トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 伝統あるタイらしい石鹸なら「マダムヘン」!【バンコク旅行のお土産候補】

タイタイ/バンコク2特派員ブログ

伝統あるタイらしい石鹸なら「マダムヘン」!【バンコク旅行のお土産候補】

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2019年8月 6日

夏休みシーズンですね!タイに旅行中の方も、これから予定されている方もいらっしゃることと思います。今回は、一度は買ってみたい「ザ・定番」ともいうべきお土産の一つをご紹介します。


マダムヘンの石鹸



パッケージから見てもいかにも伝統的な石鹸が、「マダムヘン」の石鹸です。こちらは1949年からスタートした老舗のブランド。近年は、同ブランドからおしゃれなパッケージの石鹸も次々に販売されていますが、一番「タイ」っぽい石鹸はやはりこのバージョンだと思います。
madamehen1.jpeg

価格は店舗によって若干の違いはあるものの、1個35〜50バーツ(〜約170円)前後。同封されている説明書には日本語表記もあるのが嬉しいですね。※為替表記は現在の価格によるものです。
madamehen2.jpeg



独特の香り



この石鹸は、中の袋を開けるまでもなくちょっと独特な香りがします。配合されているハーブによるものでしょうか。どちらかというと「ハーブ」というよりも「薬草」といったほうがイメージに近いように思います。ウコンや赤松の実などが配合されているそうです。



石鹸の働きと使ってみた感想



しっかりと説明書を読んで、実際に使ってみました。顔と体に使えるそうです。香りが強いこともあり、まずは自分の肌に合っているか、体から試してみるのも良いのではないでしょうか。

洗ってみた感想は、肌がキュッとする!というちょっと嬉しい驚き。洗い上がりが垢すりをした時のような感覚に似ていました。個人的には好きな肌感覚でしたよ!ニキビや体臭予防の働きがあるとのことなので、このまましばらく使ってみようと思います。日本の夏にも良さそうですね。



コンビニでも入手可能



マダムヘンの石鹸は、バンコクにいくつか専門店があり、今回ご紹介した石鹸以外のアイテムもチェックすることができます。お得な大容量や詰め合わせがあるので選ぶのも面白いですよ。ホームページのショップリストのリンクを以下に掲載します。

【マダムヘンのショップリスト】

Madame Heng Branch


ただ専門店は数が少ないため、スーパーマーケットの洗面グッズコーナーや、デパートのお土産コーナーなどがオススメです。身近なところでは、街中のコンビニエンスストアでも必ずといっていいほど取り扱いがあるので便利ですよ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

marie

タイ・バンコク2特派員のmarieが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク2特派員
名前:marie

marie

炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるものが混在し、多彩な表情を持つタイの首都です。歩いて見つけた町角のワンシーンから絶対行きたい不動の名所まで、リピートしたくなるこの町の魅力をお届けします。バンコク暮らしを綴ったブログはこちらDISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

バンコク2特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク2特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 伝統あるタイらしい石鹸なら「マダムヘン」!【バンコク旅行のお土産候補】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について