トップ > 北米 > アメリカ > ボルチモア特派員 > 【ホームラン王】ベーブ・ルースの生誕地・博物館を訪ねて

アメリカアメリカ/ボルチモア特派員ブログ

【ホームラン王】ベーブ・ルースの生誕地・博物館を訪ねて

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年11月14日

【2021年11月8日、米国連邦政府は20ヵ月ぶりに入国禁止措置を解除し、新型コロナウィルスワクチン接種完了証明の提示を条件に、海外からの渡航者の入国を再開しました。 入国条件、必要書類など米国への旅行計画を立てる際は、常に最新情報をご確認ください】


ホームラン王ベーブ・ルースといえば、日本でもよく知られた往年の名選手です。野球や大リーグに詳しくなくても、図書館などにある伝記シリーズで名前をご存じの方も多いでしょう。
ボルチモア市内、カムデン・ヤード球場の目と鼻の先にベーブ・ルースの生家が残されており、博物館として一般公開されています。
BabeRuth-3.JPG
▲博物館入口のドア (撮影・掲載許可済)

BabeRuth-1.JPG
▲博物館全景(撮影・掲載許可済)


■カムデン・ヤード球場から徒歩でわずか数分の「生家」
ボルチモア・オリオールズの本拠地、カムデン・ヤード球場から西へわずか2ブロック、徒歩でも3分もかからないところに博物館はあります。球場から博物館までの歩道には野球のボールをかたどった道案内もあり、迷うことなく行くことができます。
BabeRuth-4.JPG
(撮影・掲載許可済)


博物館は3階建てのタウンハウスで、周囲も古くからのレンガ造りの住宅街が残っています。元住宅を博物館にしていることから、展示スペースなどは比較的こぢんまりとした印象です。建物入口も小さな階段を数段上がって狭いドアを開けて入ります。
BabeRuth-2.JPG
(撮影・掲載許可済)


この建物の2階の寝室で、1895年2月6日にベーブ・ルース(本名・ジョージ・ハーマン・ルース・ジュニア)は誕生しました。父親は酒場を経営しており、その場所は現在建っているカムデン・ヤード球場のグラウンドの中あたりだったそうです。
BabeRuth-6.JPG
▲ベーブ・ルースが生まれた部屋(撮影・掲載許可済)


伝記本でもよく書かれていますが、ベーブ・ルース(ジョージ少年)の少年時代は相当な悪童だったそうで、あまりの素行の悪さに手を焼いた両親は、ジョージ少年が7歳のとき、全寮制のセント・メアリー少年工業学校に送りました。この学校で出会ったマシアス修道士の手ほどきで野球を習い、選手として頭角を現しました。
BabeRuth-7.JPG
▲セント・メアリー少年工業学校時代のユニフォーム。(撮影・掲載許可済)


■黎明期の日本球界にもゆかりが
プロ野球のキャリアは、生まれ故郷のボルチモア・オリオールズ(同名だが現在のチームとは異なるマイナーリーグ球団)からスタートし、メジャーリーグではボストン・レッドソックス、ニューヨーク・ヤンキースで華々しい活躍をしました。
現役時代のフィルムや写真はもちろん、スコアカードや現役時代に使っていた木製バット、ユニフォーム、1934(昭和9)年の日本遠征時の手荷物カバン、来日時に宿泊した帝国ホテルの法被(はっぴ)まで、さまざまな展示が見られます。
ベーブ・ルースは少年工業学校時代、手に職をつけるために縫製を習っていたということで、プロ野球選手になってからもユニフォームは自分で縫ったりつくろったりできたそうです。

また、以前カムデン・ヤードにあったスポーツ殿堂博物館が2015年に閉館してしまったため、ベーブ・ルースだけでなく、ほかの野球選手のホームラン記録、ほかのスポーツのボルチモアゆかりの選手やチームの優勝杯などもこの博物館に展示されています。
BabeRuth-8.JPG
▲ベーブ・ルースのバット(撮影・掲載許可済)


BabeRuth-5.JPG
▲来日時の洗面用品カバン(右)と帝国ホテルの法被(撮影・掲載許可済)


■現役時代の人気ぶり
現役当時いかにたいへんな人気があった花形選手だったことが、映画やラジオの出演、野球カードからスナック菓子のパッケージなどの展示品からもうかがえます。1935年の引退までに714本塁打を記録。この記録は1974年にハンク・アーロン選手に抜かれるまで大リーグ記録となりました。1936年に大リーグ最初期の選手のひとりとして野球殿堂入り。数々の伝説を残し、ベーブ・ルースは1948年8月16日に53歳で世を去りました。
BabeRuth-9.JPG
▲「ベーブ・ルース」グッズのいろいろ。(撮影・掲載許可済)


■ベーブ・ルース生誕地博物館 Babe Ruth Birthplace Museum
・公式ページURL: https://baberuthmuseum.org/babe-ruth-birthplace-museum/

・公式ツイッター: https://twitter.com/baberuthmuseum

・住所: 216 Emory Street, Baltimore, MD 21201
・開館時間: 水~日 10:00~16:00
・休館日: 月・火
・入館料: 大人$12、子供(5~16才)$6
この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ベスト加島 聡子

アメリカ・ボルチモア特派員のベスト加島 聡子が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ボルチモア特派員
名前:ベスト加島 聡子

ベスト加島 聡子

神奈川県出身。在米歴約20年。高校時代の初渡米以来、ホームステイ、出張、海外キャンプ、インターンシップ、語学学校、大学院留学、そしてアメリカ移住とあらゆるスタイルでの滞米経験を積む。ペンシルバニア州、バージニア州在住を経て、現在メリーランド州で菜園と家の修繕をしながらクラフトアートにいそしむ、晴耕雨読の日々。 DISQUS ID @disqus_x7WrP8x3oO

ボルチモア特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ボルチモア(メリーランド)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ボルチモア特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ボルチモア特派員 > 【ホームラン王】ベーブ・ルースの生誕地・博物館を訪ねて

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について