トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 【服装】バンコク旅行では冷房対策のアイテムを!ストールもおすすめです

タイタイ/バンコク2特派員ブログ

【服装】バンコク旅行では冷房対策のアイテムを!ストールもおすすめです

カテゴリー:お題 / 天気・気候・気温 投稿日:2017年10月24日

BTS、MRT、デパート...冷房がしっかり効いています!

東南アジアの一都市、バンコク。
一年中夏!のイメージが有るかと思います。


確かに、雨季があるとは言え、太陽がサンサンと降り注いている日が多いです。
ですが、外が暑い分、中が強烈に寒いのがバンコク。

大型デパートやスーパーマーケット(特に食品コーナー!)では、かなり強めに冷房が効いていることがよくあります。

男性でさえ「寒い寒い」と呟いている光景を見ることも。

サラーッと周る程度なら心地が良い温度ですが、おみやげ選びなどでしばらく施設内に滞在する場合は、ちょっと冷房対策をしておくと安心です。

バンコクを走る電車の車内(BTSやMRT)でも、しばらく乗っているとくしゃみが出るくらい冷房が効いています。

13_aircontaisaku2.JPG

バンコク旅行では、何か羽織るものを。ストールもオススメ!

そんな、冷房大国?でもあるバンコク。

薄手の長袖など、ちょっと1枚持っているとだいぶ寒さがしのげます。

わたしがよく持ち歩くのは、ストール。

外を歩く時の日焼け対策(首って焼けやすいんですよね)にもなるし、施設内で寒くなったら気軽に羽織れるので便利です。

そして、急な雨の時も、サッとかぶって屋根の下まで走っていったり。

ご旅行中に風邪を引いたりしないよう、特に寒がりさんはちょっと気に留めてみてくださいね!

13_aircontaisaku1.JPG

ちょっと裏技?

主要なデパートには、魅力的なおみやげコーナーが併設されている事が多いです。

夢中になって選んでいると、いつの間にか体が冷え始めて、ブルブルっとなることも。

どうしよう、上着を持ってきてない!というときには、裏技でしのいでみて下さい。

それは、、、「いったん建物の外へ出る!」です。

そとはアツアツの南国の気温なので、少々外に出ていると、 だんだん従来の体温が戻ってきますよ。

わたしは、何度もこの手で風邪をひかずに済みました。

裏技としては簡単過ぎますね。

でも意外と効果があるので、ブルブルっと来たら思い出してみてくださいね!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

marie さん

タイ・旧バンコク2特派員のmarie さんが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

タイタイ/旧バンコク2特派員
名前:marie さん

marie さん

炭火で焼いた数十円の焼き鳥の屋台があるかと思えば、その後ろには華やかで現代的な高級デパートがそびえ立つバンコク。消えていくものと新しく始まるものが混在し、多彩な表情を持つタイの首都です。歩いて見つけた町角のワンシーンから絶対行きたい不動の名所まで、リピートしたくなるこの町の魅力をお届けします。バンコク暮らしを綴ったブログはこちら

バンコク2特派員トップにもどる

その他のタイの特派員

バンコクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンコク2特派員トップにもどる

トップ > アジア > タイ > バンコク2特派員 > 【服装】バンコク旅行では冷房対策のアイテムを!ストールもおすすめです

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について