トップ > リゾート > インドネシア > バリ2特派員 > (変更の可能性)バリ島 観光客受け入れ時期 9月11日 ー新時代における生活秩序のプロトコール

インドネシアインドネシア/バリ2特派員ブログ

(変更の可能性)バリ島 観光客受け入れ時期 9月11日 ー新時代における生活秩序のプロトコール

カテゴリー:お知らせ / 交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル / 治安・渡航安全情報 / 通信・携帯・インターネット 投稿日:2020年7月 9日



注)こちらの記事内容は当時のものであり、随時情報は変化しています。現在のところ年内の観光客受け入れは難航との可能性が高いとの情報もありますが、公式の発表が入り次第、掲載致します。


皆さま、こんにちは。haluです。
本日デンパサール日本国領事館からお知らせがございましたので、そのまま掲載します。下記にも記載がございますが、いよいよ観光客受け入れの方針が記されました。


やっと光が見えてきた感じですね。2020年7月31日に国内観光客を、9月11日に海外からの観光客をそれぞれ受け入れていく方針だそうです! まだまだ注視ですが、情報入り次第、更新していきます。


B9A4D45A-CDEB-4D67-A6F3-0A1969F31B71.jpeg

●7日、バリ州知事は教育及び観光以外の社会・経済等の各部門に亘る新時代における生活秩序のプロトコール (Protokol tatanan kehidupan era baru)を踏まえた社会生活活動を9日から再開していく旨発表しました。
●同日、デンパサール市長はデンパサール市内における新型コロナウイルス感染が市中で拡大しており、陽性者数の累計が715人に達しているが、決してパニックに陥ることなく健康プロトコールの励行を続けるよう市民に呼びかけました。
●当館管轄州における邦人の陽性事案は現在まで発生しておりませんが、ローカル市場などの身近な場所での市中感染の事案が散見されます。不要不急の外出を控えるなど健康プロトコールの励行に留意して、一層の新型コロナウイルス感染予防に努めてください。

1 7月7日、イ・ワヤン・コスター・バリ州知事は公共サービス、運輸、商業など14の部門(脚注をご参照ください)に亘る新時代における生活秩序のプロトコール (Protokol tatanan kehidupan era baru)に関する通達を発出し、9日から教育及び観光以外の社会・経済等の各部門で現行の健康プロトコールを盛り込んだ生活秩序のプロトコールを踏まえた社会生活活動を再開していく旨発表しました。

2 当面の間、在宅オンライン教育及び観光地の閉鎖は継続されるとしています。段階的に観光客の受け入れを行うとして、7月31日に国内観光客を、9月11日に海外からの観光客をそれぞれ受け入れていく方針です。但し,これらの段階的な措置はあくまで計画にすぎず、各部門における活動の再開に対する評価を行い必要に応じて次の段階に移行する日程を見直す等して慎重に移行させていく方針です。

3 7日、ライ・マントラ・デンパサール市長はデンパサール市における新型コロナウイルス感染がローカル市場などの市中で拡大しており、陽性者数の累計が715人(うち死亡者数:12人、回復者数:271人、療養中:432人)に達しているが、決してパニックに陥ることなく健康プロトコールの励行を続けるよう市民に強く呼びかけました。

4 当館管轄州における邦人の陽性事案は現在まで発生しておりませんが、ローカル市場などの身近な場所での市中感染が散見されます。不要不急の外出を控えるなど健康プロトコールの励行に留意して、一層の新型コロナウイルス感染予防に努めてください。

(脚注)新時代における生活秩序のプロトコールの各部門
1.公共サービス(地方政府及び国営企業による公共サービス)
2.運輸(交通及び物流)
3.慣習・宗教(宗教行事等)
4.芸術・文化(文化行事等)
5.農業(農林水産業等)
6.商業(市場等の商業施設)
7.金融機関(銀行・生活協同組合等)
8.保健(病院・保健所・検査所・薬局等の医療施設)
9.建設(工場・事務所・理髪店・倉庫等)
10.生活環境保全(ゴミ銀行の運用・ゴミ処理等)
11.社会(ベビーシッター・チャイルドケア・孤児院等)
12.公共施設(広場・公園等)
13.社会秩序・治安維持(寄宿舎・賃貸住宅等の運営)
14.観光(宿泊施設経営・観光ツアー手配・飲食店経営等)

このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】在デンパサール日本国総領事館 Konsulat Jenderal Jepang di Denpasar

Jl.Raya Puputan No.170, Renon, Denpasar, Bali, Indonesia
Tel: (+62)0361-227628
Fax: (+62)0361-265066
e-mail: denpasar@dp.mofa.go.jp
Web: https://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
休館日:土・日、休日  開館時間:08:30~12:00、13:30~16:00

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

halu

インドネシア・バリ2特派員のhaluが現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドネシアインドネシア/バリ2特派員
名前:halu

halu

2006年友人の結婚式で初訪問。数年後、結婚を機に拠点をバリに。ティーコーディネーターとして世界と日本の茶園を巡り続けながら、ネイルサロン(自身ネイリスト兼セラピスト)、 カフェと紅茶専門店を営業。現在は路面店を終了し、バリと日本のカフェ、レストランへの卸、ネットショップ、ワークショップ、期間限定カフェを都内で開催。バリの自然と 治安の良さ、食事環境の充実に、ますます魅力を感じている今日この頃。 DISQUS ID @disqus_QoW7pcpdh3

バリ2特派員トップにもどる

その他のインドネシアの特派員

ジンバラン(バリ島)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バリ2特派員トップにもどる

トップ > リゾート > インドネシア > バリ2特派員 > (変更の可能性)バリ島 観光客受け入れ時期 9月11日 ー新時代における生活秩序のプロトコール

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について