は1年後。仕方なくそのまま働いていました。実は国家資格なしで美容師を名乗ることは違法だったのですが、当時は暗黙の了解、有名な美容師でもあたりまえのように美容師免許なしで働いていたんです。


ところがあるとき、その実情が世間に露呈して美容師業界に大バッシング。時代の流れが変わりました。その流れを受けて、僕も「美容師の国家資格がない」ということでクビになってしまいました。


F94C1BBA-71B5-41F4-8513-747E171CA241 (2).jpeg


――なんと、クビですか......その後はどうされたのでしょうか?


とても落ち込んで親父に相談すると「いったん京都に戻ってこい」と言われ、親父の知っている京都の美容室で働かせてもらうことになったんです。が......そこからがさらなるどん底生活の始まりでした。その美容室は京都でかなりの有名店でしたが、完全なるトップダウン経営で現場が疲弊。新人社員への教育もままならない状況でした。


さらに美容師業界で名の知れた親父の息子が入社したことで、スタッフ全員が僕のことを「コネ入社のスタッフが入ってきた」と軽蔑してきたのです。ボクは毎日のように「お前のヘアスタイルはモサい」など嫌味を言われ、精神的な圧力も強くて不穏な空気が漂っていました。


しかし一番タチが悪かったのが親父。彼は酒で酔うと暴言を吐き、翌日にはそのことを忘れるタイプの人間。美容師仲間との飲み会へいくと、酔った勢いでこんなことを言うんです。「俺の息子はヘタレだ! 俺がせっかく働かせてやってるのに怠けるばかりで、本当にどうしようもないヤツだ」。


040.jpeg


「森の息子はヘタレ」という話はあっとういう間に京都の美容師業界に広まりました。僕が美容師セミナーに行くと、みんなにクスクス笑われるんですよ。職場では「お父さんに甘やかされたのかもしれないけど、我慢して働かなきゃだめだよ」と嫌味を言われ続け、限界がきたある日、辞職を決めました。


僕が店を辞めることを知った親父が「ヘタレ息子がまたやらかした」と飲み会で周囲に当たり散らすと、京都の美容師界で偉い人が「森さんの教育が甘いんだ。息子に甘んじてるから」と親父に言ったんです。その日の深夜2時、酔った親父が僕の部屋にきて「お前のせいで俺は恥をかいた! どうしてくれるんだ! 責任とれ!」って。そんなことが何度も続いて精神的に病んでしまい、21歳のときに「うつ病」を発症しました。


――そうだったんですね......うつ病にはどのくらいの期間向き合われたのでしょうか?


約2年です。21歳で発症して23歳のときに完治したんですが、そのあいだも地獄でしたね。とにかく親父から離れたくて親父と関わりがないサロンを探し続け、ようやく見つけた店で働き始めたんですが......そこもブラックな職場でした。


社内教育レベルが低く、指名売り上げでたくさん稼いでも正当に評価してもらえず給料は安いまま、先輩社員からの嫌がらせは日常茶飯事、さらに給料改ざんが発覚してオーナーともめて......そんな日々でした。職場でも家でも大きなストレスを抱えていました。


うつ病の症状を抱えながら働くのも、かなりキツかったです。カットの練習してるとき、親父の「お前のせいで恥をかいた! どうしてくれるんだ!」って声がガンガン聞こえてくるんですよ。必死に残した貯金で病院に通い、年間50万ほどかけて美容セミナーに参加し続け、なんとか踏ん張って国家資格である「美容師免許」をとりました。


――その状況から逃げたくはならなかったですか?


いつもそう思ってました。家からも職場からも逃げたいと。美容師ワーホリがあることを知って「ロンドンのサロンで働きたい」と英語の勉強をし始めたのもこの頃ですね。うつ病と向き合うために「心理学」の勉強も学び始めたんです。


「自分自身の分解」をするために心理学を学んだ


236839662_10222769439256398_2340640958513822624_n (2).jpg


――うつ病がきっかけで「心理学」を学ばれたんですね。なぜ「心理学」だったのでしょうか?


「自分自身の分解をするため」です。心理学を通じて心のメカニズムを学び、自分のことを客観的に分析することでずいぶんと楽になりました。あとは「これからの人生を輝かせるにはどうすればいいか」を本気で知りたくて。


心理学を勉強するなかで「僕と似たような境遇にある人を救いたい」とも強く思いました。なぜって、うつ病で苦しんでいた僕自身が本当に心理学で救われたから。その後も100万円かけて心理学アカデミーに通い心理コーチングの資格をとりました。


――その後、なぜタイで働くことになったのでしょうか?


ブラックサロンの給料改ざんが発覚した1ヵ月後に、オファーをもらったんです。オファーをくれたのは親父の知人である60代の岩手出身カリスマ美容師で、メーカー企業の社長も兼任しているすごい人でした。彼が京都で美容セミナーをするということで、僕がその手伝いを任されたんです。


022.jpeg
▲シャンプーソムリエの認定試験に晴れて合格したとき


いろいろな話をするなかで、社長は僕の薬剤やケミカル知識を高く評価してくれました。セミナー終了後の夜、飲み会の席で社長が突然「かずきさぁ、海外の美容室って興味ある? タイなんだけど」と聞いてくれて......僕が二つ返事で「はい!」というと、すぐに社長がタイ現地の美容室に電話をして、その夜のあいだに採用の話がつきました。いやぁ、すごいスピード感でしたね。


そのあと「辞めたい」と告げたはずのサロンと揉めてしばらくゴタゴタしたのですが、8ヵ月後の2016年11月、26歳のときにようやくタイに渡ることができました。


――現在お父様とはどういった関係性でしょうか?


親父のことを尊敬はしているし、助けてくれたこともあって感謝もしています。ただ、当時を思い出すと辛くなるときがありますね。親父は僕のことを決して「嫌い」とかではないんです。むしろ愛情の裏返しで「俺がいろいろしてやらねば息子はなにもできない」と思い込み、僕をずっと自分のモノにしておきたかったみたいなんです。


でもいまは、自分の力で積み上げて成長した僕のことを認めてくれています。いや~それにしても、あの数年間は本当にしんどかったなぁ!笑


タイ人の友達の助けをかりながらコロナ禍での開業。想像の2倍はたいへんだった


F2E134B3-FD8B-403D-8ED6-99B475E8B126 (3).jpeg


――渡タイされて最初の3年半は日系美容室で経験を積まれたとのことですが、当初から後に独立することを視野にいれていたのでしょうか?


はい。タイに渡ってからすぐに働かせてもらった日系美容室では、入社の段階で「3年ほど働いたら独立します」という意向は伝えていました。


これまでの長い下積み生活のおかげで貧乏生活も全然苦じゃなくて、最初の2年くらいは節約しながら起業に向けてお金を貯めました。日本での苦しい環境から晴れて自由になり、もう夢のようでした。


――独立するにあたり、具体的にどんなことをされたのでしょうか。


実際に独立するとなると、税金のシステムやワークパーミットの入手方法など、さまざまなことを把握しておく必要がありました。そのリサーチに四苦八苦していたところ、とあるサロン経営者と仲良くなって、その人が僕にいろんなことを教えてくれたんです。


その経営者が僕に「俺が所有している空き店舗を買わないか?」という話をもちかけてくれたので、速攻で買いましたね。これがなかなかの古物件でたいへんでしたが、リノベーションしてきれいにしました。


C78EF7D6-3D84-4BBC-9657-C55E6298B590 (2).jpeg


タイで起業するには4人以上の従業員が必要なので、タイ人の友人に人材紹介や面接をしてもらったり、facebookに求人募集ページを開設したりしてスタッフを集めました。


そうやって開業にむけて順調に進んでいたと思ったんですが、そこにやってきたのが「コロナ」ですよ(笑)。でも「絶対にやってやる」と決めて、コロナが襲来してまもない2020年5月に、1号店である美容室「S.」をオープンしました。


――コロナ禍での開業というのはどういった状況だったのでしょうか?


当時のことはたいへんすぎて、正直あんまり記憶がないですね(笑)。コロナ対策でサロンの営業が規制されることもたびたびありましたし......生き残るためにとにかく必死でした。3年半タイに住んでいたのでタイ人のことはそれなりに理解しているつもりでしたが、サロン立ち上げ当初はタイ人スタッフとのコミュニケーションがまったくうまくとれず、想像していたよりも2倍はしんどかったです。


サロン最大のオリジナリティーは「付加価値」


FABD4A71-BFC0-4279-98E4-6C8D5F0DF71B.jpeg


――森さんのサロンの特徴としてはどういったものがあるのでしょうか?


「付加価値」のあるサービスです。うちのサロンの料金は少し高めの設定で、開業当初は「そんな高いお金を払うお客さんなんてこないよ」とたくさんの人に馬鹿にされました。でも僕には、その金額以上の付加価値があるサービスを提供できる自信があったんです。


――その「付加価値」とは具体的になんでしょうか?


「美容院=ヘアカットやカラーをするための場所」だけではなく、シャンプーソムリエとしての薬剤やケミカル知識を活かしてお客様の髪質に合うベストな処置を行います。また施術中には心理コーチングの知識を活かし、お客様おひとりおひとりの話に耳を傾け、求められれば心理学の観点からコーチングさせてもらうこともよくあります。実際に「森さんに人生相談しにきた」とご来店されるお客様もかなりいらっしゃいます。そういった付加価値こそがうちのサロンのオリジナリティーなんです。


もちろん持続的にお客様に喜んでいただける最高のサービスを提供できるよう、日々勉強にも励んで知識のアップデートも怠りません。そうやってサロンを運営した結果、なんとか経営を軌道にのせることができ、ありがたいことにリピーターのお客様も増えて、今年4月には2店舗目をオープンすることもできました。


僕らサロン経営者にとってコロナは確かにピンチですが、ピンチをチャンスに変えるのは割と得意だと思っています。なんてったって僕の人生はこれまでピンチだらけで、それを克服し続ける人生だったので(笑)。


7F19E2FE-8076-405E-BCFA-AFAA00CC4873.jpeg


――森さんは美容師のお仕事のほかにも「サイドビジネス」をされているということですが、どういったものがあるのでしょうか?


現在は心理カウンセラー&コーチングの仕事や、バンコクの日系飲食店向けに心理学にもとづくインスタ運用のお手伝いをさせてもらっています。これまでだと大手企業の駐在員や多店舗展開している居酒屋さん向けのセミナーに関わったこともありました。


コロナ対策の規制でサロンの営業が禁止されたときは、サイドビジネスでの収入が毎月いくらかあるので助かっていました。


――サイドビジネスについてはどうやってマネタイズされたのですか?


興味がある心理学の勉強を続けていたら、あるとき僕の心理学の先生が「マネタイズしてみれば?」とその方法を教えてくれたんです。人の役に立つこと、喜んでもらえることをすれば、誰でもやり方によってはマネタイズできますよ。


908180DC-F247-4D50-9253-DB866FC1E48F.jpeg


――森さんご自身の経験をふまえ、タイで起業するにあたっておさえるべきポイントのようなものはありますか?


僕が思うベストなプロセスは「タイで数年暮らしてから起業」です。個人としての能力が高く楽観的な方ならうまくいく場合もありますが、一般的には「現地に着いてすぐ起業」だとかなりハードモードだと思います。


タイでの起業には「コネ作り」が非常に大切です。まずは2、3年タイで暮らしながらタイ人の友達をつくり、同業の社長さんと仲良くなるんです。店をまわせるレベルくらいのタイ語は勉強しておいたほうがいいでしょう。


正直ルールブックに載っていないことも多いので、なかにはキャバクラで知り合った女の子にお金を払って手伝ってもらうとか、大金を払って会社を買うとか、そういった裏技を含めさまざまなパターンもありますが......株主権利をはく奪されて会社をタイ人にのっとられてしまったパターンもよく聞くので、くれぐれも気をつけてくださいね。


タイ人スタッフにはボトムアップの教育で粘り強く付き合う


238831184_10222769438536380_5246878317957478234_n (2).jpg


――初期のメンバーは美容師経験者だったのでしょうか?


ひとりだけスタイリスト経験者がいましたが、その子以外は全員未経験のゼロスキルでした。実はタイでは一般的に「美容師は貧しい人の仕事」とされていて、面接にきてくれたタイ人の多くは貧困家庭の出身者や、教育を十分に受けていない人が多かったです。


でも選り好みする余裕なんてないし、面接にきてくれるだけでありがたかったので、「絶対あかんわ」という人以外は全員採用しました。


――未経験者のタイ人スタッフを一から育てるのってすごくたいへんそうです。


サロンを開業してすぐのときは予期しないトラブルだらけで、本当に毎日パニック状態でした。いきなり早朝にスタッフから「今日で辞めます」と連絡がきて店に来ないなんてことは日常茶飯事だし、仕事を指示しても勝手に自分で判断してしまうし、頼んだことすらやってくれないこともザラでした。


タイ人の傾向として、自分の損得を考え「自分にとってやるメリットがない」と思ったことはやらないということが多いです。やる気がない、すぐさぼる、言い訳が多い、自分のミスをすぐ誰かのせいにする......最初はそんなスタッフばかりでした。


――その状態をどうやって打開されたのでしょうか?


なぜ彼らがそのような状態になってしまうのか因数分解してみたんです。そこから導きだしたのは「彼らは知らないだけ、道徳教育を受けていないだけ」だということ。だからまず「なんのために仕事をするのか」やる意味を理解させることから始めました。


DCAC95E3-AEBC-4DAE-B9F5-54708AE62627.jpeg


――「やる意味を理解させる」ために、具体的にどういったことをされたのでしょうか?


彼らが仕事をする意味をわかってくれるまで最終ゴールまでのストーリーを一つひとつ全部説明するんです。会社の経営理念、この仕事をこういう風にすればお客様が喜んでくれる、お客様が喜んでくれたら売り上げが上がる、そうするとあなたの評価や給料が上がる、そうすればあなたの家族が喜んでくれる、いい生活ができるようになる......そんな感じです。


――なるほど。かなり粘り強さが必要になりそうですね。


まさにです。粘り強さが本当に重要なんです。僕はスタッフに仕事を任せるとき、彼らのミスをカバーできる状態をしっかり想定したうえで任せます。ミスをしたら「なんでミスしたかわかる?」と聞いて原因と改善策を一緒に考えます。そこで「すぐできるようになるだろう」と決して甘んじてはいけません。ミスを繰り返したら、僕も同じように確認や説明を繰り返します。


ボトムアップの教育にもこだわっています。上から「この仕事をやっとけ」というトップダウンの教育では、彼らの仕事は作業的なレベルにとどまってしまいます。そうではなく「こうやったらお客様が喜ぶよ」といった説明の仕方にして、何かができるようになったときは適当に褒めるのではなく「明確に褒める」ことを意識しています。


タイ人は自尊心が高い人が多いので「僕はあなたにとても期待している」と定期的に伝えることも大切にしています。彼らが自分の頭で考えて動けるようになり、技術が彼ら自身のものになったとき、実は日本人よりもミスが少なくなるんですよ。彼らのポテンシャルを引き出せるかどうかは、僕ら次第なんです。


――森さんが「人材が育ってきている」と感じたのはいつ頃でしょうか?


起業して10ヵ月ほど経った頃、彼らのヒューマンリテラシーが上がってきているという強い実感がありました。いまではしっかりとスキルが身につき、僕が指示しなくても自分たちから動いてくれるようになり、信頼できる立派なスタイリストやアシスタントも生まれました。


僕もいろいろと経験をかさねるなかで、タイ人向けのマインドコントロールのコツを徐々に掴めてきました。いまなら美容師としての経験ゼロの新人がきたとしても、入社1ヵ月でシャンプー、2ヵ月でヘアカラー、3ヵ月でストレートアイロン、4ヵ月で1人前のスタッフとしてかなり動けるレベルまで育てられると思います。


スタッフに「やる気」がなければ「知識」を与えよ


012.png


――タイ人育成やマネジメントで大切なことってなんだと思いますか?


ひとつめはメンタルブロックを解除することです。たとえば「彼氏はどんな人?」「お菓子あげるよ」とかなんでもいいので、仕事以外のプライベートな話をして、彼らの警戒心をといて心の距離を近づけます。


もうひとつ重要なのが「知識を与える」こと。


――えっ、知識ですか?


はい。やる気の根源ってなんだと思いますか? それは「目標」です。そして目標の根源は「夢」。彼らには夢がなかったんです。心理学の世界では夢の根源は「知識」とされています。つまり知識があるから僕たちは夢を見ることができるんです。


野球というスポーツを知っているから野球選手になりたいと夢を抱くし、海外旅行で飛行機に乗ったことがあるからCAになろうと思うし、病院にかかったことがあるから医者や看護師になりたいと思うはずなんです。その職業を知らなければ、夢を抱くことはないですよね。


だからスタッフには知識を与え、そこから彼らの夢や目標をイメージさせました。たとえば「このカラーとこのカラーを混ぜたらこんなきれいな色になるんだよ」といった感じで知識を与え、そこから「このカラーができるようになったらお客さんが喜んでくれるね。そうしたら君の評価が上がって給料もこのくらいまで上がるよ。そうしたら今よりいい暮らしができて家族も喜ぶね。意外と難しくないよ」って。


そうするとスタッフは「私でも変われる。私でも稼げる。頑張る意味がある。評価してもらえるんだ」と気づき、自ら変わろうと努力するようになります。


今後はタイ人向けのタイ人育成マニュアルを作りたい


0211BC14-B464-4AA6-A21B-185273BFC6AB.jpeg


――今後の事業展開やビジョンについて教えてください。


おもに3つの構想があります。ひとつは、タイ人を30人ほど雇って新しい美容室をつくり、そこでいい美容師を育ててフランスチャイズで独立させることです。


ふたつめは、タイ人育成で悩んでいる日本人向けに、優秀なタイワーカーを育てるためのマニュアルやシステムを構築することです。とくに小規模の商店や飲食店などのコンサルティングに力を入れていくつもりです。


3つめは、タイ人育成をするタイ人向けのマニュアルやシステムを構築することです。タイ人が自分たちの力で質の高い人材育成をおこなえる状態までもっていくことが僕のゴールですね。


――タイ全土に日系企業の数はかなり多いですが、日本人とタイ人の相性についてはどう思われますか?


実は日本の教育システムって、タイ人にフィットしやすいんです。たとえば欧米企業だと厳しい成果主義を採用しているところが多く、言い方はよくないですが割とすぐに「奴隷化」してしまう傾向があります。


でも日本はそうじゃない。日本人は「なにかを育てて能力を底上げするスキル」が世界的にみてもめちゃくちゃ高いんです。過去のパラオにおける日本統治なんかがいい例で、昔からそうなんです。


僕はタイ人のワーキングリテラシーを底上げし、本当の意味でタイ人の地位を高めていくために日本の力が必要だと思っています。日本ならできると思う。残念なことは、こんなに日本の教育システムはすばらしいのに、マネタイズができてないことです。個人的には「日本の教育システムはもっとマネタイズできるのに」とはがゆい気持ちがあります。


「第4次産業革命」を見据えて危機感をもった教育を


237504306_10222769439016392_2475462470377050544_n (2).jpg


――タイの日系企業でタイ人育成をするにあたり、何がハードルだと思われますか?


これは会社の仕組みなので難しいとは思うんですが、駐在員の方だとたいていは数年で帰国してしまいますよね。これが「人材育成」の観点からすると、ちょっと短すぎるんですよね。駐在員のなかで力をつけた人は個人で独立してしまいますし。それがひとつの課題なのかなぁ~と感じます。


しかし近い将来に起こりうる第4次産業革命を見据えた人材育成が今後とても重要になってくるはずです。もし将来AIがいろんな仕事にとってかわりだしたらどうなると思います? 自分の頭で考えて働けるタイ人スタッフを育てないと、効率的に働ける人材が減り、日系企業はタイから撤退しなければいけなくなる可能性だってあります。


危機感をもっていまから信用や信頼ができる優秀なタイ人ワーカーの育成に力をいれておけば、タイはもっと飛躍できるし、結果として日系企業の飛躍にも繋がるはずなんです。


――最後に、タイで起業を考えている人に向けてメッセージをお願いします。


僕はタイにきて人生がとても自由になりました。日本で日本式のやり方でくすぶっている方がいらっしゃったら、もしかしたら場所を変えるとあなたの長所をもっと活かせる道が見つかるかもしれません。


タイはとてもすてきな国ですし、タイ人の付き合い方もコツをつかめばうまくいくようになります。海外で起業するのはハードルが高いと感じるかもしれませんが、動いてみればなんとかなるものです。ひとつの選択肢として視野にいれてみるのはいいかもしれません。


タイで起業する際は、現地には「日本人を騙す日本人」も少なからずいるので、くれぐれも気をつけてくださいね。タイから応援しています!


――森さん、すてきなお話をありがとうございました!


■ヘアサロン「S.」
・住所: P.S.Tower, 36/6, Asok Montri Rd, Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok 10110
・営業時間: 9:00~(要相談)
・定休日: 月曜日と水曜日
・電話: 080-395-4831
・問い合わせ: Instagram 「S.」
・LINE(ID): s.by.japan


■ヘアサロン「F.」
・住所: floor3, 47 Soi Sukhumvit 49/1, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110
・営業時間: 9:00~18:00
・定休日: 月曜日と火曜日
・電話: 090-970-5832
・問い合わせ: Instagram 「F.」
・LINE(ID): f.by.japan



いつもにこやかで親しみやすくフレンドリーな森さん。しかし今回のインタビューで壮絶な過去を含め赤裸々にお話いただき、その内に秘められた熱い想いや信念に感銘をうけました。


どんなピンチもチャンスに変える。「自分の人生を輝かせるために心理学を学び始めた」とのことでしたが、まさにその通りになっているのだなと感じました。


これからタイで起業をしたい方や現地で働かれている方に、このインタビュー記事が何か参考になれば嬉しいです。それでは皆様、また次回の記事でお会いしましょう!


ぴっぴの個人ブログはこちらから★

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ぴっぴ さん

タイ・バンコク2特派員のぴっぴ さんが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク2特派員
名前:ぴっぴ さん

ぴっぴ さん

岡山県出身。世界一周経験のあるバンコク在住ブロガー。2019年9月より夫の海外赴任にともないタイにお引越し。中南米やアフリカ、中東を含む世界41ヵ国100都市以上を訪れた旅好きです。バンコクは世界有数の国際都市でありながら、歴史ある寺院や屋台文化、東南アジアらしい混沌とした路地など新旧が共存する懐の深い場所。世界中を旅したけど私はやっぱりバンコクが一番好き! 現地の観光・文化・グルメなど在住者目線の生の情報を随時お届けします。個人ブログTwitterでもタイ生活のいろいろを発信中。 DISQUS ID @disqus_dgZksfpphN

バンコク2特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク2特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 【タイ人育成の極意】バンコクの日系美容室オーナーにインタビュー

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について