トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 旅の持ち物リストにエコバッグ(マイバッグ)を追加しましょう【バンコク】

タイタイ/バンコク2特派員ブログ

旅の持ち物リストにエコバッグ(マイバッグ)を追加しましょう【バンコク】

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2019年12月 7日

海外のスーパーマーケットやグローサリーへ行くとレジで聞かれるのが「紙袋にしますか、それともビニール袋?(Paper or Plastic?)」という質問。初めて聞かれた当時は戸惑いましたが、用途や好みによって選べるのはいいシステムだなあと感じたのを覚えています。

それも今は昔、現在の選択肢のトップに来るのは「エコバッグ」ではないでしょうか。日本もまた然り、ですね。


ここバンコクでも、脱・プラスチックの動きが加速しています。
◆エコバッグ持参がおすすめ!脱プラスチックの動きが進んでいます


2020年1月1日からは、大手小売、コンビニエンスストアなども含めレジ袋を提供しない方針が発表されました。ご旅行でいらっしゃる皆さんも利用するであろうショッピングセンターやコンビニで持ち帰り用のビニール袋がもらえないということになりますね。

plasticbags1.jpeg
店舗によってはレジ横でエコバッグを販売してはいるものの、エコバッグを頻繁に購入するというのはそもそもエコではないような?

ペットボトル一本ならまだしも、お土産を購入するとなると意外にその量は嵩張るもの。ここはぜひ忘れずに、ご自分のエコバッグ(マイバッグ)を持参することをおすすめします☺︎


● バンコク旅行関連記事⬇︎
初めてのタイ・バンコク旅行!絶対行きたい観光スポット5選



● バンコク生活の様子をブログに綴っています
バンコクスクンビットダイアリー

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

marie

タイ・バンコク2特派員のmarieが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク2特派員
名前:marie

marie

炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるものが混在し、多彩な表情を持つタイの首都です。歩いて見つけた町角のワンシーンから絶対行きたい不動の名所まで、リピートしたくなるこの町の魅力をお届けします。バンコク暮らしを綴ったブログはこちらDISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

バンコク2特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク2特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 旅の持ち物リストにエコバッグ(マイバッグ)を追加しましょう【バンコク】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について