トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > タイの「お歳暮」はバスケットで贈ります【バンコク】

タイタイ/バンコク2特派員ブログ

タイの「お歳暮」はバスケットで贈ります【バンコク】

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 生活・習慣・マナー 投稿日:2019年12月19日

お世話になったあの方へ、心を込めてお渡しする贈り物、「お歳暮」。

日本では年々市場が縮小傾向という話も聞こえてきますが、令和元年はいかがでしょうか。

この時期、タイにも日本の「お歳暮」のような習慣があります。一番の特徴は、「バスケット」に入っていること! いかにも贈り物です、といった風情を感じるので、個人的にはとても好きな光景です。
giftbasket01.jpeg


タイのお歳暮「グラチャオ・ピーマイ」


12月になるとスーパーマーケットや各種ショップなどで登場し始める「グラチャオ・ピーマイ」。

店舗やブランドによってはバスケットではなくボックス入りの商品もありますが、店頭の目立つ場所に置いてあるものは、バスケット入りの贈り物がメインです。
giftbasket02.jpeg

価格はピンキリで、庶民的なスーパーマーケットでは1,000円台から購入することもできます。そして品物は、概ね飲食物が多いように見受けられます。

コーヒーなどの嗜好品やジュースはもちろん、栄養ドリンクや燕の巣(エキス等)といった健康食品も定番のジャンルです。燕の巣はバンコクの日常では決して珍しくはないアイテムで、スーパーマーケットをはじめコンビニエンスストアなどでも販売されています。

「グラチャオ・ピーマイ」の「ピーマイ」は、タイ語で「新年」という意味なので、来年も健康でお過ごしくださいという気持ちがこういったバスケットに込められているのだと思われます。

タイ語で「新年おめでとう」の言い方は?



ここでちょっと舞台裏をご紹介。

品物が詰まっていて見栄えよく見えるこれらのバスケットですが、商品を取り除くと、、、実は何かしらのクッションが詰まっていることが多いんです。
giftbasket03.jpeg


上の写真のように、シュレッダーされた紙や箱が詰まっています。こういった何かしらのクッションが台のように敷かれ、その上に商品が乗っていることがほとんどでした。
今ではこの仕掛けにも慣れましたが、初めて見た時は衝撃を受けました!

商品をより見えやすくしている故なのか、それともたくさん入っているように見えるためなのか? さて、どちらでしょうね。

日本でも「お歳暮」と聞いただけで、グッと年の瀬感が強まります。12月はクリスマスや忘年会やら何やら、そして大晦日といったイベントが目白押し! 皆様もお体に気をつけて、残りわずかとなった2019年をぜひ健やかにお過ごしください☺︎


● バンコク旅行関連記事
初めてのタイ・バンコク旅行!絶対行きたい観光スポット5選



● バンコク生活の様子をブログに綴っています
バンコクスクンビットダイアリー

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

marie

タイ・バンコク2特派員のmarieが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク2特派員
名前:marie

marie

炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるものが混在し、多彩な表情を持つタイの首都です。歩いて見つけた町角のワンシーンから絶対行きたい不動の名所まで、リピートしたくなるこの町の魅力をお届けします。バンコク暮らしを綴ったブログはこちらDISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

バンコク2特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク2特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > タイの「お歳暮」はバスケットで贈ります【バンコク】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について