トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 【11月のイベント】タイのお祭り・灯篭流しのロイクラトン

タイタイ/バンコク2特派員ブログ

【11月のイベント】タイのお祭り・灯篭流しのロイクラトン

カテゴリー:お題 / イベント・行事・お祭り 投稿日:2017年11月 4日

タイを代表するお祭りの一つ、ロイクラトン(Loi Krathong Festival)。
クラトンとは、灯篭のこと。
いわゆる灯篭流しですね。
明かりを灯した灯籠を川に流し、川の女神に祈りを捧げるという行事です。
収穫に感謝するという意味合いもあるそうです。


下の写真は、よく見られる灯籠のタイプ。
バナナの葉の上に花が飾られ、ろうそくやお線香などが載せられています。
16LoiKrathong_2.JPGのサムネイル画像

価格は、大きさや飾り付けの度合いによって異なり、30バーツから300バーツ前後が多かったです。


ロイクラトンが開催されるのは、毎年旧暦の12月の満月の夜とされています。
※催し物の開催場所によって、祭典の期間は異なります。

ロイクラトン発祥の地であるスコータイや、チェンマイでのイベントが有名ですが、バンコクでも催されています。
私は、11月3日にチャオプラヤー川周辺へ行ってきました。
BTSのサパンタクシン駅からほど近いお寺。
タイの人々で、とても賑わっていました。
16LoiKrathong_1.JPGのサムネイル画像


お寺の入口から川に行き、そこからクラトンを流す方が多いようです。
私もロイクラトンに参加しようと思ったのですが、人が多くて断念。
そのかわり、ろうそくに火を灯し、水に浮かべてきました。
ささやかな灯篭流しとなりましたが、思い出に残る一瞬でした。

16LoiKrathong_4.JPGのサムネイル画像


周辺では、仏像にお祈りをする方々の姿があちこちに見られました。
小さな子供や、10代・20代のみなさんが神妙に手を合わせる光景も。
タイの皆さんにとっては、大事なイベントなんだなあと実感した1日でした。

16LoiKrathong_5.JPGのサムネイル画像 16LoiKrathong_3.jpgのサムネイル画像


夜空を見上げれば、お寺の入り口を背景に、まん丸の月。
そして有名な廃墟ビルもそびえ立っています。
なんだか、バンコクらしいワンシーンでした。
16LoiKrathong_6.JPGのサムネイル画像

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

marie

タイ・バンコク2特派員のmarieが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/バンコク2特派員
名前:marie

marie

炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるものが混在し、多彩な表情を持つタイの首都です。歩いて見つけた町角のワンシーンから絶対行きたい不動の名所まで、リピートしたくなるこの町の魅力をお届けします。バンコク暮らしを綴ったブログはこちらDISQUS ID @disqus_eNeKLKBL23

バンコク2特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク2特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 【11月のイベント】タイのお祭り・灯篭流しのロイクラトン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について