トップ > 北米 > アメリカ > ボルチモア特派員 > 【日常のくらしから】消防署が会場を誘致!?フードトラック新事情

アメリカアメリカ/ボルチモア特派員ブログ

【日常のくらしから】消防署が会場を誘致!?フードトラック新事情

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2022年6月20日

車内で調理しながらできたての料理を販売するフードトラック(キッチンカー)。アメリカでの起源は19世紀初頭に馬車を利用したものと大変古いのですが、2010年代に都市部の公園やストリートイベントの会場で数多く見られるようになり、現在ではすっかりおなじみの飲食販売のスタイルとなりました。アメリカの郊外ならではの、消防署が会場となって定期開催されているフードトラック広場を見てきました。


FoodTruck-2.JPG

観光地やビジネス街主流から住宅地へ


移動式屋台は、2010年代以前もワシントンDCのナショナル・モール(博物館やメモリアルが集中している観光名所)で多く見られましたが、ホットドッグやスナック菓子、飲み物やアイスキャンディなどの軽食に限られていました。

FoodTruck-7DC.jpg
▲ワシントンDCの観光名所で以前から見られるホットドッグ屋台


2010年頃から、観光地から少し離れたオフィス街の公園に、昼時になるとキッチンを装備した大型のバンやトラックが集まり、ギロ(ギリシャ風サンドイッチ)やタコス、ピザや中華や韓国料理など、多彩な料理が味わえるようになってきました。

FoodTruck-6DC.jpg
▲オフィス街の公園にフードトラックが集まる様になった頃


そして、2010年代後半あたりから、アメリカ各地の郊外でもフードトラックの料理を買い求めることが出来るようになってきました。その会場としてよく利用されているのが、なんと地元の消防署なのです。

FoodTruck-1.JPG
▲消防署の駐車場で開催されているフードトラック広場


消防署がフードトラック広場を提供する訳は


米国消防局U.S. Fire Administrationによると、全米の消防士のおよそ7割がボランティアなのだそうです。大都市や大きな自治体はフルタイムの消防士を抱えた消防署(つまり、日本の消防署と同じ)を備えていますが、郊外や地方の自治体では、古くから地元の有志によるボランティア消防署Volunteer Fire Departmentがあります。消防士たちは普段他の仕事を持ちながら消防士の訓練を受け、交代で出動をしています。自治体からの財政支援はありますが、消防署の敷地をフードトラックや誕生日パーティーの会場などに貸し出すことで財政の不足分を補っている部分があります。


FoodTruck-5.JPG
▲消防署内の集会室をイベント会場として貸し出しもしている


消防署が駐車場の敷地を提供し、フードトラックが集まり営業をするというスタイルは、日本ではまだ一般的ではないかもしれません。しかし、よく考えると、半民間であるボランティア消防署にとっては、賃貸料という収入が得られ、フードトラックのベンダーにとっては、万が一の時は消火に駆け付ける消防車がすぐそばにあること、地域住民が集まりやすいロケーションと広さがある利点があり、双方にとってウィンウィンの関係にある様に思われます。

FoodTruck-3.JPG
▲移動式ピザ窯でその場で焼いてくれる


FoodTruck-4.jpg
▲フィッシュフライ、オニオンリングとエンパナーダ(ひき肉入りの揚げペイストリー)の三種。


■フォールストン・ボランティア消防署フードトラックイベント詳細
Fallston Volunteer Fire and Ambulance Company

・所在地: 2201 Carrs Mill Road, Fallston, MD 21047
・フードトラック開催時期: 毎年4月~10月 毎木曜16時30分~20時30分
この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ベスト加島 聡子

アメリカ・ボルチモア特派員のベスト加島 聡子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ボルチモア特派員
名前:ベスト加島 聡子

ベスト加島 聡子

神奈川県出身。在米歴約20年。高校時代の初渡米以来、ホームステイ、出張、海外キャンプ、インターンシップ、語学学校、大学院留学、そしてアメリカ移住とあらゆるスタイルでの滞米経験を積む。ペンシルバニア州、バージニア州在住を経て、現在メリーランド州で菜園と家の修繕をしながらクラフトアートにいそしむ、晴耕雨読の日々。 DISQUS ID @disqus_x7WrP8x3oO

ボルチモア特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ボルチモア(メリーランド)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ボルチモア特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ボルチモア特派員 > 【日常のくらしから】消防署が会場を誘致!?フードトラック新事情

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について